☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年06月21日

交渉人 真下正義

『交渉人 真下正義』
犯人との交渉を先頭になって行い、事件を解決していくという単純明快なストーリー。
しかも、その日はクリスマスイブ。

どんな展開なのか全く知らないまま、蓮と共に観て、一言「面白かった!」


そして、面白いことにも気付いた。
映画の内容はひとまず置いておいて、この映画を製作したアイディアに共感をもった。

この映画の発端は、おそらくほとんどの人が『踊る大走査線』を思い浮かべるだろう。
そして、『容疑者 室井慎次』もこの流れの中で製作されたひとつと誰も疑いを持たないと思う。

『踊る大走査線』がなければ、『交渉人 真下正義』も『容疑者 室井慎次』も、その流れの中で製作はされなかったであろう。

この流れを今、スピリチュアルワークというものでdozenとdozenのワークに来てくれている仲間たちで創ろうとしている。

dozenが得た真実を、ワークとして行っている。
そして7月からワークを受けている仲間が順番に、ミニワークを展開することになった。

時間は45分程度で、子供の参加もOK。
但し、条件は、子供が受けてみたいと自分から意志表示をしていること。

途中退場も認めることにしている。
子供の想像していたワークと、あまりにもかけ離れているのに、我慢をさせるのは苦痛以外何者でもないからである。

なので、瞑想やプラーナ呼吸といった類で、知識を入れるための授業のようにならないようにdozenから担当者へお願いをしている。

これが今後どうなるのか、それはわからない。
でも、親子でワークって、俺が考えてもワクワクする。

実は俺もdozenのワークを受けてみたいと欲求はある。
なぜなら、ワークを受けるまで何が起こるのかわからないから。(笑)
講師的な立場でモノを言っても同じなんですけどね。(笑)

ただ、dozenのワークの壁になっているのは、dozen(主に蓮と思っている。)とコミットだろうなと思う。
体験というものがなく、いきなり実践、だから怖いという思いが先に立つ人と、だから面白そうという思いが先に立つ人と、極端に分かれるのだろう。
しかも、前者がほとんどを占める。


dozenはお化けでも怪物でもない。高次の存在でもない。
今のところ、肉体を持った人間です。
人間という解釈には幅があるけれども、人間です。(笑)

コミットというと、かなりの意思決定をしなければいけないと思っている人が多いと思う。
でも、コミットはドンドン深まっていきます。

最初のコミットが、『自分を知りたい』でもいいと思う。
『愛を知りたい。』でもいいと思う。

そのコミットがワークを受けていくうちに変化が出てくる、これが普通と思う。
コミットを乱暴な言い方をすれば、『選択』と言い換えてもある部分は通じる。
その選択が、スピリットと『ワンネス』に向かうか、『分離』に向かうかの2つに1つ。

その真実への導き手が増えつつあります。

そのひとつが先に書いた『ミニワーク』。
まだ検討中のため、具体的な発表はできないけど楽しみにしている。

でも、参加はできないんですよね。
そのときに、カフェも同時開催なので・・・。

日は7月17日と8月20日。
興味がある人は、情報がお知らせできる段階でブログなりにアップします。

それとついでにdozenワークの宣伝も。(笑)

次回は、キリストウォークと、瞑想を取り入れる予定です。
セルフウォークガイド(過去・未来世などのワーク)の一部を瞑想に取り入れようかと検討中です。

過去世を思い出すまでいくには、椅子に座ってでは出来ないと思うので、ハイヤーセルフと出会うところぐらいまでかなと思ってます。
来月のワークでどうなってるのかはわかりませんが・・・(笑)

結局宣伝で終わってしまった・・・。

たまにはこんなのもOKでしょ?(笑)



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^

   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 18:04| 05 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。