☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年02月26日

媒体(パイプ)になる

2月のワークで、非常に重要で危険性を伴ったものが巷に広がっていることを発見した。

以前にもあるスキル(技術)を使うかどうかという相談を受けた際に、その内容を確認した。
そのスキルの発祥元はすでになく、そのスキル(技術)だけが巷で行なわれているものだった。

その内容は、おそらく本来のものとは大きくかけ離れている感じを受けた。
しかも作為的に巧妙に捻じ曲げられている感覚を受けた。

その時に感じたのは、“お金儲け”または、“お金に対する欲望”を満たせる内容になっていろということ。

それともう一つ解せないのが、1回そのスキル(技術)を伝授してもらうと、他者に対して伝授できるというものだったこと。

ということは、1回伝授してもらえば、ドンドン広がっていく、しかも自分が媒体(パイプ)になり文章を読み上げるだけで。
伝授する側が、高次と繋がり媒体(パイプ)になり、伝授される側がそのエネルギーを受け取るという方法を取っている。

このスキルには、天使という高次の存在と人間の欲望(お金)がうまく混ざっていた。
しかし、本来の幸せというものを考えると、お金だけの欲望を満たすのは疑問ではないだろうか?
しかも、1回伝授を受けただけで高次との媒体(パイプ)になれる。

ということは、極論すると、1回伝授を受ければ、高次と繋がりが完全にできてしまうということ。
すなわちチャネルやヒーリングまでできてしまう可能性がある。


経験上の話しをすると、1回でそこまでできてしまうことは稀。
可能性はゼロではないが、ほとんどないだろう。


今回発見したこのスキル(技術)も、数回の伝授してもらうだけで、自分を媒体とし、他者に伝授できるようになるらしい。

話しを聞くと、伝授するときには、テレビを見ながらとか、とにかく媒体となって伝授することに集中するのではなく、
他のことに気を取られているような状態のほうがいいと聞いた。

これは、純粋に媒体(パイプ)になるための方法。
媒体になる人の欲望や感覚がそのエネルギーに混ざらないようにするためだと。
これは非常に納得できる。
但し、伝授する側が純粋に媒体(パイプ)になっているならばの話しであるが・・・。

実は、このスキル(技術)に地球外生命体の関与があるというのだ。

地球外生命体とは、どのような存在なのかはっきりとはしていない。
しかし、俺のチャネルしたときに見えた映像は、“グレー”と呼ばれる存在だった。

彼らはいわゆるクローン、遺伝子をコピーして作られた人工的な生命体と以前聞いたことがある。

以前紹介した「ウィングメーカーU」にもこのような記載がある。




あなたがたの惑星は、遺伝子コードを乗っ取ることに懸命な人工生命体による妨害の危機に瀕している。
・・・・・
このままでは、2011年に、その人工生命体があなたがたの惑星を乗っ取り、あなたがた市民を奴隷にすることになっているのだ。
・・・・・
アニムスは、我々の種族の遺伝子倉庫を捜し求めている。なぜなら、彼らはソウルキャリアーそのものになることを熱望しているからだ。
彼らはたったひとつのことを怖れている。それは絶滅だ。互換性を持ち、自分たちの集合知性を支えることができる遺伝子構造を備えたソウルキャリアーと異種交配することが、彼らの探求の背後にある動機だ。
彼らは、自分たちの物理的な肉体に至高なる魂の周波数を備えることができないゆえに、自分たちの絶滅を恐れているのだ。
・・・・・


高度な知性を持つことにより、生命体を作り出すことはできるものの、宇宙から発せられるエネルギー周波数に順応し、適応できるようになる遺伝子構造までは持つことができない。
だから異種交配を必要としている。

地球は遺伝子の宝庫と言われている。だからこそ、そのような存在に狙われているのかもしれない。

しかもこれが、昨日今日わかったことではなく、聖書や法華経にまで説かれている。
その情報は、「Z File シャンバラの秘宝」という本にも書かれている。


いま、世界ではさまざまな宗教や思想が、いかにも「われこそは真理なり、福音なり」とのよそおいをこらして、人びとの心をひきつけております。
しかし、それらのほとんどは悪魔や、魔のなせるわざで、その正体をはっきりと見破らなければ、活路はひらけてこないと聖書も法華経も説いています。
・・・・・


これらのことを事実と捉えるならば、数回の伝授で高次元のエネルギーを扱えるようになれるスキル(技術)は注意するべきである。
特に人を媒体(パイプ)とし、伝授する方法を取っているものは。

間違ってもらっては困るが、そのスキル(技術)を否定しているのではない。

スキル(技術)そのものは充分活用できるものでも、そのスキル(技術)に関与している人や存在に注意を払うのが必要ということである。

ここに現れるものは、その媒体(パイプ)となる人を通して、伝授される人をコントロールしようとする悪意に満ちたものである。


続 媒体(パイプ)になる
続 媒体(パイプ)になる−−エンティティ(霊的存在)の解放
続 媒体(パイプ)になる−−グラウンディングとバリア
続 媒体(パイプ)になる−−エンティティ(霊的存在)の解放が通用しない!





本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い














posted by dozen at 19:10| 03 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。