☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年04月30日

マスター・ガイド・キラエルが語るマトリックス・リローデッド

ホノルルのある教会にフレッド・スターリング牧師という人がいる。
この牧師さんは、なんとチャネラーだそうで、15年以上に渡ってマスターガイド、キラエルという存在をチャネルしているそうだ。

0428:2006
vol.2
top_main02.jpg
Copyright (C) Walkerplus.com Inc. All rights reserved.


出版、無料ヒーリング、公開チャネル、個人セッション(有料)、インターネット・ブロードキャストでの無料チャネル相談などを通して世界中にキラエルの愛と光と英知を紹介しているとのこと。
『ホノルル光の教会』の創立者、牧師としても地元をはじめとして世界各国のライトワーカー達にインターネットを通して彼独自の愛と光をもたらしているそうだ。


彼がチャネルしているキラエルは7次元マスターだそうで、人類が『意識の偉大なるシフト』と呼ばれるものを通過するにあたっての必要な癒し、進化経験をサポートするため地球に奉仕することに従事している愛に溢れる光のスピリット・ガイドなのだそうだ。
媒体であるフレッド・スターリン牧師を通してキラエルは、この『偉大なるシフト』が、母なる地球がエネルギーを再調和させる時であり、人類が輝くべき新しい意識の時代に進化していく大いなる喜びと祝福の時であることを、その深遠なる英知をもって人々に伝え続けているんだそう。

そのキラエルが、ガイド世界の観点から映画を楽しむよう、マトリックス(リローデッド)について語っている・・・というのが、ふいに思い出した雑誌の内容だった。
以下がその内容。



この映画をご覧になられるすべての方にまずお伝えしたいのは、この映画を6つの完全に相違する意識レベルにおいて観賞することができるということです。
つまり簡単に言うと、各自が多次元意識に開こうとする度合いの強さに従い、核当するレベル意識でこの映画を観ることになります。

そしてこの映画を観るにあたって最も覚えていてもらいたいことは、このアドベンチャー映画の最初で語られたこの言葉です。
「あなたの現実を恐怖によって支配させないように。」

●レベル1

このレベルは、鑑賞者がほとんどの場合、繰り広げられるアクションや出演者のコスチュームにばかり気がとられて、隠されたメッセージを追求する意図がまったくないレベルをいいます。
そういう意味で、この映画はそういうレベルのおびただしい数の人間意識を目覚めさすために創られたと言っていいでしょう。

●レベル2

このレベルになると鑑賞者は、この映画が目に映るもの以上の何かがあることを感じはじめます。
そして、この『リローデッド』が前回のオリジナルに比べて少しすっきりしないと感じるかもしれません。
それは、鑑賞者が前回のオリジナルを見て、この作品がどのような映画であるべきかという期待があるからです。
でもそういう期待があるとガッカリしてしまいます。
この作品は、見る者の意識を拘束によって抑制されないレベルに移行するものです。

しかしレベル2で見る人の中には、『恐怖』が未だに人生計画の一部である可能性があります。
そういう人々は、この作品に対して最も意義を唱えるものでしょう。

●レベル3

このレベルになると、自分の中の探求者が現れてきます。
ここでは、オリジナルの『マトリックス』が公開されてから世界が変化したために、脚本化がこの作品を新しいレベルに引き上げる必要性があったのではないかという可能性を感じます。

しかし、それでも何か欠けているような感じにとらわれます。
この作品の意義をもっと理解したいと願いながらも古い信じ込みによって、まだ意識を支配されているからです。
このレベルの人たちが、この作品を何度も何度も繰り返して見る必要性があることは明確でしょう。

●レベル4

この意識レベルでは、まるで人間としての意識(10%)が、別のいくつもの現実に分裂して引き込まれていくように感じるかもしれません。
こういう意識の状態では、光景、サウンド、そして感情の動きまでもが、スクリーンから映し出される理解しがたい多数の可能性に対する答えを見つけようとする要因になります。
そしてその瞬間、瞬間に答えを見出していきます。

●レベル5

意識を2つに分けることは可能でしょうか?
この作品をこのレベルで見ると、長年に渡って問われてきた質問が、新しい気付きが勢いよく溢れるように出てくることでしょう。
あなたと同じような気付きがない周りの人々が、あなたに黙っていてもらいたいと思っても、あなたは感嘆の声をあげずにはいられないでしょう。
まだ肉体の中にいるという制限を受けている中で、多次元的気付きを経験することがどんなことか想像してみてください。

●レベル6

もしあなたがこの作品を、このレベルで見ることができるのならば、そこに何の説明ももはや必要ではないでしょう。
ここでは映画の全体のテーマが、あなたがまだ本で読んだことしかない「シフト」というものになります。
こういった出来事が・・・まったく別意識のレベルにおいて・・・現実の世界において過去、何度も起こったことを思い出せてくれる視覚的、そして感情的な経験をさせてくれます。

そして、脚本家が地球で起こっていることについて隠された秘密の情報を知っていると感じることでしょう。

・・・・・・

人類は、マトリックスの外の世界へと目覚めていくまでに、どれほど待ったことでしょう。
地上の「私たち1人ひとり」が支配というものがなく、英知の目でお互いを見ることができる世界が来る日を、どれほど長い間、望んだことか。

この作品は、従来の人々の時空のコンセプトを変えるものであり、人類の意識が通過しているエネルギーに肉体が対応できない場合は、受ける衝撃の強さのあまり、見る者を席から立てなくすることでしょう。
「不思議の国のアリス」がウサギの穴を見つけたときのように、今まで出会ったことがないような意識空間へよろめき入りこんでいくことに気がつくでしょう。

あなたのハイアーセルフの意識が、同時に2つのレベルに目覚めるという意識の贅沢を味わい、文字通り覚醒している間、あなたの意識はじれったい思いをすることでしょう。
実際は、あなたは光の速さで展開されてゆくドラマに魅了されていると同時に、各シーンの背景にある真実、信頼、情熱にも気付いているのですが。

世にほとんどを知られていない脚本家、そしてディレクターである2人の兄弟によって創られたこの素晴らしい作品は、この世界以外の存在の力によって完全に導かれて創られたものです。
彼らのハイアーセルフは、認識されうる意識レベルのほとんど全レベルの世界のスピリットと統合したのです。
彼らは、全レベルで意識が覚醒した状態に導かれてこの作品を創ったので、作品内の魔法のような会話のすべてがどこから生み出されたのかはっきり分からないことでしょう。

この映画は、あなたの魂の旅の道を選択するにあたって、新しい方向づけを与えてくれるバーチャル版、意識媚薬です。
あなたがたった今、通過している意識のシフトに新しいアドベンチャーを加えてくれることは間違いないことでしょう。

この映画を1つの意図のみをもって見てみてください。
そうすることによって、あなたが長すぎる間かかえていた限界の思考から自らを解放する手助けになるかもしれませんから。
「もしこれが本当だったら・・・」と、心を開き、「意識の偉大なるシフト」においての新しい理解を得ることを自ら許してください。

友よ、ザイオン(ユートピア)にようこそ。
拡大しゆく魂の世界で、自分の意識を無限に広げてください。
「意識的に創造できる」という信念を持ち、進化の経験を繰り広げていってください。
そして、友よ、楽しんでください、心から。










参考雑誌




のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 17:46| 13 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。