☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年05月30日

お金?貨幣制度?

最近、お金についてのメッセージがあった。(後日、蓮がアップするでしょう)
今月(5月)のワークでも、貨幣制度について軽く触れた。

お金について考えていたときに、行き着いた先が貨幣制度だった。
物質主義と貨幣制度、そこに拝金主義なんてものも関わってくる。


お金が欲しい人って

お金が欲しい(お金儲けたい)⇒ 物が買える ⇒ もっとお金がある(儲かる)⇒ もっと物が買える ⇒ 裕福になる ⇒ 幸せと感じる

単純に、こんな図式が成り立つのかな?と思う。
だいぶ前にイギリスで、ロトくじで一生遊んで暮らせるお金を当てた人のニュースを見た。
確かその時(15年ぐらい前だったと思う)の最高額で、数十億円だったと記憶している。

で、もちろんその人は仕事も辞めて、今までやりたかったことをやり始めた。
でも、それも2年しか続かなかった。
2年後、彼は仕事に就いた。

「最初のうちは面白かった。でも、その内やることがなくなってきて、退屈になったから仕事に就いた。」

風なことを言っていた覚えがある。

そして今、ある彷徨える魂がdozenの元に訪れている。(『迷える霊との対話』みたいなことしてます。)
彼はブローカー、小金持ちと言っている。
彼の執着はもちろんお金。

でも不思議なことに物欲は無いという。
呑みに行ったりもするが、それは仕事。
彼は早く家に帰ってゆっくりしたいと言う。
ゆっくり寝たいのだと。
趣味もなく、一生懸命お金儲けだけを楽しんでいる。

不思議なことに、お金が手元にあると物欲が無くなるらしい。
そして彼らの口から、幸せという言葉がなかった。

何でだろ?

上に書いた図式が成り立たない。
俺が単純すぎる?
それもあるとは思う。

お金も含めて、物が豊かになれば幸せなのか?
という疑問にぶつかる。

それは誰の幸せ?
という疑問もある。

結局、
『自分だけ。個人のため。自己満足。』
なのでは?

「家族や好きな人を喜ばすためにお金を稼いで、物買うんや!」
なんて人もいるかもしれない。

喜んでくれたら嬉しい!
当たり前。

でも、喜ばなかったら?

ガックリするの?
それとも、これだけやってんのに!!って怒るのかな?

こんな反応って、エゴイスティック。
人を喜ばすと言いながら、実は自分の自己満足と違うの?
そこに期待を持っているからじゃないの?


そもそもお金を儲けることと、お金があるってことは違うのじゃないのか?
お金を儲けるってことは、単なる手段。
お金があるってことは、その状態。
幸せというのも、状態。

お金(という物質)があるという状態が、幸せな状態と繋がる。
まさに物質主義そのもの。

物質があれば、幸せになれるいう考え方。
依存としかいいようがない。

しかしそれは、お金というものの価値観があるから成り立つ話しである。
つまり、お金って貨幣制度があるから成り立つ。

そもそも貨幣制度って何?
貨幣制度って、1万円は1万円として、価値は変わらない。
誰が、どのような手段で使っても、稼いでも。

その手段が得意であろうと、不得意であろうと。

使うことより、稼ぐことに着目したときに、疑問が沸き起こる

1万円稼ぐのに、ある人は半日、でもほかの人は1日かかったとする。
稼いだ人から見た1万円の価値は同じだろうか?

0.5(日)=1(日)が同じ価値として扱われる?

そこに投じるエネルギーは同じ?
1万円稼ぐのに、ご飯の食べる量(必要経費)は同じ?
労働の疲れは同じ?

どう考えても、全ての人にとって1万円が同じ価値という貨幣制度って平等と思えない。

みんな、どう考えてるのやろ・・・。





のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^

   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 18:36| 05 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。