☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年04月30日

わたしにとってのアセンション

アセンションって何?
これを読んでみて、やはり全体も個におけるものも、どちらもアセンションと呼ぶということ。
だがわたしは、個におけるアセンション過程そのものを体験しているだけに、やはり何を指すかには全体のアセンションをシフト、個はアセンションと活用したいと改めて感じた。

0428:2006
Vol.3
Ascension for me.
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
130b.ren.jpg


わたしが体験しているアセンションは、スピリット自身である霊的な自分そのもの(ハイアーセルフ、大いなる自己)と、顕在意識を自覚している今ここにいるこの自分自身との統合・融合だ。


このアセンションは、いつも必ずセスの誘導の元、また高次たちの警護の元、クンダリーニを即座に何度も昇華し、アセンション独特の状態を通過し、スピリットと融合する。
そしてスピリットとしての記憶が、ここ地球の誕生から逆の順に次々と、その場でわたしの肉体を用い表現されていく。
龍は、それをそばでずっと見、聞いている。

その内容は、この宇宙全体に及び、宇宙としてこの地球に対し隠している内容にまで及んでいる。
それら記憶には、今、チャネルに関わってくれている高次たちや大天使たち、根源だけではなく、まだチャネルには登場していない名が知れたもの、知られていないものたちも出てくる。

それら高次たちとの宇宙の歴史における計画やシフトの計画、会話、コミュニケーション、高次たちや大天使たちとコーネリアンの立場や関係、出来事、宇宙の評議会におけるその内容などもリアルに、その場で表現されている。

が、残念なことに会話やコミュニケーションにおいては、わたしのスピリットであるコーネリアンが発したものだけが表現され、相手の発言に対する返事などを口に出されても、相手が何を言ってコーネリアンがそう返事したのかは、流れからだいたい分かるときもあれば、まったく分からないときもある。

今日の夜、1週間ぶりにセスがアクセスしてき、第一声がまた「アセンションします!」だった。
アセンションに至った直後にコーネリアンが声を発し、龍に対し珍しくもこう言った。
「これから記憶を戻します。コントロールしないでください。」
そう告げ、即座に記憶が降ろされ始めた。

数時間に及んだあと、なぜコーネリアンがこう発したか、わたしたちはよく理解できた。
その内容が、滅亡したマルデックの星についての内容であり、宇宙戦争の内容でもまたあり、そう至るに渡るすさまじい内容さえも表現されたのだった。
あえてコントロールしないで・・・とコーネリアンが言った言葉に頷けるほどのすさまじさであり、もしコーネリアンに言われてなければ、龍はきっと、あまりにもの内容に止めにかかったかもしれないと思われるほどのものだった。

記憶の取り戻し作業では、その際に味わった感情さえリアルに表現されるので、泣き叫び、うめき、苦しみや葛藤、コーネリアンのスピリットとしての個性や厳しさ、深ささえもリアルに表現されていく。
もちろんその逆もあり、歓喜や笑い、至福、感謝さえの感情も、もちろん表現される。

わたしにとって記憶の思い出しの一番の最初は、それを眺める中からの傍観者に近かった。
コーネリアンが泣き叫ぶじたいのときでさえ、わたしの肉体が涙を流し大きな声で泣き叫んでいるのであって、中のこのわたしにとっては、ちっとも痛くも痒くもない状態なのだ。
その感情さえも肉体で表現されるにすぎず、このわたし自身は、まったくその感情を味わわない状態だった。
もちろん、コーネリアンが笑っていてもである。

ところが3回目に、なんとなくそれらに変化が起き出していることを感じだし、今日の5回目では、はっきりと、このわたし自身もコーネリアンと一体になり始めていることに気がついた。

コーネリアンが感じるすべてを、今までと違い・・・感じ始めだしたのだ。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 18:26| 13 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。