☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年03月22日

ミューテーション(変異)

夜8時。
恒例の自動書記レッスンタイムがやってきた。

0320:2006
mutation
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
99b.jpg


いつものように、楽な姿勢を保つためクッションなどを運びながら龍に言う。
「昨日さぁ、チャネルが開かれるとかなんとか聞いたじゃん?今日は何か起こるのかなぁ?」





「さぁ、どうだろね。」
「あの、連続してた夢、終わっちゃったよ。昨日の夜は観なかったもん。違う夢だったのは覚えているんだけど、内容はまったく覚えてないんだぁ。」

そう話していると、戸棚から龍は録音テープを出していた。



瞑想は、この数日の独特さを味わえないでいた。
指はしきりに動いている。
が、キーコンを上手に押せるわけでもなく、押す強さもなく、ただ内側の神経を刺激され指がそれに合わせ勝手に微妙に動いている様子だった。

瞑想中は地震のような振動が何回も身体を揺さぶる。
これはエネルギーが今までより上昇している合図で、これはもう数え切れないぐらい体験しているので、もうわたしにとってはごく自然なこととなっている。

身体が熱い。
明らかにエネルギーが上昇している合図だ。
座っていた椅子から離れ、ベッドに横になって瞑想することにした。

横になり瞑想に入ると、さらに身体がエネルギー上昇特有の熱さに見舞われた。
すると段々、クラクラし始めた。
グルグル回り出す。
やばい!吐きそうだ!
なんなんだ、この感覚!

そこで思い出した。
わたしは過去にも2回、この激しい変化を味わっていたことを。
1回目は、33回、一気に回ったとき。

これはプレアデスの本をチラミしたとき、手のひらを身体の前で組み親指を立て、それを見つめながら1回に33回転すると一気にエネルギーを加速させることができるとあったからだ。
これはまだ、スピリチュアルセックスで統合を経験する前のことだった。
ちょうど普通のセックスからスピリチュアルに移行し始めたときじゃなかっただろうか。

回転することで体内のチャクラが非常に加速され、それがひいてはデータを解釈し受け取る能力の上昇を圧倒的に加速させる。

が、しかし!
わたしはいつものことながら本をチラミしかせず、じっくりと読まないので説明を早合点してしまった!
1回に33回転と言っても、それは段々にやれるようになり回転の数が増し、やがて1回で33回転する・・・ということだったのだ。
にもかかわらず、わたしは初めてのチャレンジで、いきなり一気に33回転してしまい恐ろしくヒドイ状態になってしまった!

ラスト33回転し終わったあと偶然にも!うまい具合に椅子になだれ込み、大怪我をしなくて済んだ。
もう!それはそれはコントロール不能の、もう言葉では言い表せないぐらいの、マジで怖い状態になる。
本当に、よく怪我をしなかったもんだと、つくづく思う。
周りにテーブルや椅子があり、それらをよけておくこともなくチラミしたとたん、よし!・・・と、いきなりその場でわたしは回り始めてしまった。笑

おかげでその日、丸1日、起き上がれなかった。
ものすごい最悪の気分の悪さ。
吐き気はすごいわ、常に回っているわ、それはそれはひどすぎるコンディション!
自分が早合点しておきながら早合点しているとは思ってもいないわけで、
プレアデスはなんてことをさせるんだ!回る方法なんて絶対、人にすすめちゃいけないぞぉ!・・・と、その後、気づくまでわたしはとんでもない方法だ!!と思っていた。笑

今でもこれを書くのに思い出すだけで胸がムカムカする。
回っているときの精神状態、思考は、回れば回るほど、自分がおかしな状態になっていくようでラストに近づけば近づくほど自分がどうなってしまうのか怖ささえ浮上する。

が、止まらないし、いや、止めるのさえ怖くてできないほどの状態にいる。
そこにはもう、自分がコントロールしようとする機能がないから、自分の「今」起こっていることすべてに身体ごと「ゆだねる」しかなくなってしまっている。
機械、ロボットのようにひたすら親指を見て回る。
怖くてそれをするしかないのだ。
指から目をそらせば、さらにコントロール不可になってしまっている身体の回転の速度に足をついていかせなければ、…とんでもないことが起こるのがリアルに分かってしまうから。

2回目は、スピリチュアルセックスで。
初めてあからさまに強い大地のエネルギーがわたしの足のフッドチャクラから上昇し、頭のクラウンチャクラから高次エネルギーが流入。
第1チャクラからのエネルギー。
クンダリーニが昇華しクラウンチャクラを駆け抜けていたとき。
すでにわたしはセックス中、瞑想状態に入っており、これらエネルギーを体験したと同時に宇宙を漂っていた。

わたしにとっては、本当に身体が宙に浮いてると感じるほどで、まさに漂っていた!

そしてセックス後、瞑想から目覚めてみると起き上がるのも大変な状態になっていた。
座っていることもままならず、もうそこですでにグルングルン回っていた!



・・・と、すると、この今日、味わっているわたしの状態もまさにそういう感じなのだろう。
そろそろ帰ろうかなと言う龍に、
「気分悪い。吐きそうなんだけど。」
「チャネルに、身体の方がまだ対応できてないんだよ。今日は身体の調整なんだろう。」

翌日、このことがさらにリアルになる。











プレアデスかく語りき.jpg




のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 18:20| 12 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。