☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年06月02日

サナンダという存在、そしてダ・ビンチコード

*お願い…今日の日記はとっても長い。関連しあうリンク日記もぜひに読んで欲しいからだ。長いけれども大切なわたしの真実が書かれている。



るりちゃんのブログを見にいくと、サナンダのことが書かれていた
サナンダ、サナンダって触れてきているけど、結局サナンダって?…というのが心のどこかにあったらしい。

0601:2006
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
234b.ren.jpg


するとふと、鞍馬散策を共にしたときのガウスの声を思い出した。
「で、サナンダって、つまりは誰なんですか?」笑



わたしたちに伝えられたサナンダ自身からのメッセージには、こうある。

サナンダは、キリストエネルギーを司る存在
根源と共に活動し、はるか彼方からずっと奉仕し続けている
そして何度も人間としてこの地球で存在したこともあり、dozenとも一緒に生きていたことがある。

サナンダのエネルギーには根源の愛が多く反映されている
あらゆる知恵、叡智が含まれ、特に奉仕精神が強く促される
それは神(根源)の特質
ゆえにそのような神の特質を多く引き出されるのだがその分恐怖のエネルギーも引き出される
なぜならそれも癒し、愛なのだから。

そしてそのエネルギーを注がれた人は、より自分を知ることになる

全宇宙の愛がひとつに調和し、躍動するとき、宇宙に奇跡が起こります。
必然でもあり、皆が長く待っていたことでもあります。

すでにある愛を本当の意味で知るには、この一瞬一瞬の今を生きること。
この意味を本当に知れたとき、あなたの真実になったとき、本当の自由、創造、愛を体感して生き続けます。

宇宙の法則をより知っていくことが非常に進歩の早道、体得してください。
キリストエネルギーには、それらの目を覚ましていく力があります。
わたしたちが常に愛で結ばれていること、本当の意味で自分のものにされてください。

わたしからの愛のメッセージです。
2006.04.02 23:19



これはサナンダからの初めてのアクセスのときに語られたものだ。

もうひとつ、知らずにわたしは、去年の日記に、ある本からサナンダの情報を載せている
そのある本は、「アセンション・ハンドブック」。
ぜひ、その情報を読んで欲しい。(下線引きの緑文字をクリックして下さい。)

さらに、この情報に関連する日記をわたしは以前に書いている

この情報の抜粋も、わたしの関連日記も、サナンダの独特なエネルギーについて触れている。
そのエネルギーとは、サナンダ自身が初めてのアクセスのときに語った、

『サナンダのエネルギーには根源の愛が多く反映されている。あらゆる知恵、叡智が含まれ、特に奉仕精神が強く促される。それは神(根源)の特質。
ゆえにそのような神の特質を多く引き出されるのだが、その分恐怖のエネルギーも引き出される。なぜならそれも癒し、愛なのだから。
そしてそのエネルギーを注がれた人は、より自分を知ることになる。』

という、これ自身に合致しており、特に、
ゆえにそのような神の特質を多く引き出されるのだが、その分恐怖のエネルギーも引き出される。なぜならそれも癒し、愛なのだから。
そしてそのエネルギーを注がれた人は、より自分を知ることになる。


という、ここにフォーカスされており、掘り下げられている。
なぜ恐怖も引き出されるのか・・・。
また引き出された恐怖は、どのように具現するのか。

その具現のわかりやすいひとつが、イエスの処刑、そして処刑にいたるプロセス(庶民や王たちなど含)だろう。
その法則のさまは今も、世界各国(宇宙も含)で見られる。



サナンダのエネルギー自身、大いに宇宙法則、そして無限の愛、さらにはアセンション(個人も含め)に深く反映しているので、わたしはぜひに!これらサナンダのエネルギー自身、そして『なぜ恐怖を引く出すのか』という点を理解し、味わってほしいと切に感じている。



そしてるりちゃんが教えてくれている、「アトランティスの叡智」の最後の章にあるサナンダの情報を読んだ。
ぜひ、これも大事なひとつの情報として読んで欲しい。

サナンダ自身がアクセスしてきたときに言っていた
『ずっと奉仕し続けている』
『何度も人間としてこの地球で存在したこともあり』

『サナンダのエネルギーには根源の愛が多く反映されている。あらゆる知恵、叡智が含まれ、特に奉仕精神が強く促される。それは神(根源)の特質。ゆえにそのような神の特質を多く引き出されるのだが、その分恐怖のエネルギーも引き出される。なぜならそれも癒し、愛なのだから。
そしてそのエネルギーを注がれた人は、より自分を知ることになる。』

