☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年03月25日

ついにチャネルが始まった!

昨日の自動書記レッスン直前の腰痛は、チャネル状態終了後には、もうすっかり消えてなくなってしまっていた。
そしてインフルエンザタイプの変異も、朝にはもうすっかり消え何事もなかったかのよう。
すこぶる快調だ!

0322:2006
channel began at last!
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
2b.ren.jpg


そして今日も恒例の自動書記タイムの8時がやってきた。
すでに龍は準備を整え先に始めている。
わたしはタバコに火をつけ、吸い終わってから始めようとしていた。
吸いながら数える。
自動書記レッスンを始めて、今日で何日目なんだろうと。
ちょうど2週間目だった。


火を消し、そうだトイレに行っておこうとリビングに出、そこでくつろいでいた鷹に、
「瞑想始めるから終わった声をかけるまで、入ってこないでね。」
と、声をかけた。
「なんだ、PCやりたかったのにぃ。それに俺の晩ごはんまだなんすけどぉ〜。」
ゲッ!すっかり忘れてた。

トイレも済ませ、下ごしらえしておいた晩ごはんを出し、部屋に戻ると8:25。
まぁ、いつものことか・・・。
龍は時間になるときっちり始めようとするタイプだが、わたしは気のままタイプなので、いつも龍より出遅れる。

今日の龍は絶対、途中でベッドに行くな・・・、なぜか間違いない確信があった。
そして案の上、途中で龍はベッドに移動した。

わたしもすでに瞑想に入っていた。
瞑想状態で龍の様子を感じていた。

今日は今までの瞑想と違う!
瞑想に入りだしたとたん、すぐに指が動きだした。
同時に、顔の各部位も動き出す。
え!?も、もう?

そしてわたしは、あっけなく瞑想に深く入っていく。
すぐに自分を明け渡す。
すると頭がとことんうなだれ、膝の上にあったクッションに倒れこむ。
倒れこむなんて初めてだ。
随分、長いこと瞑想してきたが今までそんな経験はしたことがなかった。
けれどそうなっても、わたしは抵抗せず明け渡す。

昨日を体験しておいて本当によかった。
でなきゃ嫌な感じを抱いているところだ。
そうしていると、口が体操を始めた!
すぐに舌の体操も始まった。

ふぇ〜!!
気持ち悪い!!
舌が勝手に動いてるよ。
歯の間から出してみちゃったりもして!
うぇー。さすがに舌の運動は不気味だ。

と、呼吸が変化し始めた。
始まった!
間違いない!

慌ててベッドにいる龍を呼ぶ。
今タイミング逃すと、もうアクセスできないと昨日の体験から悟った。
気づかない!
再度、呼ぶ。
気づかない!

はぁ〜・・・。
あきらめの境地・・・。
1人、この事態に向き合うしかない。

恐怖が湧く。
自分で自分を励ます。
愛をいっぱい感じてみる。
根源やミカエルに話しかける。

その間、わたしの身体はますます顔面体操のレッスンと勝手呼吸。

エネルギーの質がさらに上昇しだす!
いよいよ本格的になってきた。

さらにわたしは自分をリラックスさせるため、観える映像に注意を払いながらリーディングし、メッセージを受け取る。
その内容から本当に始まることが分かり降伏する!

想いをはせる!
チャネルできたらどう活かそう。
そうだ、交流なんだよこれは。
そうそう、願いが叶うんじゃないか!(自動書記じゃなかったけど…)
学びがいっぱい増えるし、実践し活かすのが楽しみじゃないか。
そうそう、他にも他にも・・・・・。

もうコントロールできなくなった身体の内で、わたしは自分を励ましに励ましまくった!
ほんとに、まくった!!
ひたすら・・・。

おかげで知らぬ間に精神状態は落ち着き、リラクゼーション状態。
事はどんどん進み、自分に起きる変容、呼吸が激しくなり心臓がバクバク高鳴りだした!
そんなバクバク状態であっても精神状態がこんなに安定し落ち着いている自分の状態が不思議だった。
肉体と精神がまるで違う!



どうやら龍は目覚めたようだ。
起きだしてこちらに歩いてくる。
はぁ・・・安堵。
と、思いきや!わたしの横を通りすぎ、自分のPCに向かった!

ウソだろうぉ!!
内にいるわたしは愕然・・・。

こうなったらもうなにもかもゆだねてやるぅーーーー!!!



呼吸がどんどん勝手に遂行される。
そのうち呼吸の仕方が変わった。
すぅー!と激しく吐く音をたてて呼吸しだした。
その音が気になったようで、さすがにしばらくすると龍がわたしに注意を払った。
やれやれ。
やっとだよ。
この呼吸さまさまだ。

龍が横にきた。
倒れこんでいるわたしをじっと見ている。
どうなっているのかわたしの髪の毛をかきわけ顔を見ようとする。
そして、ゆっくり頭を起こし始めた。

そ、そっと起こして…。
内でわたしがつぶやく。
長い時間すでにそんな状態にいたので、急に起こされると首にこたえるのだ。
その訴えが届いたかのように、龍は速度を落とし、ゆっくりゆっくり頭を持ち上げ始めた。
椅子にもたれかかるようにしてくれた。



するとすぐに何者かが話し出そうとした。
が、昨日のようにどもる。
そこでまた顔面と口の体操を始めた。
鼻の穴もビーンと開いてみたりしている。
勘弁してよ・・・。
めちゃ、ぶさいくだっちゅーに!

