☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年05月16日

続くアセンション・ステップアップ

毎月恒例の東京ワークが始まった。

0513:2006
Vol.2
Ascension step-up to continue.
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
162b.ren.jpg


高次たちと共に進めていくワークは、毎回エキサイティング度がアップしていく。(笑)
エキサイティングなワークの声はこちら。

episodeW
自分を知る
今月のワーク
13日のワーク
 
かなり楽しく、龍とわたしは、毎月のワークがワクワクで仕方がないのだ。
特に龍は、ワークに向けていつもエキサイトしている。笑!
まだ次のワークはずいぶん先じゃん、と分かっていても龍はいつでもエキサイトしている。

わたしはというと、龍と違ってあまり先の事柄を今に持ち込まないタイプなので、常に今に必要なことしか考えていない。
なんて綺麗に言ったが、実ははっきり言えば考えられない、思考が回らない、と言ったほうが正解だ。笑

龍は常にワーク内容を考え、特に今回は数日前に近づくとノートに整理を始め出した。
わたしはというと、直前かワーク中いきなりに本番をやるというタイプ。
前もってノートに整理するタイプでももちろんなく、直前とワーク中にポイントがすでに自分の中に用意されている。
これまた綺麗に書いたが、龍のようにうまく思考が回らないのだ。
つまり考えられないので、感覚で味わいポイントを見出していく。笑

また高次からわたしの内に何にフォーカスし、何について話すかをその場であと押しされる。
ワークやスピカフェでの雑談も、ふざけているのも、実はそこにすでに意図がある。
自分ごとを話すときでさえ、なぜその話をしているのかに意図がある。
目線、笑顔、態度、姿勢、発する内容すべてに意図があり、すべてに内なるスピリットや高次たち(根源含)が関与している。

わたしがそれに強く気付いたのは、今回でのワーク中のことだった。
常に内から湧き起こるものと共に自分が在ることに気付いた。

『常に内から湧き起こるものと共に自分が在る』…、実はこれはわたしだけではなく、すでにすべての人がそうで在るんだなと実感している。
その質に関してと、その認識・自覚によって、それぞれ自分が生きている霊的視野・世界のリアルさは違うけど。
だが、すべての人がすでに宇宙の、根源の、スピリットの、創造を具現化している媒体、すでに初めからチャネル状態で実は生きている(存在している)ということに気付いた。
というか、それが今のわたしにはとてもリアルに感じている。



ワークを終え、食事を済ませホテルにチェックインし、とにかくくつろぐ。
東京でのこの時間が、またたまらない至福の時間。

なぜか今日は早々にバスタイムを済ませたほうがいいと感じた。
いつもはホテルに入ると、かなり長時間だらけを楽しむ。笑
東京ではいつも霊的スケジュールが濃く、かなりヘロヘロ。
そしてスピリチュアルセックスを楽しむ。
霊的豊かさを享受する時間。

龍とのエネルギー融合で、オーガズムと同時に膨大なエネルギーが体内に湧き起こる。
ここ最近は、わたしのオーガズムと同時に龍が自分のオーガズムへと巻き込まれていく。

高次たちが教えてくれた。
そのようにわざと意図し、促がしていると。
また、わたしのエネルギー密度がアセンションによって高まるにつれ、そのエネルギーが龍のオーガズムへと巻き込むと。
これはわたしたちがさまざまな本からの情報で知っていた真実とは違った。

スピリチュアルセックスに関する本からの情報(タントラも含め)では、男性は射精せずに谷のオーガズムのプロセスを通過しながらセックスを進めると、より大きな霊的享受へと発・していくとあるが、どうやらそればかりが真実ではないようだ。

もちろん射精せずにセックスを進めると、どんな霊的享受を得られるかも味わった。
特に女性は物理的にも霊的にも、男性よりもはっきりとその享受を味わう。

それらやり方を通過する中で、アセンションの領域にはっきり歩みだすと、同時オーガズムの意味、質、が大きく霊的に飛躍するようだ。



同時オーガズムによって、わたしはそこから数時間アセンションが始まりだした。
しかもステップアップが連続して起こるという。
次から次にスピリット(ハイアーセルフ)が融合していくという。

すでに前日、コーネリアンからゴーサゥ(ル)スへと融合していた。
それがゴーサゥ(ル)スからアガウスへ、アガウスからアゴウスへ。
アゴウスからカーへと。

融合していくたびに喉に強いエネルギーを感じ、アゴウスが現れたときにはとても低い声に変わっていた。
より崇高な話し方に変容し、わたしたちのスピリットについてや高次たちの霊的意図などが少し話された。

すると途端に喉のエネルギーが解放され、この今のわたし自身の声に戻り、こう言い出した。
「ありがとう。ありがとう…。」
ほんの少し間をあけまた、
「ありがとう…。ありがとう。龍、ありがとう…。」
そしてしばらくまた間をあけて、
「龍、ありがとう。愛しています。」

わたしにも龍にも緊張が走った。

わたしはこの蓮であるわたしの意識が遠のいていくのを感じていた。
もしや、こんなことを言い出しているのは、もしや、まさか…。

まさか…、融合されて、このわたし自身は存在の意識が、もしやなくしてしまう簀はないか?