という、サナンダ自身の言葉が、アトランティスの叡智の情報と合致している。



さらにそのあとわたしはアマゾンで『サナンダ』を検索してみた。
すると「リヴィング・オン・ライト」という本の中で、サナンダに触れている文章があるという。
この本の著者は女性で、光(プラーナ)だけでもう何年も生きている人だ。
その中でチャネルされた文章にこうサナンダのことについて書かれていた。




愛する者よ。
あなた方がサナンダとして知る者の意識は広大です。
イエスとして具現化したのはサナンダ本人ではなく、彼の存在の一側面です。
イエスとして知られる者は、その高く保たれた波動と精妙なる周波数によって高次元の世界から「聖杯」として用いられ、当時のあなた方の世界に刻印を残し、メッセージを伝えたのです。

でもイエスは、彼個人の意識を所有しています。
この意味がわかりますか?
彼は自らを進化させつづけましたが、あくまでもサナンダの光によって支えられながら大いなる目的のために奉仕したにすぎません。

サナンダはその姿を現すとき、イエス・キリストの姿をまといます。
それがあなた方のハートに訴えることを知っているからです。』



これを龍に読むと、「よくわかんねぇ。笑」と。
そこでわたしはこの内容を、こう置き換えて解釈した。

あくまで例えで自分を例に出した。
サナンダをわたしのスピリットのスフマーに置き換えた。
コースがスフマーを広大なスピリットと言っていたのを思い出したからだ。

そのスフマーにいたるまでは、こうだ。
まずここ(地球)にわたし、蓮がいる。
最初に融合したわたしのスピリットは、コーネリアンで、何度もアセンションを繰り返しながらスピリットが深まり(そのたびにスピリットの名前が変わる)、ラストのスピリットはスフマーだ。

スフマーはこう言っている。
数々出てきたスピリットも、コーネリアンも、すべてはスフマーだと。
ひとつのスピリットだと。
そしてまたスフマーは蓮でもあると。そう言った。

サナンダもイエスについて同じことを言わんとしている。
『イエスとして具現化したのはサナンダ本人ではなく、彼の存在の一側面』
『イエスとして知られる者は、高次元の世界から「聖杯」として用いられ』
『でもイエスは、彼個人の意識を所有』
『彼は自らを進化させつづけましたが、あくまでもサナンダの光によって支えられながら大いなる目的のために奉仕した』

さらに、スフマーになった今でも、コーネリアンの記憶の蘇りは進んでいる。
つまり、イエスが彼自身の個人の意識を所有しているように、コーネリアンもコーネリアン自身の個人の意識を所有しているのだ。
その意識、その記憶が必要とあらば、その記憶の蘇りが行なわれている。

この比較を地上にいる人間として比較するならば、イエスと、このわたし蓮になる。
蓮は今、アセンション中だ。
自分にキリストエネルギーが降りている、つまり繋がりあっているのを自覚している。
というより正直言えば、スピリットや高次情報で聞いているから、というのがふさわしいかもしれない。
彼ら曰くは、わたしのエネルギー?オーラ?は、コーネリアンとの融合の時点で数キロ先まで広がっていると言われた。

最初、この意味がわからなかったが、スフマーが多くの声を聞くことができる、という点から据えると…、言わんとする意味がわかる。
スピリットが、いかに多次元の存在であるか、ということだろう。
スフマーから伝わる声は、パラレルワールドの根源から始まり各次元、そして霊者や幽玄にまでもいたる。
(幽玄の場合は、マーシーバンドが間に介在しているが。日記としてアップしていないが、今現在「迷える霊との対話」が始まっている。)

ここで「アセンションハンドブック」の情報と繋がる。
ここにはどう書かれていたか、イエスのような状態は、


「スピリット」が歴史上のたとえば、キリスト、仏陀、クリシュナといった役割を演じたとき、それは一体感と根源の無条件の愛をこれらの体・・より低いフィールド内を一掃して、高次元の高い周波数のエネルギーを扱えるほど充分にフィールドを融合した、あなたがたのような人間たち・・を通して表現していたのです。

このことは第1にあなたがたが自らを無条件に愛し、第2にあらゆるものと一体であることを知るという、この2つがなされたときに自動的に起こります。
そうなったら、無条件の愛は避けられません。
*注:訳者が「無条件の愛」と訳しているが、わたしはこれを「無限の愛」と訳したい。

「スピリット」と一体であるあなたがたはそうした歴史上の人物と寸分たがわぬ「素材」でできているのだし、あなたのスピリットをつくる「素材」がまさしくサナンダすなわちキリスト機能を遂行するものなのです

