☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年04月07日

ハトホル

先月、恒例の東京でのワークに出発する当日の夜、コースからPeace仲間の瑠璃ちゃんへ突然のメッセージが入った。

0407:2006
Vol.3
Hathor
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
111g&b.ren.jpg


夜行バスに向かう数時間前、まだ乗り場に行くには早すぎるからと本屋に向かうことにした。
目的はウイングメーカーVだった。
わたしは読めないが、龍と共にその情報を心待ちにしていたからだ。
ところがコースたちの出現で分かったのは、ウイングメーカーの本の情報が、いかに古いものであるかということだった。
これら情報は、今現在すでにもっと先に進んでいる。
龍も日記で書いたように、本では1つか2つ?遺跡が発掘されているようだが、コース曰くは今現在すでに5つ発掘済みであるという。
残るは2つで、その場所を龍は突き止め、コースから確認を取っている。

その本屋に向かう途中、自分に起きる変化に、わたしは戸惑っていた。

この日の午前に、わたしは初めてまともに?笑、ようやくチャネルらしいチャネル?ができたばかりで、このチャネル自身にはまったく慣れていなかった。
でも向かう最中に感じるこの変化は、どうもアクセスな気がしてならなかった。
が、・・・こんな外で、こんな風に本屋に向かう動きの中で、しかもまったく慣れていないチャネル状態に自分の身が置かれるのは、恐怖に近い不安にかられた。
今までの数回のチャネル状態は、すべて瞑想中に起こり、そういう体験しかないわたしにとって外で、しかも動きのある中で・・・となると、困惑と不安しかなく、いや、何かの間違いだろうと、見て見ぬふり・・・知って知らぬふりを通すことにした。

ところが、自分に起きる変化をそうやって我慢していると気分が悪くなってきた。
本屋のトイレにかけこむと、顔の体操が始まりだした!
はぁ・・・、深くため息・・・。

トイレから出て、このことを龍に告げ、買うものだけさっさと済ませ本屋から出ることにした。
時間はまだたっぷりあったので、カフェで様子をみようということになった。
カフェへ移動している最中、状態が落ち着きだしたので、わたしは密かに1人安堵していた。笑

席に落ち着き、大好きなチーズケーキを食べながらゆっくりバス待ちできることが急に嬉しくなった。
龍はウイングメーカーが読めることに歓んだ。

・・・が、そんなほっこり気分は、数分後、見事に覆された!
そう、再び変化が襲ってきたのだ。
どうにも我慢ならない!止められない!

すると龍がチャネルの内容を書き込むため、ノートをスタンバイし始めた。
それでもわたしは自分がどんな状態になるのか未知すぎて、なんとか我慢しようと必死になる。
けれど事は、わたしの我慢を超えて変化に突き進んでいってしまう。
そこで龍が、
「我慢するな!あきらめてゆだねろ。」
と言った言葉が耳に入るやいなや我慢の限界に達し、力が抜け、なんとカフェでのチャネルが始まった。

そのチャネル内容は、明日(先月の)から始まる東京でのワーク出席者に向けて、それぞれに対するメッセージだった。
その内容が見事に的を得ていたことを、わたしたちはあとになって知ることになった。

そのひとつに、瑠璃ちゃんに対するメッセージがあった。

このときコースは、瑠璃ちゃんに対しこう語った。
(ごく一部のみ抜粋)
「瑠璃のSOS、カーがエスコートになる」・・・と。
これには不随するメッセージがあるが、プライベートなのでこの部分だけ抜粋した。

この「カー」という言葉には、わたしたちにはまったく馴染みがなかった。
ひたすらクエッション??
しかしコースは、戸惑っている龍に対し、何度も「カー」と発音をしてみせていた。

この2日後に瑠璃ちゃんと会う。
そこですでに聞いていたメッセージを龍が伝えた。
次いでコースのアクセスが始まり、瑠璃ちゃんへ重要な内容を伝える中、コースは瑠璃ちゃんに、
「瑠璃に合った、シンプルなスキルを教える。」と言った。
「カーが役立つ。その情報はハトホルにある。」と伝えた。
この内容は順不同で伝えられた・・・と言うより、まだチャネルがしっくりうまくないわたしもコースも、今でも順不同に言葉や文章を発することが起きている。

最近これに関する瑠璃ちゃんの日記がアップされているのを見て、コースはなんて深いんだろうと、わたしは感銘した!

