☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年07月13日

爆破音

嵐の前の静けさ…。
ここ数日、そんな日々が続いていた。

0706:2006
A blast sound.
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
272b.ren.jpg


高次たちや自分のスピリットからのアクセスがないという日々が、しばらく続いていたのだ。(5日程。)
こんなことはチャネルが始まって以来、初めてのことだった。
けれどアセンションへの変容は続いている。

テレポートレッスンは自発的にほとんど毎日取り組んでいた。
寝る際にコース(高次)に誘導をお願いし、そのまま瞑想に入る。

その瞑想状態にいることすら忘れ、その瞑想の世界を味わっていると…いきなり起こるのだ!爆発音が!

一番最初は、左前方。
まるで大きなテレビが頭のすぐそばで、爆破されたと感じる程の大きな音が!
その音に驚いてわたしは瞑想からいっきに目を覚ます。
身体はその音に反応してベッドの上で飛び上がっていた。

な!なん、なんなんだ!
初めての時は、さすがにその強烈な大きな音にビビッた。

深い瞑想からいっきに戻された状態で思考を動かすのは大変で、すぐにまた深い瞑想に自然に戻っていった。
そして、いつしか気がつけば、わたしは夢を観ていた。

2回目は頭の前方。
強烈な爆破音で、またいっきに深い瞑想から目が醒め戻った。
が、一瞬、我に戻るのが精一杯で、すぐに深い瞑想へと還っていった。

3回目は、頭の右前方。
さすがに3回目は、またか…というので済んだ。
そう感じただけですぐに瞑想に戻っていった。

どれも共通することは、深い瞑想のある状態にまでいくと、爆破音が起こるということ。
瞑想が深いと言えど、そのある状態にならないと爆破音は起こらない。

今の時点では、あの強烈な爆破音は3回だけ。
しかも、その音は左から右へと移行していっている。
この具現は正しい方向、良い方向に向かっているという意味だ。
内から外へ…という意味もある。



この音の意味が知りたくて龍と考えていた。
すると龍が、
ベルリンの壁、壊されてるんじゃない?笑」

その言葉にピン!ときた。
自分のスピリットたちとの融合も終わり(ディセンション)、無意識の領域の融合に突入していたわたしにとって、その言葉は腑に落ちた。

このレッスン(テレポート)を始めてから爆破音が起こり出している。
ということは、テレポートを意識的にはっきりできるよう身につけることに、ベルリンの壁壊しが必要なのかもしれないと思った。



だいたいテレポートじたい、どんなことを指すんだろう?
コースは、
この日常の意識(顕在含)のまま、例えば日中でも思えばすぐにテレポートできるのが理想と言えば理想ですね。」と、言っていた。

幽体離脱の体験は、はっきり自覚しているのが1度ある。
確かに離脱中のわたしはこの日常の意識のままだった。リアルに!
しかしそれは眠ったあと、まったく知らずに事は起きていて、気がついたらわたしは霊体でリビングに立っていたというものだった。
なぜ離脱が起きたかも、どうやって離脱したかもわからない。

その後、龍と出会ってからだが、今度は離脱していくプロセスを何度か体験した。
これは離脱の時(知らずに離脱していた)とは違って、自分の意志でしようと思ってわたしはやった。
上半身がゆっくり肉体から離れていく。
が、下半身に差し掛かると怖さから離れられないのだ。

それも何度か体験すると少しはその状況に慣れてきて、下半身も上半身に続いて離していくことが怖くなくなってきていた。
横たわっている身体(肉体)から、まるで直立不動体制でいっきに霊体を立たせるかのような状態になる。

そこで意識の加減(エネルギー状態の加減)を損なうと、まっすぐの直立不動状態のまま上がったり下がったり、フワフワしてしまう。
何回かフワフワ状態が続くと、焦りからまた怖さが浮上しだす。
そうなると霊体を感じているわたしは肉体へと下降してしまう。

どうも最初に友達から聞いた話が悪かった。笑
離脱後に体験する、危険な部分を先に聞かされたのだ。
残した肉体に憑依しようとする幽玄界のものがいるとか、離脱後いろいろな世界観の場所にいける中で、幽玄の者たちに気をつけなさいとか、出遭って声をかけられても構わないで無視したほうがいいんだって、とか。

怖さが浮上するとそんな思考が浮上しだし、離脱は危険じゃないのか?とか、離脱する必要があるのか?とか、いつしかそのチャレンジからは遠ざかってしまった。



テレポートも結局、同じことなんだろうか?
離脱して次元さえも問わず、あちこち活動するということだろうか?
今日、夜更けにるりちゃんから電話が入り、その中でこういう話もしていた。