イエスという歴史上の人物はアセンデッド・マスターの転生でした。
そのマスターのフィールドは、「スピリット」の(キリスト化次元からの)高周波エネルギーを溶け込ませられるほど、つまり物質界で彼がキリスト/サナンダ機能を発揮できるほど、十分に清められていたのです。
その生涯の彼は非常にオープンなチャネルだったので、「スピリット」がキリストエネルギーをそのフィールド内に体現できたのです。
そして彼のフィールドに足を踏み入れる者は誰でも、そのエネルギーを体験することもできました。』

と、ある。

『高次元の高い周波数のエネルギーを扱えるほど充分にフィールドを融合した、あなたがたのような人間たち・・を通して表現していた』
『「スピリット」と一体であるあなたがたはそうした歴史上の人物と寸分たがわぬ「素材」でできているのだし、あなたのスピリットをつくる「素材」がまさしくサナンダすなわちキリスト機能を遂行するものなのです』と。

つまり、人間は誰でも自分次第で、『誰でも』これら可能性をすでに持っている、内包しているということ。

わたしは今、このプロセスに入ったばかりに過ぎない。
個人がアセンションするというのは、簡単に言えばつまりこういうことであり、アセンションというものにサナンダという存在は、きってもきれない存在なのだ



そして今、Peaceにはサナンダの子供たちが集まってきており、これからも集まってくるという。
特に今、集まっている者たちは、スピリットとして濃厚に濃い関係の者たちばかりであるということがわかっている。
もちろん、これはたまたま(必然)Peaceにサナンダの子供たちが集まっているに過ぎず、他にも他の子供たちが集まっているようだ。

高次たち、サナンダも含め役割があるように、わたしたちにもわたしたちのスピリットが自ら選択した役割があるに過ぎない。
役割というのは、どのスピリット(どの人間)も自分で選択した役割をもっている
誰が誰より特別ということはなく、もし特別視を持つなら、特別視した本人がそういう「価値観」や「真実」を内に抱いている、ということだ

それはエゴのなにものでもない。
そしてエゴというものに関連し、自分たちが創造したものに「輪廻転生」がある。
個のアセンションと密接に関係してくるのは、この輪廻転生を自ら手放すことも必要になってくる。

これら自己スピリットの融合は、次元降下(ディセンション)と呼ぶもので、アセンションのプロセスには必ず起こるもの。
次々に自分のスピリットが自分に融合(降下)していく。
この降下が完全に終了したら、今度は次元上昇、そう本格的なアセンションが始まる。
降下し上昇に向かうその点、折り返し点を「シフト」というそうだ。(龍に教えてもらった。詳しくは「アセンションハンドブック」だったか、「ライトボディの目覚め」だったかに書いてあるそう。)

スフマーが数々のスピリットをひとつのスピリットだ…と、表現するように、これらディセンションもアセンションもひっくるめてアセンションという。



「リヴィング・オン・ライト」の本からの抜粋に『聖杯』とあった。(上記抜粋参照。)
そこで言われている聖杯の意味と、ダ・ビンチコードに出てくる聖杯の意味は、実は同じものを指しているとわたしは感じている。

ダ・ビンチコードで言わんとするあの聖杯を意味する女性。
彼女はどんな役割を担っていただろう?
そう!!
真の真実をこの地上にもたらす役割。』
真の真実を公にし、真の真実と共にこの地上で生きる役割。』
これそのものが聖杯だと、わたしは感じている。

聖杯は何と関連している?
そう!!
アセンションだ。しかも個のアセンションだ。
アセンションと共に、人は真の真実を生き始める!!
輪廻をいきるのではない!

そしてさらにあの映画は、輪廻を生きずにここに生きる役割を、自分で選択したスピリットたちへの熱いメッセージでもあるのだ!!

聖杯を意味する女性には、彼女を守護する者たちがいた。
いや、互いに互いが守護者なのだ。
つまり、その全員が聖杯なのだ。
彼らは目的を共有し、共に歩みを進める仲間であり、真の真実を全員が生きている!

ダ・ビンチコードは、真の真実を隠す者たちのエゴを描くとともに、真の真実を生きる者への熱いメッセージも描いている。
真の真実を隠す者たちは、何も人間だけではない。
その背後には、霊的存在たちもいる。

真の真実を隠すための霊的真実が、この地球にいかに蔓延してきたか、今も蔓延しているかその事実に気付きなさい!真の霊的真実を見極められる目を養いなさい!という、ひとつのメッセージ映画だとわたしは感じている。
関連記事⇒ゴーウェストが強い口調で語った









  



参照図書
 




のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^

   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 22:43| 15 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。