☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年06月26日

サッカー日本代表を見て思うこと

ワールドカップで日本は1分2敗の最下位に終わった。
6月24日の新聞記事を読みながら、これでは負けるという理由が垣間見えた。

新聞記事の中に、
日本協会川淵キャプテンが「ヒデのレベルに合わせるとみんな壊れちゃう」と話したことがある。「ヒデさんは特別だから…」という若手選手もいた。

中田英は特別な存在かもしれない、でも特別な存在なのだからと自分との間に境界線を引いてしまうような協会側や選手の発言。
記事にはなっていないが、各々の意識はどこにあったのだろうか。

普段はとっつきにくい男とも言われる中田英、でも今回は率先してチームをまとめようとする姿。
一時は「自分が今の日本代表に本当に障害になるのならば、辞退してもいいとさえ思う。」と思い詰めたことを公式サイトにも以前書かれていたらしい。

一人では勝てないことを理解していたのだ。
本当の意味でチーム一丸になる必要があることを知っていたのである。

ジーコ監督は、選手自身に『自由』を与えた。

サッカーというものは、試合中に監督が事細かく指示を出して、それに従って選手が動くというスポーツではない。
試合をしている選手自身が、プレイを自由に創造し、選択しながら進むゲーム。
しかも瞬時の創造や選択をしなければならない。
だからこそ、選手が一体となり、チーム一丸とならなければならない。

世界のトッププレイヤーであったジーコ監督、世界の舞台で活躍している中田英。
一流の場を知っているこそ、やらなければいけないことを知っていたのだ。

でも出来なかった、だからこそ中田英は場をはばからず最終戦(ブラジル戦)の終了直後、センターサークルで大の字になって涙を流したのだろう。

そして別の新聞記事には、
ジーコ監督が掲げたサッカーは、決して路線としては間違いではなかった。しかし、サッカー王国が何十年もかけて築いたもの(ブラジル流)を、4年でものにするのはどだい、無理な話だった。
と書かれている。

始めから出来ないと決め付けている。
これは、この記事を書いた記者だけではないだろう。
ブラジルと対戦すると聞いた瞬間に、ほとんどの人は『勝てっこない。』と思ったのではないだろうか。

結局、指揮官が何を目指しているのか、何をしようとしているのか、各々の選手、関係者、そして応援している人々がジーコ監督を理解しきれないまま、日本代表監督を去っていく。
でも、ジーコ監督が残していってくれたもの、中田英が見せてくれたものは、今後の日本サッカー界において貴重なものとしなければならないと思う。

しかし、意識の変革が起きている事実も見つけた。

約8年前のトルシエジャパンが帰国したときに、空港で起きた出来事を覚えている人はいるだろうか。
出迎えたサポーターは、監督や選手に罵声、卵、水を浴びせかけた。
特に、城に対しての対応は酷いものであった。

しかし、今回ジーコジャパンが帰国したときには、温かい拍手で出迎えられた。

新聞を見て、微笑ましいと思えた。
おそらく、空港に集まったサポーターは、ジーコジャパンと共に戦っているという意識を持っていたのだろう。
単なる観客から、サポーターという共同意識への変化だと感じた。


これはサッカーだけに収まる話しではない。
単純に今注目されているサッカーを引き合いに出しただけなのだが、この日本代表に起こったことそのものが『共同創造』というもののサッカー版と捉えるべきではないだろうか。

中心になっている人々だけで物事を進めることは、非常に難しい。
でも出来なくはない。
時間が掛かるだけの話しである。

しかし、みんなが一体になって進めば、これほど推進力を得ることはないだろう。
こんな身近なことすらスピリチュアルとして見れれば、人々の意識は変わると俺は信じている。
だからこそ、光に向かって突き進むしかないと俺は思っている。

サッカーはサッカーで楽しめばいい。
去る者(他者)に責任を押し付ける。
こんなことは誰でも出来る。

しかし、視点を変えて、自分でできることから始めてみる。
わからないから、難しいからと境界線を引く。

この意識を外すことが、大きな一歩となることを俺は知っている。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^

   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 



posted by dozen at 15:26| 05 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。