☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年04月05日

チャネルを掘り下げる

今朝、途中になっていた過去日記を仕上げてしまおうと、第9ライトボディについて本から抜粋していた。
長いなぁ・・・と思いつつ、そろそろ抜粋も終わりだなと、ふとその先のページがめくりたくなった。

0405:2006
I dig into a channel.
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
105b.ren.jpg


すると宇宙同盟(スペースブラザーフッド)という文字が目に飛び込んできた。
あ!ガンダルフだぁ・・・と、わたしの興味が急に湧いた。


いっきに興味が湧き、チラミしてみると、他に根源体系(最近、チャネルの高次の口にも出たので興味が湧いた)という言葉や、DNAという言葉もある(ガンダルフがDNAをいじった・・・ということで興味が湧いた)。
指揮官ともある。
この指揮官という言葉を、シフトについて語っていたコースから耳にした覚えがあるので興味が湧いた。

なんだなんだぁ!
この第10レベルには興味深げな言葉たちが、いっぱいあるじゃないかぁ。
急に楽しくなったので読むことにした。
(こうでもなければわたしは本を読まないので人参をつられた馬状態。本のどこかを見るときはいつも。笑)



DNAの説明に至る前に、さらにそれに繋がる話がこう始まっていた。

わたしたち各個人は宇宙であり、あなたの現実の映像によって、その宇宙自身を再構築する。
ライトボディ第10レベルでは、『神なる自己(ゴッドセルフ)』と呼ばれる自分自身の広大さへのつながりを完全なものにし、そこから機能するようになる。
惑星(地球)の意識になるそうだ。

こうしたレベルの知覚は、人間の意識の最も奥深く、人間の遺伝的な意識のはるか深淵までつながっているとある。
これらはすべて統合され、肉体へと返すことで、もう誰もエーテル界をさまようことがなくなるんだそう。



ここからDNAの話しに繋がっていっている。

そこであなたが、オーバーソウル(このオーバーソウルが何を指しているのかチラミしているわたしは分からないが感覚で捉えてほしい。笑)につながると、どうなるか・・・。

二重正四面体が面を交換しあって一体化した、ひとつのフィールドとして機能しはじめるそうだ。
この二重正四面体は、男女の統合、自己の統合とも深く関連しあい、もちろんスピリチュアルセックスにも大きく関連していると、わたしは深くそう実感している。

この幾何学形は、二重螺旋へと動き始めるそうで、今のカルマ・ゲームにおいては人のDNAは二重螺旋でしかなく、ライトボディは三重螺旋(またはそれ以上)のDNAをもつらしい。
そして体の中心で5次元的な螺旋が形成されるそうだ。
さらに、『マーカバ(マカバあるいはメルカバともいう)の乗り物』とアリエルたち(このチャネルは大天使アリエルなので。)が呼んでいるものを、自分のエネルギー構造の中につくりはじめるという。

このマーカバは『光』の結晶構造からなり、自分の完全性を保ったまま、空間・時間・次元のあいだを突き抜けることを可能にするとある!

これだ!
ガンダルフが、夜遅く、わたしの体にやっていたことは!!
「ある月にある旅をしてもらう予定でいるので、DNAを再構築していた。」
・・・と、ガンダルフはあの時わたしに言った。
この時の話しの日記には、あえて書かなかったことがあった。
それはこの旅が、次元移行を要する旅だと言われた、ということ。

これらの文章に巡り遭ったおかげで、ようやくガンダルフが何をしていたか、その詳しい説明を得た。



続いてこう書かれている。

マーカバは、それ自体の意識をもっているそうだ。
そのマーカバに対し、自分で働きかけることによって、別の『根源体系』へ旅するかもしれない、とある。

アリエルからの視野からすると、ライトボディになるということは実は、もっとはるかに大きなプロセスの一部でしかないという。
アリエルたちは、すべての世界と次元が、この宇宙の『根源』へと融合していき、それから別の『根源体系』とも融けあい、そのようにしてさらに、どんどん『一なるもの』へと戻っていくのを見ている、と言う。
そしてこれは、とてつもなく広大なプロジェクトなのだそうだ。

これについては根源がチャネルアクセスしてきたときに言っていた。
龍と息子が根源に、「根源の次元は?」・・・と尋ねたときに、根源もこのように答えた。
根源にも、いくつものパラレルワールドが存在し、それら統合によって、あなたたちは帰還していく・・・と。
「このわたしは、そのような存在でもあり、ここに来ている(チャネルのこと)このわたしは、ウィングメーカーが述べているところのソース・インテリジェンスとも言え、根源の手と足とも言えるだろう。」・・・と。



