☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年01月06日

光を濁らす

海からの帰り道、友達から携帯に電話が入った。
「あけおめメール、PCにしたのに何で返事がないの?」

0101:2006
Vol.4
Let light sound voice
Photo : dozen/Ren
Free sozai↓
1109-40-dozen.ren.jpg


彼女のメールを受け取ったときは、すでに内宮(伊勢)に向かっているときだった。
そのメールには彼女に起きたごく最近の問題と、新しいブログの案内も入っていたので、帰ってからジックリ返事をしようと思っていた。
彼女はすぐにその問題のことのいきさつを話し始め、彼女がそのことですでにパニックになっている様子がわかった。
彼女は男女2人の友達と、仕事のため部屋をシェアしていた。
その部屋について問題が起きた。

彼女はある霊的学校のインターン生(上級生でライトワーカーも多々いる)でもあり、そのインターン仲間と交通の便がいい所に部屋を借りシェアし、自分自身はこれからのライトワークのため、インターン仲間は遠方から毎月、何回も学校に通っているので、そこを自分の宿泊にするためだった。
その場所からは学校に通うのに都合が良かったからだ。

ちょうど部屋を借りる前に彼女の男友達から彼女に相談が入った。
その男友達はある女性と部屋をシェアしていた。
もちろんその女性とは恋愛関係でもなんでもない。
その女性の様子がおかしいらしく、これ以上一緒にシェアするのは辛いという相談だった。

たまたま部屋探しをしていた友達は、シェア予定のインターン仲間に彼の現状を相談し紹介することにした。
実際会ってみて人柄も良かったので、そのインターン仲間は快くシェアすることを承諾し、3人でシェアしていくことに決まった。

そうして暮らしていく中でごく最近、そのインターン仲間からシェア解消話が持ち上がり、部屋の賃貸契約の一部を負担した50万を返してほしいと言ってきたのだ。
その理由の一部にわたしは唖然!としてしまった。
こう言われたそうだ。
「あなたたちの愛の巣になってしまっている部屋なんて使いたくないの!エネルギーでわかるんだから!そんな肉体関係がある場所なんて、まっぴらごめんだわ!」

わたしは龍と一緒にごく最近、友達のシェアする家に仕事を兼ねて訪れたことがあった。
と言っても友達にも家族(母子)と住む家が遠方にあるので、必要があるときにシェア場所に訪れる頻度だ。
その家にはそんなエネルギーはみじんも感じられず、実際、目で見てもそれは露骨にわかるぐらいだった。

確かに友達が彼に恋愛感情を持っていることはわたしは知っていた。
それはシェアする前からインターン仲間もすでに知っていることだった。
もしその通り、2人が恋仲にでもなっているならば、わたしの友達は泣いて喜んだだろう!!笑

残念ながら彼が友達に何の恋愛感情も持ち合わせていないことは、そのシェアしている家からも明らかに感じられた。
龍とわたしは実際、彼に会ったこともないが、残念ながらそうはっきり感じてしまうのだ。
もちろん友達には言わなかった。

あれほど露骨にはっきりわかるエネルギーがありありとあるのに、なぜそのインターン仲間はそんな風に言うんだろう。
わたしたちには大いに疑問だった。
何かお金に困りだしたとか、シェアする以外に魅力的な話が持ち上がったとか、単にわたしの友達が嫌になり始めたとか、本当の真意は別にあることは疑いようもなかった。
とにかくシェア解消理由の一部に、わけのわからない理由が入っていることに驚いた。

龍と感じたことも合わせて友達に伝えると、
「そうでしょ!何がエネルギーでわかったというのよ!本当に愛し合う関係にでもなってたら、わたし、泣いて喜んでるわ!!」
やっぱり!・・・・。笑

「じゃあ、はっきりそう言えばいいじゃん。ちゃんと言ったの?」
「うん!もちろん言ったよ。そしたら彼女、何て言ったと思う?わたしはクレアボヤンス(透視能力者)なのよ!!このわたしが間違っているわけないでしょ!そうエネルギーでも感じたんだから!ちゃんと情報は受け取っているのよ!!・・・・そう言って、唐突に電話を切ったんだよ彼女。」

龍とともに唖然!!
愕然!!
沈黙・・・。

わたしたちはエゴにかられたライトワーカーをまた知ってしまった。
なんてヒステリックで、しかも光を自分のエゴで濁らし、しかも!わたしは透視能力者(クレアボヤンス)なのよ!!・・・と相手に威嚇しものを言うその醜さ。

他にもわたしたちはいろいろ知ってきた。
本も出版し、名声もあり、講演やワークを行なうある既婚の瞑想家が、裏では次々と女性に手を出し、そのある1人に、
「僕たちセックスフレンドだから。」
と。
すでに恋愛感情に落ちていたその女性は泣いていた。
こんな話は他にもまだある。

スピリチュアル界の権力闘争、経済闘争の話もある。
ある霊的学校の講師や、あるライトワークで有名な人たち・・・。
これら事情を知っている人たちはすでに知っているし、あるいは感じている人もいると思う。

ハートチャクラが閉じたまま、能力やテクニックを追い求め、それらに溺れてしまっている人たち。
教える、先生、講師、テクニックが有能、霊的情報勉強の頭の賢さ(頭でっかち)・・・それらを利用し、その上にあぐらをかく心の姿勢や態度。
このインターン仲間じゃないけれど、ライトワーカーにもさまざまな質のライトワーカーがいる。

ライトワーカーは単なる職業なんだろうか・・。
他の職業にも言えるしどんな仕事でも、どんな役割にも言えると思うけど、大事なのはその職業に役割に携わる内面、内じゃないんだろうか。
ましてやライトワーカーは特に人の心・内に直接触る仕事だとわたしは思っている。
だからこそ自分自身の質が大きく問われる、そうわたしは思っている。



ハート(愛)を忘れた人たち・・・。
自己探求&創造を忘れた人たち・・・。
欠如。



誰だってエゴはある。
ライトワーカーだって生身の人間だし、完璧じゃない。
だけどとても大事な役割を、エゴで利用するのだけは・・・・・とても残念。

龍とともに、なんとも言えない気分になった。
わたしたちはそれら反面教師たちから学んだ。
愛の大切さ、探求の大切さを改めて



P。S。
これらの話をオープンにするのには、わたしにはとても勇気がいりました。
龍に相談しました。
そしてわたしたちの知っている事実、起きた事実の中で、これらはあえてオープンにする大事さを、わたしたちは心から感じていました。
なのであえてスピリチュアルのオープンにされていない裏で起こっている事実を伝えることにしました。
ハート&自己探求を忘れた(あるいは欠如している)ライトワーカーの恐ろしさは、大いに危惧するところであり、中にはその状態で規模の大きい霊的活動を行なっている人たちもいます。
それらには大いに権力・名声・経済が関与しているように見受けられます。

*あくまでこれらはわたしたちの霊的価値観・真実からみた思いです。





本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い














posted by dozen at 17:42| 09 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。