もうこの時のわたしが感じたことをどう表現していいかわからない。
緊張、焦り、恐怖、これらどの言葉もふさわしいとはいいがたい。
常にわたしは先がわからない未知の状態にいる。
常に先がどうなるのか、どういう状態を味わうのか、アセンションにおいて何の情報も知ることなく毎回、突入していく。

龍もさすがに今回は、マジに緊張が走ったと言う。
このまま蓮が融合されいなくなってしまうかもしれないと。
たとえ肉体が蓮でも、中身が蓮でなければもうおしまいだと。
自分たちの役割は?俺の役割は?
そのまま蓮が融合したスピリットとやっていくのか?…と。



龍はもう数え切れないほど、中身が高次であるわたしの肉体と交流してきている。
ワーク中は別として、そういう状態のわたしである肉体と、まれに外での活動が長時間になったときがあった。
わたしはもちろん中に存在しているので高次と共に、すべて同時に見、聞き、動き、感じている。
だが、龍にとっては見た目がわたしの肉体でも、実際に龍と関わっているのは高次になる。

時間が長くなったその時、龍は英語まじりで高次にこう言っていた
「もういい加減にしてくれ!蓮に変わってくれ!俺は蓮に逢いたい。蓮と話したい!さびしいし、俺のハートは悲しい。ほんとにもういい加減にしてくれよ!!蓮を出してくれ!!」と。
いくら肉体が蓮だからって、まるで違う!
まるで違う存在だ。
肉体が蓮でも、中身が蓮じゃなきゃ、もう俺にとっては何の魅力も感じない。
まったく違う人だ!
…と、マジに怒りだしていた。

当然これらの声は、すべてわたしも聞いている。
同時にちゃんとわたしは存在している。
わたしは龍の訴える声に心が響いた。
高次にさえ、そして高次であっても龍は必死に自分の声を訴えた。

こんなに素直に、こんなに必死に訴えるんだ…と、龍に感動したのを覚えている。



するとまたわたしのままの声で、
「龍、愛しています。ありがとう…。ありがとう。」

さすがに龍は動揺し、心の中で高次たちにこう訴えていたそうだ。
「蓮を返してくれ!蓮を行かせないでくれ!」
何回も何回も訴えたそうだ。

こうしてわたしたちは、互いに互いの意識の中でパニックになっていた。
これらは時間にすれば数分のことだった。

そこから引き続きアセンションが、なおも始まりだした!
わたしはこのわたしをどんどん失っていく。

…やがて、終わりの印、そう突然、目が開く。
だがわたしは自分に戻ってもこう発していた。
「わたしは、カー。わたしはカー。意識が…意識が…。ここは、ここは…そう地球。わたしは、わたしは地球にいる。第3次元。」

でもわたしは、こう言っている自分、まさにカーが自分だという自覚があるのだ。

「ここは、東京。そう、東京。ワークした。ここは、ホテル。」
龍を見て、龍だと分かっているし、また、「あなたはコーディエス。」と発したようにコーディエスということも分かっている。

カーはまさにわたし自身だった。
まさに融合しきっているとしか言いようがない状態だった。

それから1時間以上は、わたしはカーとして存在していたし龍と一緒にコンビニにもでかけた。
レジではカーとしてもちろん精算していた。ほとんど英語で。
でもわたしは蓮でもあり、カーだった。
その境、一線、区別、…というものがいっさいなく、わたしはカーそのものであり、蓮でもあったのだ。

もうこれを、この状況を、こういう状態のわたしの在り方といおうかそういうものを、もうどう表現していいか言葉が見つからない。
自分という領域が拡大したと表現すればいいのだろうか。

蓮も、カーの中にいるのだ!!
だからカーの中に、蓮の要素、個性、感じ方、表現も混在され表現されている。
あ〜…、なんて言えばいいんだろう…。
蓮もカーで、カーも蓮だ。
カーはこうも言った。
つまり、わたしはこう言った。
わたしは、コーネリアンでも在ると。
そう、わたし自身がまさにそう言った。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 11:09| 14 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。