☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年04月24日

高次のメッセージの奥深さ

ここ1週間ばかり、蓮とともに色々なレッスンをさせられている。
最初はなんてことないと思いながら進んでいたのだが、2日目にとんでもないミスに気付いた。

たった1行のメッセージの読み違いで、クタクタになるぐらい歩き、疲れ果ててしまった。
メッセージを聞いたときの、文章の前後が繋がっているという思い込み(既成概念)から事は始まった。
その1行をきちんと理解していれば、蓮も俺もクタクタにならずに済んだものを、勝手な思い込みがそのような結果を導いてしまった。

そこで済めば・・・というはずもなく、次の日もまた同じような過ちを犯してしまった。
今度は情報収集不足。
メッセージを聞きながら、頭の中には、ある特定のものが浮かんでいる。
そしてそのメッセージ通りに物事を進めていったのに???
頭の中にある特定のものは俺が決め付けていたこと、高次からのメッセージはその特定のものを含んでおらず、その特定のものの情報を聞こうとすらしていなかった。
もしその情報を少しでも聞いていれば、ひょっとして疑問が浮かんだかもしれないし、直感が働いたかもしれない。
しかしそこに働いた勝手な決め付けによって、事はまた違う方向へ進み始めた。

するとそこには時間のズレというものまで関係しており、そのズレがさらにズレの拍車を掛ける。
どこまでズレていくのか、まったくわからない状況に陥ってしまった。

事の始まりは、複数の情報に対して優先順位を付けずにいたこと。
もし、その優先順位がはっきりしていれば、こうはならなかったかもしれない。
しかし、事のズレは始まり、その収集に高次もメッセージをくれながら見守ってくれている。

そして、そのズレがどこまでか見えないまま委ねることを試される。
移動距離を片道2時間かけても目に見える成果は伴わない場合もある。
普通に考えれば無駄足としか言えないような状況。
そして、果てしなくいつまで続くのかわからない状況。
しかし、委ねる、待つ、耐える。

ある瞬間から忍耐力を試されるようになりだした。
答えはすでにそこにあるのに待つしかない状況。
それにもどかしく感じていた俺の心の声が高次に届き、こちらから動くように促される。
ここで答えを得られる可能性は、今思えば10%以下だっただろう。
それも動いた結果、学んだ答えである。
それに付き合わせてしまった蓮には申し訳無いが、俺には非常に学びが大きかった。


結果的に何をさせられているのか、ようやく1週間かけて理解できたような気がする。
答えは、パートナーに委ねるということ。

この答えは、漫画の「NARUTO」からも学んでいた。
それを実地で学んだのだ。

「NARUTO」とは、簡単に言うと忍者が修行しながら成長していくという漫画である。
ここで出てくる忍者は、任務にあたりスリーマンセルといわれる3人1組で行うことが基本となる。
ここの能力ももちろんのこと、そこにはチームワークが問われる。

忍者の最大の仕事というのは、与えられた任務を遂行するということにあるのだが、しかし、もうひとつ重要な仕事がある。
それは、3人揃って里に帰ってくるというものである。

与えられた任務を遂行するために作戦を立てる。
各自に役割が与えられそれを遂行するのだが、それには仲間を信頼するのと同時に自分の役割をきちんと遂行する。
決して役割以外の行動をしてはならないというところにある。

例えば、たった1分自分の分担の仕事が遅れれば、仲間の命に関わる事態に陥る可能性がある。

これはスピリチュアルにおいても同じこと。
自分のスピリットがコミットして地球に降りてきた役割が各々にあるにも関わらず、その役割をせずに他の者の役割を奪い取るような行為をしてしまう。
これはよく起こり得る話しなのだが、本当の意味で役割に徹することは非常に難しいと思える。

何故なら、そこには思い込みや情報の読み違え、読み取り不足など、既成概念が邪魔をすることが多々あるからなのである。

本当の意味で委ねる。仲間に委ね、高次に委ね、自分の内に委ねる。
これほど難しいことはないと感じる1週間であった。

難しい、でも楽しみながらやらないと苦しみしか残らない。
まだまだ楽しみ方を知らない自分も発見した。(笑)



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 21:09| 04 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。