☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2005年09月19日

目醒め:7〜振り分ける・任務を果たす〜

tikyuunomezame.jpg



改善するべきことの中には、自分の人生に関わらせる人とそうでない人とを、もっと意識的に振り分けることも含まれます。
高い意識を持つようになれば、自分と同じ意識レベルを備えた人のサポートを必要とするようになります。
必ずしも厳密に、全くあなたと同じ意識レベルの人間でなければならないというわけではありませんが、あなたと付き合う人間は、あなたのライフスタイルと霊的ゴールをサポートすることのできる人でなければなりません。
覚醒した意識に導かれた生活様式を送っている人が少ない今、誰を自分の側に置くかを決めておくことは非常に重要です。



人生を共に生きる人間を振るいにかけることは、自分にとって助けとなる人間と、そうでない人とを見きわめることをも意味します。
自分の利益に基づいて他者を振るいにかけることは、他の人すべての手助けをすることが義務であると考えている人には難しく思われるかもしれません。
そのような人は、他人からの手助けを受けて救われる人間もいれば、反対に何の手出しもされない方が助かるという人間もいるのだという事実を学ぶ必要があります。
他の人の手助けをすることでクタクタになってしまい、自分のことに使う時間がなくなってしまっていると感じている人は、エネルギーのもっと上手な使い方を学ぶ必要があるかもしれません。



しかし、他者の手助けをすることは、その人が高次の意識を備えていることを示す特徴とも言えます。
覚醒を果たしたほとんど全ての人は、自分にとって意味があると思われる方法で誰かの役に立とうとします。
彼らは、義務を感じて仕方なくそうするのではなく、他の人々を助けることに心からの喜びを感じているからです。
奉仕することで得られる喜び、他者を助けたいと心から感じること・・・これは高次の意識レベルを象徴する感情であり、意識の覚醒を実現した人の生活様式に否応なく表れる特徴です。



どのような生活を送ろうとも、あなたは1人ではありません。
また、あなたに関わる人はあなたの意識に影響を受けますし、あなたの意識もまた周りの人の意識に反応して変化します。
このため、あなたは自分自身に対しても周りの人々に対しても、できるだけ自覚に基づいた生活を送る責任を負っています。
この責任には、目醒めた生活を送れるよう他の人を助けることも含まれています。
他者を助けることは、見かけほど難しくはありませんし、必要以上に力んで考える必要もありません。
自分の意識を上昇させ、意識的な生活を送るとはどのようなことなのかを手本として見せることが、周りの人に最も大きな影響を与える効果を持ちます。
また、自分の感情・恐怖感・希望・夢に忠実であるように他の人を励ますこともできるでしょう。
自分自身に誠実になり、自分の生きる目的を見つけることができるように周りの人を励ますことは、この世界に生きるあなた方それぞれに求められている任務です。



あなた方は互いに相手を映す鏡の役目をしています。
誰かと一緒にいれば、その人のどこが自分と似ていて、どこが自分と異なっているかが目に留まるはずです。
意識が覚醒すると、他の人々を自分と同じように染めようとするのではなく、他の人の自分とは異なる点をポジティブにとらえ、その人の個性を伸ばせるようにサポートすることができるようになります。
他者の個性をありのままに受け入れることは、自分の姿を相手に投影してしまったり、自分の欲求を相手のニーズと取り違えてしまった場合には、容易ではありません。
だからこそ、意識の高い人間関係を持つためには、自分の感情をよく理解し、自分が何者であるかを十分に把握しておくことが必要なのです。



意識の高い人間関係とは、それぞれの人の個性やゴールをありのままに受け入れ、サポートすることのできる人間関係を指しています。
そこでは互いに相手の選択に関して完全に賛成する必要はありませんが、相手の選択をあるがままに受け入れ、また、自分で選択する権利を互いに尊重し合わなければなりません。
最も難しいことの1つは、自分の愛している人が、自分から見て明らかに問題を生じるだろうと思われる選択を下そうとしているとくに、それをただ黙って受け入れなければならない場合です。
このようなときに、愛する人の前で自分の意見を述べるべきでないということを私達は言っているのではありません。
ただ、自分の考えを口に出すことと、相手をコントロールしようとすることは違います。



人と関わることであなたは信頼を学ぶことができます。
他人を信じなくても、少なくとも生きることの喜び・・・つまり1つの選択を下すごとに自分が何かを学んでいるのだということを信じるようになるでしょう。
自分自身で判断を下し、その結果から何かを学ぶというプロセスを生きるために、あなた方はこの地球に存在しています。
自分の選択から学ぶこと・・・これは意識に目醒めた者のモットーです。
「自分の決断に関して責任を負うのは自分である」と考えれば、プレッシャーを感じずに済むようになります。
というのは、他の人の下す選択に関しては、たとえ自分の家族であろうとも責任を持たなくてもよいからです。



意識のシフトを果たしてからは、自分の信じていることを他の人々に表現し、他の人々にも意識の覚醒が起こるよう働きかけなければなりません。
相手が自分の話を聞いてどのように反応するかは相手側の責任ですが、自分の信条を外の世界に表現することはあなた自身の責任です。
自分について人に話して聞かせることは必ずしも簡単ではありません。
ときには恐ろしくてできそうもないと感じることもあるでしょう。
しかし、自分を表現することは、健康な生活を送るための唯一の方法です。
また、自分の考えを口に出して言ってみることで、自分のことがもっとはっきりとわかるようになり、自己理解という、人間の進化発展に必要な任務を果たすことにもつながります。
自分について表現するときには自分自身にとって何が真実なのかを理解していなければならず、これがおそらくあなた方にとって最も難しいことかもしれません。



自己を表現することの重要性を軽く見てはいけません。
自己表現は健全な人間関係を保つのに必要なだけでなく、健全な社会を創るためにも必要なことです。
民主主義は社会の全てのメンバーに表現する自由を認める制度ですが、各自がその権利を行使しなければ意味がありません。
宇宙の体系的なプランを実現することは1枚の広大なパズルを完成させることに例えることができ、そこでは、パズルの1ピースを構成するあなた方1人1人が、自分の使命について理解することが求められます。
自由社会には偽りやごまかしのないコミュニケーションが不可欠であり、とりわけ、社会そのものが成長を果たし、市民のニーズに応える性質を持つためには、素直な意思の疎通は、なくてはならないものです。



最後に、あなた方は自分の信条、神霊、意識の覚醒方法について、自分が理解しているとおりのことを周囲の人々に伝える義務を負っているということを、よく理解してください。
目醒めた生活を送ること、そして意識のシフトについて人に教えることにより、あなたは自己の真実と、学習した内容を外の世界に広めることができます。
自分についてごまかさずに表現するには、知性よりも勇気が求められます。
ありのままの自分自身でいてください。
そうすれば変化が生じてきます・・・。



本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い


本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^

ランキングで支援♪
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ
posted by dozen at 11:49| 05 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。