☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年06月28日

隠さずに認めるのが自分への愛

またまた登場!
龍曰くのベルリンのかべ〜に繋がる話。笑

0628:2006
It is love that recognize without covering it.
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
260b.ren.jpg

「大らかな気持ちになれず、意味もなく、そう、意味がないのに、焦ってしまいます。」
というメールが届いた。

こういう焦り、実はよくいる周りに。笑 よく垣間見るし。
アーンド!わたしはないと断言できない。稀にある。はい 笑
みんな持ってるよ、波の大きさが違うだけで。
そして意味のない焦りは、ない。
必ず本当の意味がある。

例えば、なりたい自分という欲求があったとして、なりたいこと(欲求)と、なってない現実があれば焦りって生じる。
たいがいこれ。
このギャップが激しいと苦しみも大きい。
焦りって、質にもよるが簡単に人を泥沼に導く特質を持っている。

その焦りの「質」は…、人によってさまざま。
嫉妬や羨貌もあれば競争もあるし、自己否定・批判など、いろいろある。

自分の何かしらを認めることと、「今」を生きること、ゆだねることが、わたしはエッセンスだなぁ・・・と自分に起きたときに感じる。
特にわたし自身が感じるのは、やっぱり「ゆだねる」。
このゆだねるって、とっても深い。

認めることが、「今」とゆだねる、に繋がっていく。
認められないと、なかなか繋がらない。

この認めるって、頭でわかっている認めるだと、焦りって解消されないんだよな、結局は。

自分に欠けている部分があることをしっかり把握するために、表に出してしまうことだとわたしは思っている。
隠さない
それが認めるっていう本当の質に繋げてくれると実感している。

「あんたってほんとプライド高いよねぇ。素直じゃないっていうかさ!」
なんて言われたときの反発の反応は、認めず隠す・・・の反応
でもそこで、
「そうなんだよ〜、自分でもそう感じているんだ。素直じゃないよねぇ。」
ってココロも含めて反発いっさいなしで本当に素直に言える…のは、認めていることを表に出している、ほんとに認めてるってこと。

これはあくまで例えだから、応用編の状況っていっぱい起こっていると思う。

意外に、いや多くの人がいろいろなバージョンで反発反応を示しているのを見かける。
実はそうなのにそれを表に出さず隠して、違うよって違う自分をアピールするっていうか。
するといろいろココロに問題発生(自己矛盾)が起きて、SOSになって、おかしい、どうやら自分のココロは元気じゃないみたい・・・ってなる。

霊的に言えば、こういうのも自分の真実に生きていないって範囲に入ると思う。

以上の話は、わたしの感じていることに過ぎないが、でもはっきり言える体感がある。
隠さないで認めると、楽になることはまったくの事実
確実に…、楽になる。
あとは本当に楽になりたいか、なりたいとは実は思っていないか、のどちらを実際、選択するか。
今の状況がどっちを選択していたかを気づかせてくれるはず。

この話しって、真実に生きるって範囲内のレッスンだと思う。
真実に生きれば生きるほど、どんどん楽になっていく。(霊的に言っている。)
自己受容
ほんとの自己受容は矛盾を生まないから。

すると、人にもやさしくなれる。
自分を認めることができる人は、人の欠けている部分も認めることができるから他者受容する
これもできると、すごく楽♪

ということは真の認めるって、自分にも他者にもやさしくなれることをしているってことだ。
これが愛の成熟・進化・成長ってものだし、その成熟に合わせてさらなる真実を引き寄せるから、さらに気づきや進化を促進させていく。

認めるって、とっても素敵な愛の循環を生み出す
これが真のやさしさだと、わたしは感じている。。。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^

   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 

posted by dozen at 22:26| 16 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。