☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年02月14日

叔父の最後の愛

2月8日19時少し前、電話が鳴った。
母方の田舎のいとこからだった。

「今さっき親父が亡くなった。」

「エッ?!」

突然の予期せぬ言葉に返す言葉が見つからない。
しかも、今日からうちの両親は富山に1泊2日の温泉旅行。

この叔父は、母方の長女の旦那さん。
非常に面倒見が良く、多くの人に慕われていたが、17年前に脳梗塞で倒れて以来ほぼ寝たきり状態。
幼い頃の印象が強く、寝たきりの叔父を見るたびに別人にも感じることもあった。

ついに来るときが来たという感じで、悲しみというより、ご苦労様と心の中でつぶやいていた。

次の日、叔父のお葬式に向かうため、バイトを夕方で切り上げ帰宅した。

夜8時、両親と娘を乗せ、京都を出発した。
家を出て10分ぐらい走ると、いきなりエネルギーが上昇した。

普段も使う道なのに、今日に限ってそんなことが起こる。
家を出る前に思うこともあり、何かあるのか?と思いながら、京都南から高速に乗った。

淡路島を通過し、四国の徳島に入った。
夜も11時をまわっている。両親はうつらうつらしているし、娘もおとなしく乗っているので、車内は静かだ。

明かりがあるのは、車のライトだけ。瞑想状態に入らないようにだけ注意をしていた。

フッと頭の中に、家を出るときに思ったことが浮かび上がってきた。
それは、父性についてだった。

スピリチュアルに目覚めてから、俺に父性を感じるとメールや話しをしてくれた人が幾人かいた。

しかし、相手の状態により、父性の受け止め方が変わる。
父性がいい方に出るときという場合は、相手に愛を感じ取れる素直さがある。
しかし、悪い方に出てしまうことがある。
それは、相手がエゴに傾いている場合だ。

俺が鏡となって“反発”として現れる。

じゃあ、なぜ反発として現れるのかと考えながら内観をし始めた。

反発に繋がる原因を探り始めると、言葉に繋がるように思えた。
言葉、特に直接会って話しをしているときでなく、メールを書いたときに起こっていることが多いように思う。

会っているときというのは、文字としての認識でなく、音として認識する。
しかし、人間というのは、ほとんどの情報を目で認識している。

だから、言葉が少し雑であったり、乱暴であっても、表情などの視覚的な要因で緩和される。

しかし、メールは文字として視覚で認識する。
ということは、言葉の書き方が上からモノを言っているような感じであったり、「これが正しいからこうしなさい。」的な表現を使っているのかもしれない。
しかも無意識に。

これでは反発に繋がるのは当たり前。

じゃあ何故そのような表現になるのか?
蓮が俺に対して話してくれたことが頭をよぎった。

俺は「心のどこかで、認めてほしいと欲求を抱いている。」という言葉が。

確かに繋がる。
「俺が正しいから、俺を認めろ!」と無意識に信号を出している状態なのだろう。

認めてもらってないと感じるのは何故か?

すると、腰から右のお尻を通り、右足の太ももの裏側にエネルギーが流れているのを発見した。
痛みまでにはなっていなかったのだが、長時間運転しているので腰に疲労が溜まり始めていたのだろう。
それよりも気になっていたのは、右足の太ももの裏側に1本だけある痛みだった。

この痛みは、もう3ヶ月ぐらい前から始まっていた。
ストレッチをしたりしても、痛みが軽くなったりはするものの取れることがなかったのだ。

腰からのエネルギーがその痛みに流れ込んでいるのがはっきりとわかる。

そういうことだったのか!!


俺の父方の家系は、ガン家系。ガンは欲求不満や怒りを表す。
怒りは腰痛として現われると、2〜3日前に本屋で本を見ているときに見つけた。

俺は高校のときから腰痛が出始めるようになった。やはり繋がる。
その根本の原因は何なのか、1〜2ヶ月前ぐらいから気に掛けていたのだが、答えは見つからずにいた。

それが、運転をしながら内観をすることによって、原因を見つけることができた。
すげ〜〜〜!!!と思っていると、そのエネルギーはドンドン下に下がっていく。

間違いないと確信をした。

そのまま過去を辿っていくと、色々とネガティブな感情をもったままの俺があちらこちらに現われる。
その感情をまず認め、その感情をずっと持ちつづける必要はないと、過去の俺を癒していく。

そんなことを2時間ほど掛けながらやっていくと、見事に痛みが緩和され、今までの痛みが嘘のようだ。

そおして約8時間ほど掛け、午前4時前に愛媛の宇和島の叔父の家に到着。

朝7時から、お寺のお坊さんが来られ、そのあと火葬場に。
そして15時前に無事にお葬式も終わった。

お葬式が行われたお寺で見つけたのが、“角の折れた鬼瓦”。
なんてわかりやすい具現化!!

onigawara.jpg

「おっちゃんは最後まで俺の面倒みてくれたんや〜!」

海と山しかない母の田舎。
自然に触れ、海に浄化され、叔父の最後の愛を受け取れた。

komobuchi.jpg

umi.jpg

hakubai.jpg

おっちゃん、ありがとう





本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い














posted by dozen at 01:45| 03 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。