☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年03月27日

ワンダラー

劇的な1日
↑はっきり言って消化不良だ。
まるで人事。
まるで本か何かを読んでいる気分だ。

0326:2006
Vol.2
Wanderer.
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
123b.ren.jpg


マルデックぅ?・・・なんか聞いたことがあるなぁ。
宇宙戦争?・・・本当にそんなことがあるのかぁ?


シフトについては、わたし個人しっかりと確信をもって認識しているので何ら驚かない。
古い魂だということも、今まで何人かのライトワーカーたちに言われてきている。が、自覚はない。

クンダリーニが健康とか不健康とかにまで関連しているのは、まったく知らなかった。
だが、クンダリーニが霊的成熟に大きく関与しているのは、スピリチュアルセックスを通し自分自身が体験してきたことで、はっきりその通り!だとわたしは断言できる。

日記を書く前、たまたま龍が、
「今はこの本はいいや。」と言って、家から我が家に持ってきたある本をテーブルに置いたのでチラミしてみた。
すると日記に関連するかのように、以下の文章のページが開かれた。



ETの魂をもつ人々

『宇宙人の魂をもつ人々』という本がある。
その原書はベストセラーになり、全米の科学界を震撼(しんかん)させたという曰くつきの書である。
著者のスコット・マンデルカー博士は、1962年にニューヨークで生まれた。
少年時代から自分が抱いてきた心理的な違和感の原因を探り、そこから自己を解放するために米国とアジアの仏教寺院で数年間の修行僧の生活を送った。
87年にコロラド州のボールダーで仏教の学士号、90年に修士号を取った後、サンフランシスコでカウンセリングを開始する。

92年にカルフォル二アで東洋・西洋心理学の博士号を取得、テーマは西洋の基本心理学と東洋の宗教を結合させたもので、現在は世界各地で霊的な進化やETの魂をもった人たちの覚醒を促進するという幅広いニューエージ活動を行なっている。

マンデルカー博士によると、この地球上には約1億人もの「非地球出身者」、「宇宙人」、博士独自の表現によれば「ETソウル」(ET人格者)が住んでいるという。
もちろん博士のいう意味は、ひそかに異星人が地球に移住しているという意味ではない。
高次(地球より文明度も精神レベルも上位)の多くの天体から「ソウル=魂」だけが霊体として、地球人に転移してきているというのである。

博士によれば、ETソウルは2つに大別できるという。
ひとつは異星から転生してきた霊が、地球人の胎内に宿って誕生した人、もうひとつは、異星人の霊が地球人の肉体に入り込んで、いい意味での人格転換を起こした人である。

博士は、前者を「ワンダラー」、後者を「ウォークイン」と名づけ、地球に来ているETソウル1億人の内、95%がワンダラー、残りの5%がウォークインだという。
ただし、自分がETソウルだと自覚している者は、全体の15%にも満たないらしい。

ETの魂をもつ人たちは、無限の創造の中で開示する偉大なプロセスとの密接な関係について語り、ひとつの国家、文化、民族には単純に収まりきらない大きな帰属意識をもつ。
また、「地球は意識の一大転換期にある」と認識しているのだという。

1億人といえば地球人口の約60分の1、60人に1人がETソウルということになる。

一言で言えば、多くの意味での価値観の違い、そして疎外感に悩み苦しんでいる人が文字通りのエイリアン(疎外された人)ということになる。
むろん、マルデルカー博士の主張を裏付ける科学的証拠は、目下のところ皆無だが、これは科学の問題ではなく、信念あるいは信仰の領域に属する問題である。
だから信じようと信じまいと各人の自由である。

博士の考え方の基盤にあるのは、キリスト教的な宇宙論と仏教の輪廻転生論、それに最新のチャネリング情報を融合させたニューエイジ哲学である。
宇宙の本質とはワンネス(完全調和した一体性)であり、わたしたちにとって「生きる意味」とはユニティ(神との一体化)の達成にあると考える。
それも物質的な進化ではなく霊的な進化で、そのためにわたしたちは人生経験から真の愛と寛容を学び、自己啓発を続けながら霊的進化(霊性の密度)の段階を一段ずつ上がっていかなければならないという。

地、水、火、風の基本物質という段階から心(マインド)と体(ボディ)を持つ動植物のレベルへと続き、心と霊(スピリット)がスパークして意識をもち、人間のように魂(ソウル)が宿った存在が第3段階である。
ここで人間は転生する際の進路の選択を迫られ、そのままこの段階に留まるか、霊性を高めて第4次の段階に上がれるか、あるいは第2のレベルに墜ちるかの三者択一であるというのである。









↓(左)参考図書
 




のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 19:25| 12 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。