☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年04月03日

2006.04.03 12:58 コース

これから、蓮のようなチャネルが出来る人たちがたくさん存在していくことを望んでいます。
しかし、チャネルするならチャネルがひとつのツールであることをよく分かっておくこと。
ツールとして使いながら、そこで忘れてはいけないのは自己探求。

チャネルが全て自己探求を超えてしまうようなことはないです。そこを誤解する人が多いと感じられます。

全て答えを得られると勘違いしてはいけません。

たとえ答えを得たとしても実践していなければ本当の答えにはなりません。
チャネルができても自己探求、創造していなければ単なる、本当に単なるパイプ(媒体)、単に役割をこなしているにしか過ぎません。

そして大事なことは、チャネルの質にはそのチャネラーの探求や創造、霊的成熟が反映されます。
単なるパイプの役割のみを担っているのか、それともチャネル内容に目に見えない深い真の真実を反映させているチャネラーなのかのその違いは、チャネラーが人に触れることで伝わるもの、またそのチャネラーに真実の目を持って触れてみれば一番良く分かります。
今はその真実の目を持つことが一番大事です。

チャネラーが難しい話しや霊的内容を伝えていれば、それがイコール質の高いチャネラーとは限らない。
またさらにチャネラー自身の質は、必ずしも込み入ったそういう内容のものを伝えていればイコール、チャネラーも成熟しているとは限らない。
チャネラー自身の質に反映してるとは限らないです。

それと気を付けて欲しいのは、さっきの答えと通じますが、チャネルをツールとして使うのは非常にいいことですが、依存しないことです。
その依存わかりやすいです。他力本願と同じ。
自分で調べもせずに教えて教えて、答えや必要以上に説明を求めて言ってほしいとか・・・
チャネルは親ではないです、過保護ではないです。

あくまでツールであり、エッセンスであり、ともに調和し、交友し共に生きるためのコネクション(高次と繋がる)ツールです。
非常に注意すべき点はそこです。
いい意味じゃなく(チャネラーに)甘えても自分の進化には決して繋がりません。
そこをよく覚えていてもらったほうがいいです。あえて言ってます。

チャネル内容を活かし実践すること、そのためにチャネルすること、またはチャネルしてもらうこと…が大事です。
知っておいてもらってください。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 21:09| ●アクセスメッセージ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。