☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年06月02日

666のメッセージ

ドーリンバーチュのスピリチュアルメッセージの中に、天使からの数字のメッセージというものがある。
そして、最近蓮を初め、Peaceのメンバーにもこの数字の話しが出てくる。

〜 抜粋 〜

『666』
あなたの思考が今バランスを欠いています。
物質的な世界に焦点を当てすぎています。
この数字の羅列は、天界と地上の間の思考のバランスをとるように言っているのです。
有名な「山上の垂訓」のように、天使はスピリットや奉仕をすることに集中するように言っています。
そしてその結果あなたの物質的・感情的なニーズは自動的に満たされると知ってください。

〜 抜粋 〜


簡単に意味はわかる。
強いて言うなら、「山上の垂訓」が? というぐらい。

山上の垂訓とは、
『新約聖書内マタイによる福音書5章から7章に記されている、イエス・キリストが山上で語ったという教え』
らしい。

どうも、
『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』これがたいせつな第一の戒めです。
『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。
というのが大切な部分のようだ。


しかし、蓮のイメージするものは違う。
海外で『666』と言えば、『悪魔』を記すメッセージ。
その意味合いで、蓮がメッセージを感じるらしい。

しかも、これも聖書からくるものらしい。


別々に意味するのか、両方が関連しあっているのか。
どうも関連しているように思えてならない。

思考がバランスを崩すとどうなるのか?
エゴに陥るパターンが多く見受けられる。

その戒めを『山上の垂訓』で表現しているのでは?
と考えると、
バランスを崩している現状から、悪魔(闇)が活動し始めているというメッセージとも取れる。

その具現化が、’06、6、6から上映される『オーメン』ではないだろうか?
この具現化の意味は、こういう世界が存在することを知らせるのもあるだろうし、闇の活動を知らせる目的もあるのではないだろうか。

『ヨハネの黙示録』に示されているとプロモーションビデオにも出てくるように、『ダヴィンチコード』に続いて聖書に関わる話し。


キリスト教をほとんど知らないが、何故こうも聖書は話題に事欠かないのであろうか。

そもそも聖書の成り立ち事態が変だ。
それに関連する記事を『週間ポスト』で読んだ。

聖書とは、いくつかの書を審議の上で選ばれまとめられたものらしい。
そして、選ばれなかったものは処分された。

しかし、その一部の福音書『ユダの福音書』がエジプトで発見されているという。
そこには、ユダがローマにキリストを売ったというキリスト教の教えの事実が書かれていたと言う。
実は、ユダがキリストを売ったというのではなく、ユダはキリストに言われたままに従ったというのだ。
キリストがユダに、キリスト自身をローマに売りなさいと言ったと。

これでは真実が逆さになったように感じる。
ユダは裏切り者とされ、キリスト教から忌み嫌われている。
しかし、これが真実と知たら何故ユダは裏切り者なのか?
裏切り者とみなされるともユダには伝えていたのにも関わらずだ。

全く変な話しがまかり通っている。

教会は、信仰だけを教える。
信仰だけを教え、真実の追求を教えない。
牧師は聖職者、だから間違いは話さないなどとのたまう。


『ダヴィンチコード』は、キリスト教を題材にした世界が描かれ、信仰の裏側にある真実を教えてくれる。
それは、この地球上にあるものの中の宗教という一側面を見せてくれたにすぎない。

目の前にあるリアルではなく、その裏で起こっているリアルな出来事を見ていかなければならないという警告となるのではないだろうか。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^

   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 22:35| 05 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。