☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年01月20日

Tantra

龍を通して素敵な情報が入ってきた。
タントラだ!

0119:2006
Tantra essence
photo : dozen/Ren
Free sozai OK↓
84b.jpg


龍はここ最近ずっと、タントラのちゃんとした情報を探していた。
タントラは公にされていない秘儀も多いらしく、龍はなかなか思う情報が得られないでいた。
すると、わたしたちが愛にフォーカスし出したとたん、翌日にひょっこり見つけることができた!




龍曰く、
「今までさんざんに探し回っていたのに、唐突にひょっこり!!だよ。いかにも高次からのギフトとしか思えないぞ。俺たちがエゴを愛に変換させていくコミットを新たにし、愛の再確認・再認識をした矢先に!これだ。愛がどれだけ大事か、よく分かる出来事だな^^;こうやって愛のエッセンスを引き寄せるんだから。笑」

そう、タントラは、さらに真実の愛へと向かう統合のエッセンスが必ずあると龍がメッセージを受け取り、もうすでに去年から龍は探していたが、それら出会う内容は、どれも龍の納得いくものではなかった。



その情報がかなり夜遅くに送られてきたから、龍は翌日つまり今日、設計のバイトで帰るまで読めずじまい。
そこで先にわたしが読んでみた。
そのタントラの一部だけが載っていて、めずらしくわたしはちゃんと読んでいった。

ところがわたしがタントラのことを全く知らずにいて、期待しすぎて(いや実際かなり期待していた。なんか超すごいミラクル神秘なんだろうと。笑)いたせいなのか、その内容はすでに自分たちの日頃の自己探求の実践で知ってきた真実や、体験がほとんどだった。

例えば何種類もの瞑想も載っていたが、驚いたことにわたしたちはそうとは知らず取り組んでいるものや、すでに体験済みのものが多かった。
エネルギーの話に結局なるわけで、体験して味わっているものが多かったのだ。
それら体験や取り組んでいるものを除けば、その一部である情報はほとんど網羅してしまうことになる。

これは逆にわたしたちが、いかに導かれてきていたかを知ることになった。
わたしたちはタントラの知識も内容も、全く何にも知らなかったのだから。

さらに2人のエゴの浮上が通過したあとだっただけに、わたしたちの今までの愛の育みの大切さを、このタントラで振り返ることにもなった。
愛があったからこそ、いろんな真実に触れてもこれたし体験もしてこれたんだなと。

そして、愛があるところには必ず高次のクリアな導きがあることを改めて再認識した。
いや、すべてに愛も光も注がれていることに間違いないけれども、その愛や光をどれぐらいクリアに受け取ることをするかどうかは、誰でもそうであるように、わたしたちしだいでしかないことも改めて認識した。


タントラのその一部は、何にも知らずにガイダンスやメッセージに導かれ促がされ味わってきたことが多いことを龍にメールで伝えると、

「なぜそうするのか意味もわからず俺たちは取り組んで、そして実際にその結果を味わってきただろう? でもそこで、ちゃんとなぜそうなったかとか、プロセスの意味をもっと知ったら? さらに理解が深まるだろう? あ〜そうだったのかぁ、とか、それでかぁ、とか。 他にももっと深く理解が深まるんじゃない?・・・ということは、人にも教えてあげられるし、他者に活用してもらえるようになるってことさ。」

なるほど〜。

でもタントラって・・・、普段わたしたちが日常を過ごしている中で味わっている状態のことを言うの?これってわたしたちがしている自己探求&創造じゃん・・・と、感じた。
物足りない・・・。

だけど今、取り組んでいることの裏づけになる情報やエッセンス、まだ取り組んだこともないものもあったから、もちろん実践する。
もう1度しっかり頭に入れて理解を深めようと思った。

あと、わたしがついこのあいだアップした『まさにすべては自分そのもの』の日記の内容そっくりなこともタントラの内容にあった。
とにかく一部に過ぎないらしいから、もっともっと実はエッセンスがあるはず。
タントラ(古代秘儀)って言われるほどのものが、こういうので終わるはずがない。

どんなエッセンスがあるんだろう。
どんな真実が待っているんだろう。
かなりワクワクしてきた。

そのタントラの中でひとつ、興味深い内容があった。
男女の愛、結婚について。

常に愛にフォーカスすること。
恐怖に身を置けば、そこに愛は存在できなくなる。
そして愛は、結婚で保障されるものではない。
愛は自分で、自分たちで保障していくものだ。
愛は動だ。
その動を止めると恐怖に変化していく。
その動をそのままの愛の状態で止めておきたくて、その動である愛を保障してほしくて結婚をする。
人間的な考えだ。

これはもちろんこれらを通して言わんとされるエネルギーにフォーカスするものだと思うんだけど、こんな感じに言っていたなと、わたしの言葉で書いたもの。
でもほんとこんな感じだったし、もっと内容は続くんだけど、ポイントとしてここが興味深かった。
この、人間的な考え・・・っていうところがね。
『愛は結婚で保障されるものではない』・・・これはすでに経験済みだし、霊的にもその通りだ。

ごく最近、龍の口からも男女の愛、結婚という制度について霊的情報を聞いていただけに、余計に興味が留まった。





本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い














posted by dozen at 00:17| 10 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。