さらに本はこう続く。

ある人々にとっての帰還とは、この『根源体系』への帰還を意味している。
また別の『根源体系』へ帰還する人々もいて、それらの『根源体系』が、すべて融合するときの結びつきを設定するために地球に来ていると。
そしてある人々は、まさしくこの地球を、ライトボディへと変化させるために来ているそうだ。
その他の人々は地球を、そこから次の領域へとシフトさせ、またその次へ、さらにその次へと引き継いでいく。

アリエルたちは全次元にわたるアセンション(シフト)を扱っているのです。・・・とある。

この全次元のシフトについても、コースから龍とともに詳しく聞いている。
コースはこう語った。
「何も地球だけがシフトに向かっているのではないのです。全次元においてのシフトが互いに関連しあい、そのこともあってこの地球のシフトは、全宇宙、全次元にとっても非常に重要であり注目があり、ギフトなのです。また、ある者たちの存在(宇宙戦争とも深く関わっている)を思えば、危険もそこにはあるわけです。」
さらに詳しい情報を聞いているが、テープを起こさないといけないので、またいずれ載せたいと思う。



あなたはスピリットの助けによって、自らのエネルギーフィールドから、この『光』の結晶構造をつくりあげています。・・・と続く文にあった。
まさに、ガンダルフの援助をもって、わたしも龍も、どうやらこのような状態にいることがわかった。



続いて、
さて、ここでそれぞれ異なった職務をもつ3つの『軸』について、アリエルが話していくとある。

この3つの『軸』とは、天使の職務、宇宙同盟の職務、そしてアセンションしたマスターの職務だそう。
ここで、アクセスしてくれた大天使メタトロンを思い起こし、宇宙同盟のガンダルフを思い起こし、アセンションマスターで、チャネルに訪れてきてくれたセラピスベイを思い起こした。

これら3つは、互いに調和している・・・と、アリエルは本の中で言っている。
アセンションするとき、宇宙同盟は自分たちのフィールド内でつくったマーカバを、すべて繋ぎ合わせ、惑星を取り囲むように連結させて惑星レベルのライトボディをつくりあげるのだそうだ。
文字通りの、この地球がアセンションするための乗り物を建造する、とある。



アセンションマスターの『軸』は、指揮官やナビゲーターとして活動する・・・とある。
メタトロンやガンダルフには、非常にお世話になっている。
また非常に重要なチャネル内容が多く、2人?共、緊急事態や重きが置かれる事態には必ず存在を顕にする。
セラピスベイが、チャネルのとき、どんな話しをしていたか忘れてしまった。
が、指揮官については、コースがシフト関連の話をしていたとき龍がこう質問したことで口に出てきた。

「シフトのはっきりした時がわかりますか?」
「それは根源しか知らない。すべては根源にゆだねられ、根源がまず指揮官に時を伝える。そこから全高次にいきわたる。」
「何年?ぐらいかはわかりますか?」
「未来は、確定ではないことをまず知っておいてください。今現在で言えることは2013年です。」
「2012年ではないのですか?」
「それは去年までの話しです。去年の時点では、12年でした。元々は22年でしたが、今言えることは13年に落ち着きつつある、ということだけです。」



第10レベルの文章のラストにこうあった。

あなたはライトボディ第10レベルで、自らの『軸』にしたがって意識的に活動するようになります。
全員がこれらの職務をすべて果たすよう、DNAに符号化がなされています。
これは単に、あなたのスピリットが、このプロセスの中で今回あなたに、どんな役を望んでいるのか・・・ということなのです。

これらの軸は、どれがどれより『重要』だとか、『よい』とか『進んでいる』などといったものではありません。
あなたの役を充分に楽しんでください。

ここでコースが息子にアドバイスした片言日本語の声が蘇ってきた。
「たのしぃ〜んでぃ、くださぁ〜い!!ニコニコ」



ふと、隣りのページにある第11ライトボディの説明の中に、興味深い文章が目に入った。
ライトボディの構造の一部に、アクシオトーナル・ラインという、別の恒星系や宇宙に結びつける機能があるという。

この『光』のラインは、針治療で用いられる肉体上の経絡にそって存在し、肉体と『スピン・ポイント』と呼ばれるところを通して結びついているそうだ。
ライトボディ構造は、たくさんの『光』のラインが、美しい幾何学形を織り成してできている。
変異の途上で、まるごと新しい5次元の循環システムが構造されるそう。

