☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年01月13日

翼にのったソウルメイト かな?

『カミーノ』の次に読んだ『翼にのったソウルメイト』のことをすっかり忘れていた。



今日の帰り、
「何か忘れてるなぁ・・・」と思い出していた。

それが、『翼にのったソウルメイト』のことだった。

これをdozen流に言えば、
『翼にのったスピリチュアル・パートナー』って感じ。

主人公のバックは、アメリカに住んでいるパイロット。
パイロットと言っても、定期便のパイロットでなくて、航空ショーで飛んでいる曲乗り(かな?)のパイロット。
彼が、ソウルメイトを探し、出会い、そしてソウルメイトとして2人で永遠の愛に目覚めていくという物語。

『カミーノ』を読んで、ソウルメイトについての情報が欲しくて読み始めた。

物語りになっているので、読みやすいし、面白いほうではないかと思う。
でも、内容はほとんど頭に入っていない。

何故かというと、本を三分の一ほど読み進めたぐらいで、
「これってdozenみたい。」と思ったからだ。

それに最後のほうの行に、
「僕は竜(字が違うけど)だ。僕は天使でもある。・・・」とあり、読んだときにドキッ!!としたのは鮮明に覚えてるし、
「やっぱりdozenのことや!」とも思った。

途中で起こる出来事は全くdozenの日常と違うものの、そこにあるのは、2人で向かい合い、協力し合いながら成長していく姿。
2人の性格や物事の捉え方も、以前書いた「スピリチュアルパートナーの対極性」になっている。

まさにスピリチュアル・パートナーとしか言いようがない物語。

それだけに、面白いとか、すごいとか、感動とか、いつもは感じるような本ではなく、当たり前すぎて忘れてしまっていた。
でも、ソウルメイトに関心を持っている人には色々と投げかけるものがあるような気がする。

結構有名な本らしいので、読まれた方も多いのではないかと思う。

この本を読んで皆さんはどんなことを感じたのだろうか?


ところで、龍といえば今日ぎふのスピコン(1/15)の出展リストを見ていると龍という文字が目についた。
これは呼ばれてる?なんてことを蓮と言っていた。(笑)

ということで、1月15日にぎふのスピコンに行ってみることになった。

ぎふのスピコンでどんな出会いがあるのか、今から楽しみだ〜!!


アレ?ちょっと記事の内容が・・・

たまにはこんなもありかな?(笑)





本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い














posted by dozen at 01:29| 03 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。