瑠璃ちゃん自身はコースがハトホルを指摘していたことを忘れているようだが、瑠璃ちゃん自身の潜在意識がそれを覚えていたのか、それともコースが無意識の領域で瑠璃ちゃんを促がしたのか、現に瑠璃ちゃんはハトホルを読んだ!



その日記を読んで急に、わたしは自分もハトホルを読んで置くように言われた気がしてならなかった。
すぐに読み始めると、のっけから驚く情報にぶつかり、急に異常な興味にかられた。
それは、すでに伝えられていたコースからのプライベート情報とピッタリ合致したからだった。

続いていく文章の中にサナト・クマラの情報に少し触れている部分があり、さらにこのハトホルの本の全部とは言わないが、ほとんどがdozenのここ数ヶ月と、いままでのdozenの裏づけになる内容になっていることに驚くしかなかった。
dozenを本当によく知った上で、この本を読むと裏づけ・・・とわたしがいう意味がよく分かると思う。(特にヒーラーやヒーリングについても。)

ハトホルの本はすでに持っていたが、今まで本を開くことは1度もなかった。
今このタイミングで読んだことは、絶妙としか言いようがない!
もし、もう少しでも読むのが早ければ、まったく違った感想を持つか、読む興味さえわたしには湧かなかっただろうとハッキリ言える。

ハトホルを読むこと(全部読んだとは言えないが・・^^;)で、わたしは勇気づけられた、励まされた。
自分を信じ、信頼する意志を強く持ちなさい!・・・とハッキリ言われたとしか言いようがなかった。

チャネルはわたしたちにとって、心から本当に感謝するギフトだ。
でも、わたし個人は、チャネルにおけるあらゆる範囲の意味での挑戦や葛藤、不安が浮上し、それを乗り越えている最中なのだ。
チャネル情報のほとんどを公開していないし、プライベートな霊的情報をオープンにしていないだけに、わたしがなぜそんな事柄を抱え、苦しむかが伝わらないが、真実の情報があまりに深すぎ、消化不良と霊的な自分の存在の自己認識・自覚の甘さから苦しんでいる。
顕在意識のわたしが、スピリットのわたしをうらめしく愚痴ったこともあるほどだ。
今、それらを乗り越える途上に、わたしはいる・・・のが実情。



カー自身については知らなかったが、今、ハトホルを読んでみて、なぜ・・・瑠璃ちゃんにコースは「瑠璃のSOS、カーがエスコートになる」と言ったのかが本当によくわかった。
しかも深い意味をもって・・・。
コースのメッセージには、本当にいつも脱帽する!
深い。すごく深いのだ。あとからその深さにさらに驚く。

コースが見えない領域で促がしや導きをしたのは、わたしたちも数体験ある。
この体験、この気付きを言わんとしていたのか・・・、このことを指していたのか・・・、という体験をさせられたり。
とにかく起きるプロセスは絶妙だ!
伝えた言葉によって、わざと印象を残させたり、必要なプロセスを体験させるためにわざと時間をあけていたり。
結局わたしたちは、こういうやり方や、なぜ?・・・の不思議さを、あとになって知ることになる。
このやり方は、何もコースだけではない。
高次たちが用いる援助のやり方に共通して見受けられる。

選択、自由意志の配慮がそこには含まれている。

コースも含め、高次たちは、真実をそのまま語るので、〜を提案します・・・と言うよりそのまま語る、〜してください、と。
これは真実の見解からすればの、当たり前の話し方をする。
顕在意識でどのように相手が理解していようともいなくても、スピリットの真実として話す。
ゆえにわたしたちは、彼らの話し方はそうであること、そしてそこには自由意志・選択が自分側にはあることを自覚した上で話しに耳を傾けてもらうように伝えられている。

高次たちは自分たちの真実をごく当たり前に話す。
そこで、食い違いや誤解なきよう、そう伝えてきていた。

ところが最近、〜提案します・・・と発したことがあり、驚いてその内容やその相手を振り返ってみると、やはり相手や状況を選んでいるようだ。
めったにそんな話し方はしないが、相手や状況の成熟さや抱えている問題・障害に関連しているようだ、しかも深い意味で。



p。s。
その後、4月12日にコースから確認が取れた。
やはり瑠璃ちゃんを目に見えない領域から促がしたとのこと。
次、逢うまでの時間短縮ね!と、笑っていた。
もちろんそこには彼女の気づきの自由意志、選択があり、彼女が引き寄せる引き寄せない、あるね、と。
次のワークまでに実践しておいてほしかった&彼女の役割を担う力を促進させるため&今、必要なこと・・・と言っていた。













のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 18:53| 13 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。