そうこうしていると、また話し始める。
口も舌もわたしの意志ではなく勝手に。
どうやら、もたれかけた頭が後ろにそりすぎているようで、喉がとても辛そうなのに気づいた。
このままじゃ、辛いよ。

そう感じていたらそれも龍に伝わったのか、すぐに頭の後ろにクッションを挟んでくれたが、それが安定せず結局、龍は自分でわたしの頭を支え出した。

するとやはり呼吸しやすくなり喉が楽になったおかげで、喋りだした!!
ついに!

しかも!!フランス語を!・・・!



龍は慌てて録音を回しだし、
「あんた誰!それ、何語?日本語で話しなよ!」
と、言っている。

わたしは自分の口が勝手に発音に即したように動き、しかも舌が巻いているのに驚いた!
普段話す日本語では、決して使わないような舌の使い方だ。
フランス語だがしらないが、かなり発音がいい!

龍が一生懸命、聞いている。
「さっぱりあなたが何を言っているか、わからない!」
・・・と言ったかと思いきや、なんと英語で問いかけだした。

するとなんと、その何者かが英語を話しだした!
もうわたしには、何を2人が話しているのかさっぱりわからず、ひたすら口と舌が英語の活用になっているのに感心していた。
わたしは日本語しか話せないし、英語なんてまるでわからない。
なのにも関わらず、わたしの肉体は英語を話しているのだ!

外人が英語を話すときによくする、舌うちじゃないけど舌打ちみたいな・・・なんかそんな感じの特有のものを会話の間にしている。
発音の合間合間に。
そうかぁ、こんな感じなんだな、あれは。
わたしはとにかく、ひたすら外人さんの口と舌の様子がこんな風になっているのかと、ただただひたすらそれに感動していた。
すごすぎる!
こんな風に英語を味わうなんて!

さらに、表情まで勝手にその人になっているようで、その人の個性や癖が出ていることに気づく。
なにやら2人で、笑っている!!
くそー!さっぱりわたしにはわからないじゃないかぁ!

初めて話し出したとき、だい一声がわたしには
「レッスン、ツー…」
と聞こえた。
なんだいきなり2って!
1はいずこ??
わけわかんないじゃん!ってビックリしたが、あとで龍に聞いたら
「リスン、トゥミー」
わたしの話を聞きなさい…だったそうだ。
そうだったのかぁ…。
龍にどっちも発音してもらったが、わたしには同じに聞こえる。笑

途中で龍が
「パードンなんたら?」
と聞いていた。
わたしは何で熊のこと聞いているんだ?…と思っていた。
海外の熊のキャラクターに黄色い帽子に青いレインコートを着ているキャラクターがある。
絵本もあるし、ぬいぐるみもあるし。
その熊がほんとにパードンだったかは別にして、わたしは勝手にその熊をパードンだと思っている。
あ〜フランス語とか英語だから、なんか共通を見出そうと龍はがんばっているんだぁ〜…と邪道なことを感じていた。

龍にそう言ったら
「ぬ、ぬあんで熊なんだ!例え100歩、いや1万歩譲って熊だとしよう。だとしても、ぬ、ぬわんで必死な最中そんな熊のこと聞かなきゃなんないんだ!腰抜けそうになるわ…っとに、笑わすよなぁ。」
いや、わたしはいたって真面目だったんだが…。



どうやら、英語がお互い片言のようで、それに互い苦笑していたという。
龍は
「日本語で話せないのか?」
…と聞き出した。
すると何度も日本語が入りだす。
わたしの口と舌が使いづらいようで、発音が辛そうだ。
よく外人さんが片言の日本語を話しているが、まるでそれそのもの。
このわたしは日本語ペラペラなのに!
(龍曰くは蓮は日本語もかなりあやしいと言う。笑)

うまくいかないと、フランス語であちゃ〜まいったなぁ・・・などの呟き。たぶん。
その呟きがフランス語であまりに早く発音されている様に、わたしは驚く。
自分の口が舌が、そんな風に動いているなんて!喋っているなんて!