この説明の「この『光』のラインは、針治療で用いられる肉体上の経絡にそって存在」する・・・という部分に興味をもった。
それは、龍もわたしも自動書記レッスン以来、肉体をまるで針で刺されるかのように、この経絡にそって独特の痛みを感じているからなのだ。
自動書記から始まった明らかにわかりやすかったこの現象は、わたしはここ最近に限って感じず、龍の方は逆に激しくなってきている。



さらにこう書かれている。

細胞は、アクシオトーナル・スピン・ポイントによって再生し、分子レベルで再構築される・・・と。
確かにガンダルフは、はっきりと「再構築」という言葉を言った。



続いて、

人のスピリットは、すべてのライトボディにわたって、こうした構造を創造し、強化して肉体が、より偉大なマーカバを受け入れる準備をしていくそうだ。



第9ライトボディ情報に、こう書かれていたのを思い出した。
第9、10チャクラが、より大きくなるにつれて、第11、12チャクラも開かれていく・・・と。
ならば、ライトボディもこのように、きっと関連しあっているんだろう。

導きによって得られた本からの一部の文章によって、さらにチャネル内容や今現在の自分たちのことが掘り下げられた。

今までも今も、いつもこうやって本が読めないわたしに、ちょうどいいやり方・興味の持たせた方で知らせてくれる高次たちに、ついこのあいだのサナンダの日記のこともあって、よけいに今回、深くその導きに感動している。
もうもう、どれだけの感謝を述べても言い足りないぐらいだ。笑

根源よ、高次たちよ、ガイドたち、本当に心からハートから、ありがとう。
わたしというものをよく知った上での導きに、本当に感謝しています。



そしてコースが息子に霊的成熟へのひとつのツールとして、いくつかの本をアドバイスしているときに龍がコースに言った質問を思い出した。
「本は必要ですか?なぜ本を薦めるんです?」

「すべての情報、エッセンスを、わたしも含め高次たちに、一から話せと言うのですか?笑 膨大な時間をチャネルに費やしても、まだ足りないですね。笑 それだけ時間を費やすつもりですか?しかも蓮を通じ話すスピードが、こんなにゆっくりなのに? 
すでに本を通し、高次たちはさまざまなエッセンスを降ろしています。もちろん、全部の本の内容が間違いなく真実で、一言一句を読む必要がある・・・とは言っていません。 

あくまでエッセンスがいろんな風にいろんな量で、散りばめられているのです。ならば、感謝して活用する。それが愛です。 そしてこういう活用は、こちらもすでに降ろされている情報を一からすべてを語らなくて済む。チャネルを高次たちは、いかに有効に活用するか、エネルギー的節約もチャネルには関わっていますから。 

また、蓮のチャネルは高次のある目的も含まれている特殊な役割です。 蓮からアクセスするのではなく、高次からのアクセスであり、高次が優先され高次の目的が優先されます。蓮のスピリットは降りる前から同意済みです。宇宙の共同創造です。 一般のチャネラーとは、また違う特質や役割があることを思い出してください。 ゆえに、チャネルをどう活用するか、蓮に触れる人たちに注意してもらいたい事柄がいくつもあるのです。 それは、またのちほど。 

今、ひとつ言うならば、『実践・活かす・探求&創造』に活かすために蓮のチャネルを用いることです。 蓮のチャネルは非常にシンプル。ゆえに深い。なので、ストレートです。あとからの聞きなおしもできるなら避けてもらいたい。チャネル内容に、しっかり耳を傾けることです。言葉のみに囚われず、その言わんとする背後のメッセージにさえ耳を傾けるのです。 もっと深い意味を教えて・・・それは自分で探求しながら深まるもの。早急に答えを求める姿勢は、自発的な進化とは言えません。 聞き間違いや誤解のないよう聞きなおすなら別ですが。 この点にフォーカスしないならば、他のチャネラーにあたったほうが、情報量としてはよほどいろいろ教えてくれるでしょう。 大切なのは、今に必要なことを必要な量だけ受け取ることです。 

ではそうしようとしたとき、何が問われるか。いかに日常から自分にフォーカスし探求しているか、です。そして質問も、自ずと今、自分に必要な質問ができるようになるでしょう。さらに、必ず、質問があるはずです。探求し、進化に向かい実際に実践しているなら、そのための質問は必然に起こります。 チャネラーに対し、そういう質の質問もなく単に情報を聞く・・・というのは、何を具現していますか? 

また高次側から語られる内容は、必然です。必ず、深い意味を伴っています。なので、蓮を通すチャネルタイムを意義深く有効に活用してもらえれば、とても嬉しい限りです。」









参考図書




のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 14:16| 13 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。