☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年06月06日

真実の記憶の扉を開ける

昨今、非常に不思議な現象が起こっている。

例えば、天使など高次の存在の名前を語り、一緒に仕事しませんかと募集したり、なんとか連合とか連盟などあまり知られていないものを冠し、参加募集したり、
あまり知られていない言葉で、高次を連想させるようなサイトなどを見つけることがある。

でも、その特徴的なのが、募集はすでに締め切られていたり、記事のアップがないまま放置されていたり、期限を切ってサイトを消滅させたりと
俺にとって「何故?」という現象が起きている。

そしてさらに言いたいことは、そこに書かれている真実に違和感を感じるということだ。
違和感を感じるからといって全てを否定するのではないが、その裏側にスサノオなどに代表されるエゴに傾いた存在の影が見えたりするのだ。(これは地球外生命体も含む)

地球を創造していくメンバーを募集しておいて何故理由を公にせず止めるのか?
10年も前に書かれた記事のまま、更新もされずに何故残っているのか?
高次の存在と一緒に仕事をしようと「募集」する?

ではすでに自らのスピリットが選択済みの自分の役割はどうするの?
その役割から繋がっていくなら分かるが、すでにもうスピリットの役割を選択済みで、ここ(地球)に生きている人々に、さらに「新たに」募集をかけだす…というのはどういうこと?

ふと考えても不思議としかいいようがない。


ここ地球での霊的な成熟はまだ途上だ。
したがって真実と巧みな嘘の情報を、交えながら流すことも簡単にでき、真実を知らないあまりその情報を鵜呑みにすることが起こる。

その逆をしているのが『ウイングメーカー』である。
これは、ウイングメーカー自身が語っていたので間違いがない真実である。

では、何故そのようなことをするのか?
それは、霊的な成熟がまだ幼いため、本当の真実を全て述べてしまうことは、驚愕な真実になってしまい信じられないというところに到達してしまうことが予想されるからだ。
だから、真実を交えながらフィクションも入れる。
それによって、より真実味を帯びることになる。
これを計算して高次たちは行っているのだ。

ようは、大人が子供に真実を教えるときに、どのように教えていくのがいいのかというような置き換えをすればわかりやすいかもしれない。

ということは、これの逆も成り立つ。

エゴに加担させるために、自分たちの想いは表に出さず、いかにも真実を語っているように見せかける。
これにより、霊的な真実を知らないものは真実と思い込む



ここで重要なのは、やはり真実を見極める目を養うことである。
真実の目を養うのは、真実を知っていくしかない

全ての人々は、霊的な真実を知っているのだが、肉体を持って、この地球上に生まれたが故に忘れているのである。
真実を知っていくということは、自分を思い出すことが近道になる。

だからこそ、人は自己探求をするのではないだろうか。
読んで字の如く、「己を自ら探し求める」


間違いは当然のようにあるし、それを咎める必要もない
間違えは、訂正し、新たな真実を知ればいいのだから。
しかし、知らず知らずのうちに、マインドが間違いを求める。
パワーや権力という、目に見えるものを欲求する。
自ら間違いを探し求める必要はない。

そこに付け入られる隙が生じる。

スピリット体(スピリットの記憶)には、真実の記憶が眠っている
その扉を開けるのは、あなた次第である。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^

   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 14:56| 05 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。