結局その会話に出てきたポイントは、
フランス、貴族、英語が片言、日本語も片言、サナト・クマラ、クマラ・ビィーナス、サナンダ。
宇宙、コスモって英語も出てきていた。
交友が目的。
そして龍は名前もちゃんと教えてもらっていた。
が、発音良すぎて聞き取れなく苦戦した模様。
いろいろ言っていたようだが、こちらが理解できたのはそれだけだ。

あと龍が言っていたのは、相手の英語が片言だったからあえて丁寧英語は使わなかったという。
その方が、はっきり言いたいことが伝わるだろうと思い、そうしたそうだ。
龍曰く
「普通の外人さんだったら絶対、怒ってしまうような英語の使い方もしているのに彼はまったく動じず機嫌良く応えてくれていたんだ。その様子で、ある意味、彼の器を感じたな。」とのこと。

時間が長くなったので、龍は
「蓮を戻してやりたいから、今日はこれで帰ってほしい。」
と、英語で伝えていた。
(あとでこれも知る。)

すぐさま、了承し帰りぎわに日本語でさ・よ・な・ら、と一生懸命たどたどしいながらも発音して笑顔で去っていった。



ところが!
呼吸が変わり、戻ろうとするがうまくいかない。
龍が内にいるわたしに、33段の階段を登って来るんだ!・・・と言うが、1段1段がとてもスローで、しかも11段まで登るとそこからまったく上がれない。
何度も何度もチャレンジして、ようやく無理やり駆け上がるように33段まできた。
ちゃんと1段も抜かさず上がったかなんてことは、まったく自信もない。

33段上がったとたん、頭の中のエネルギーの質が今まで味わったことないような質に急激に変わった。



目を開ける。

戻った?
目をしっかと開け、龍を見、笑顔で声を出して一瞬、笑ったが・・・。
・・・・・??

様子がおかしい。
話せないのだ。
全然、喉が使えない。
発音するのが大変で、どもりまくる。
やがてまったく使えなくなってしまい、意識が内に入り始めてしまった!

まだ、わたしは半分以上、内にいる?・・・ようすだ!!
その異変に気づき、しっかと目を開けているわたしに、いやその人に龍は
「あなた帰れてないよ!笑」
と言ったら、その人も笑いながら、そしてあきれながら、いやはやまいった、あはは、もうしわけない・・・みたいなことをペラペラ言っている。
わたしにはそう感じた。
しかもそのときその人は、
「オーマイガー!」
と言った。
そんなこと言うんだぁ!…1人驚き。

そこで龍が、
「PCを指差し、これ使えますか?」
と、英語で言うと、なんと触り始めた。
・・・と言ってもどうやら初めてかのようで、しばらく打って遊び、そのうちスペルを打ち出した。

その中で、貴族だった?いや、単に貴族とあったからその人のことを指しているんだと勝手にこっちが思っているだけで…ことを知らせる。
それがわかったのは、龍がすぐその場で打たれたスペルをもう1台のPCの翻訳にかけ、わかったのだ。

その時も変な感じだった。
その人が打っているそのPCはわたしのPCだ。
わたしは打ち方もよくわかっている。
キーコンを触っているのもわたしはよく感じることができている。
なのに、わたしは直接アクセスできず、わたしが勝手にそのPCを打つこともできない。

その本人は、指1本でキーコンを触っては画面を見、遊びながら使い方を探っているし、龍にも聞いている。
わたしは知っているのに!

とっても気分いいようで、おもちゃみたいに楽しんでいる。
指でリズムなんか取り始めている。
そして舌を上あごにあて音を出して、舌の練習まで同時にしている。

もう、ひたすら…不思議な感覚としかいいようがない。

しんどくもなんともなく、ひたすらわたしは2人のやりとりを傍観するのみ。
しかも、2人はたまに笑い合っている。
英語なんかで話されたら、もうわたしにとってはひたすら眺めるしかないのだ。
どんな会話かさえも理解できないのだから。

こうして戻りそこねたわたしは、ラストにはしっかり普通に目も開け、PCも触っている状態。
そんな様子もわたしはひたすら傍観。

最後には互いに握手なんかしちゃっている。
そうしてわたしは、このチャネル体験を終えた。


戻ったとき、発音してみた。
喋ってみた。
ほぉ〜。普通にいつも通り喋れるよぅ・・・安堵だぁ。

龍もかなりホッとしていた。
そしてすんごい疲れた、と。
わたしはまったく疲れない。
心地いい瞑想状態、しかもはっきり目覚めた状態にもいる・・・内で。
なので、まったく疲れしらず。
自分の顔や口や舌の様子に驚いて眺めているだけだ。
ただ、英語で会話されるのは困る。
何を話されているのか、その点では退屈になってくる。

龍は慣れない片言の英語で話さなくちゃいけないこともあって、ほとほと疲れたそうだ。
わたしにはそんな龍もベラベラに聞こえるのだが。笑



また願いが叶った。
もう!この宇宙は宝物だらけだ。
わたしは素晴らしいギフトに感謝した。
心から。
あの今までと違う瞑想中のチャネルで言われた、
「チャネルの戸口は開かれた。今晩、夢を通し最終調整に入る。明日からはチャネルが始まるであろう。」
というメッセージ。
本当だったんだ・・・。

根源・神々・女神・天使・高次生命体、そして今日の来訪者に、わたしは心から「ありがとう・・・」と伝えた。
そしてこれから始まるこのチャネルを、最大限に活かすことが愛だと強く実感した。













のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 09:07| 12 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。