するとるりちゃんはよく、わたしがそばにいることを感じたり、霊体同士でスピの流れの打合せをしていたりと感じているらしい。
わたしだけじゃなく龍もいたり、最近では龍と打合せしていたと。
わたしもなんかそうであろう…と思うとか(感覚で)、そのようなことが起きていても何ら不思議じゃないとかは思えるが、肝心なこのはっきりした意識(顕在)をもっての感覚はない。

テレポートで求められているのはコースが言ったように、この日常の意識のまま、例えば日中でも自分で意図すればすぐにテレポートできる…ということだ。

高次たちからのアクセスが始まった最初の方だったと思う。
ガンダルフが、
ある月に旅に出てもらう予定があります。」
と言っていたのを思い出す。

それは、ウィングメーカー(高次たちは「ウィングメーカーと呼ばれし者たち」と呼んでいる)たちがある月に会議を開くことになっているという。
そこは地球5次元で、今回、地球のシフトに関連して働いているある者たち(ウイングメーカーと表現されている者たち)がそこに集結するという。

わたしたちの先行きの動きも彼らには関係しているらしく、ガンダルフ曰くは
「できることなら直接その集いに参加してほしいのです。彼らと直接逢って話を進めていくことが早道です。」と。

ウィングメーカーと呼ばれし者たちからは、何度か直接アクセスがあった。
この頃、神官たちからの邪魔がやたら入り、彼らはわたしへのアクセスが非常にしずらいとこぼしていた。

彼らの存在の中からこの地球に入っている者がいて、ある時その人たちに逢うための打合せが入っていた。
それが途中で途絶えてしまって、代わりにセス(高次)がよく連絡事項を伝えてくれるということがあった。



ガンダルフにわたしは条件を出していた。
龍が一緒じゃなきゃ嫌だと。怖がりなもので。笑
するととたんに龍の変異が急速に始まり出し、続いていたのを覚えている。

ガンダルフ曰く、出席は「できるなら…」とあった。

コースからいきなりテレポートレッスンを言われたときは驚いたけど、ガンダルフから聞いた話を思い出せば、すべては繋がっていて着実にその予定へと向かおうとしているんだなってことがわかった。

さてさて、わたしはこのはっきりとした意識をもってできるようになるんだろうか?

龍は最近、
「悪いけど俺は行けそうもない。」と言った。
その言葉を聞いたとき、フヘェ〜…と思ったが、けれどここ最近は、わたし1人でも行ってみよう…、とにかく怖くても何でもいいから行ってみよう…、と思えるようになってきた。
注:今日、龍は行くと言っていた。
  あの頃、自分とわたしを比較してエゴちゃんで思わず物を言ってしまったと龍は笑って今日、話していた。笑

最初は、行くとか行かないとかの考えるレベルにすらわたしはいなかった。
言われたことがこの顕在のわたしにとってただただ、突拍子もない!!在り得ない!!何を言ってるんだぁ??…それだけだった。



実際わたしはレッスンを上達させられるかなんてわからない。
わかっているのは、予定がすでにあり、行きたいなら…というより体験してみたい…なのだが、体験したいなら実際にレッスンに取り組むのみ、続けるのみ
そして現実にコースは毎晩わたしに付き合っているという事実。それだけ。
あとは、ゆだねるしかない。

龍曰くは、
「無意識の領域ではちゃんと行なわれているさ。蓮にとっては顕在の自覚がないだけで。ちゃんとコースはやってくれているだろう。」
と言っていた。



爆破音も体験したけど、ほとんど毎晩取り組んでいるけど、いまだいっこうに変化じたいは感じていない。
龍はそう言ってくれているけど、ただただ毎回「コースお願い」って、挨拶して瞑想すればいいってもんじゃなかったかもしれないと思い始めている。

変化のない苛立ちから、どうすれば?…と思考し始めているのかもしれない。
つまり頭で考えようとしている。

いっこうに変化なし。
起きたのは強烈な爆破音。
もしこれがベルリンの壁壊しの爆破だったとしたら、そんなありがたいことはない。笑

あ!!今、思い出した!
コースは進んでいくさまを「ゆっくりゆっくり…」と言っていたのを。笑


つづく⇒自己探求は宝物探し









本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い


本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^

ランキングで支援♪
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ


アフィリエイトです♪












posted by dozen at 12:01| 16 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。