☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年07月23日

7月のカフェ/夢を叶えるワークとディクシャ&ダルシャンの感想

今回、初めてカフェに参加される方が数名おられた。
以前からの参加者を含めると、総勢13名。
しかも、色々なところから参加してもらった。
埼玉から1時間半掛けて来ていただたいり、千葉から2時間以上掛けて来てもらったり、岐阜からの参加者もいた。

初めての方は、やはり緊張されるらしく、大人しくされている。
せっかく来てもらったのに緊張して話しができないのはもったいない。
ので、色々と話しをしながら30分ぐらい経っただろうか、外でトリンさんと話していた蓮が突然チャネル状態で現われた。
そして、今からディクシャ&ダルシャンを行うというパプニング、いや、サプライズ!!になった。

初めて参加してもらってる人は何事?という感じ。
蓮のチャネル状態をいきなり見ることになったんだから、そうでしょうねと思う。(笑)
そして5名が受けていただき、ミニワークが始まった。

蓮と俺はミニワークの担当ではなかったので、カフェを行っている場所でバリ&ソウル帰りの方とお話し。
写真を見ながら談笑をしていた。

しばらくして俺はミニワークが気になり、ちょっと覗きに行く。
今日の予定のワークが雨のため、曼荼羅塗り絵にワークが変更されていた。
みんな黙々と色を塗っている。

しかも、人それぞれの塗り方。
見ているこっちも面白い。

でも単に縫って終わりというのではく、塗り終わってからのリーディングがある。
塗り方で、塗った人の状態をリーディングしていくのだ。
潜在意識の部分が見事に現われる曼荼羅塗り絵。
本当に、びっくり。
今度、俺もやってみようと思った。(笑)

次の日は、予定通りdozenワーク(アクションセルフクリエイト)を修了し、ディクシャ&ダルシャンを行った。
今回は、2日間で11名に受けてもらった。

ディクシャだけでなくダルシャンのエネルギーが入ることで、涙を流す方が多くなってきた。
母親に抱かれるようなダルシャンのエネルギー。
涙を流す理由はそこにある。

ディクシャだけを受けられた方とディクシャ&ダルシャンを受けられた方は、受けられた後の状態が全く違っている。

頂いている感想から言うと、ゆっくりとエネルギーが浸透している感じ。
ディクシャのエネルギーの場合は、不必要なエネルギーを一気にトコロテンのように押し出すために、そのエネルギーに巻き込まれる方が多かった。

なので今回は、受けられたあとに嫌な感情や感覚が出たときは、どんな小さなことでもいいので感謝に目を向けて下さいとお願いをしておいたのだが、的外れという感じ。
ひょっとすると、もうしばらくすると出てくるのかもしれないのかなとも思っている。

今回俺は、ディクシャ&ダルシャンの説明をしたりしながら会場と待って頂いている方のところを行ったり来たりしていたので、待って頂いている方と少しお話しをする時間があったりした。

以前の仕事に住宅の設計に関する話しをしたりもしてた。実は、その話しもスピリチュアル的に全然関係ない話しではなかったんですがね。(笑)
しかし、今回一番驚くべきことは、低次地球外生命体に関与されている人が、蓮のディクシャ&ダルシャンを行っている会場まで辿りつけたという出来事である。
その方の話しを聞くと、6月に300人規模での遠隔ディクシャを受けられていると聞いた。
その瞬間から、うん?!と思っていたのだが、低次地球外生命体を刺激しないようにと注意をしながら話しをしていた。

そしてその方が会場に入られ、しばらくして俺も会場に入った。
すると、ディクシャ&ダルシャンが行われていない。
いや、できる状態ではなかったのだ。

その方は、低次地球外生命体を離す処置をスフマー(蓮)に施され、終わる頃には真っ直ぐ歩けないぐらいの状態になっていた。
それぐらい低次地球外生命体のエネルギーの影響を、その時までその人は受けていたということになる。
関与エネルギーを抜かれてそうなるということは、どれほどの関与をその人は知らずに受けていたんだろう。怖い。

その方は、低次地球外生命体のエネルギーを抜かれることにより、本来の自分のエネルギーでようやく動けるようになったのだが、低次地球外生命体の影響がそれまで大き過ぎたようで、本来の自分のエネルギーが弱ってしまっていた。
たから、歩くことさえままならない状態になってしまった。

この日、蓮は今まで感じたことの無い感覚を経験していると俺に話していた。
『一体どこまで人を汚染するのか!』という霊的な憤りである。

巷で行われているエネルギー伝授に対しての危険性を本当の意味で理解すべきときが来ている。
幸いにもこの方は、今回このような処置を施すことができた。
この方のスピリットの愛がディクシャ&ダルシャンを受けることを促し、そして顕在のこの方がそれに反応した。
素晴らしい愛がその方にも溢れているという証拠である。

今後もこのようなことが起こり得るだろう。
だからこそ、真実を伝える活動をもっと多くの人に支援してもらえればと思う。


関連記事
関与はどうして起こる?
ディクシャへの疑問
媒体(パイプ)になる
続 媒体(パイプ)になる
続 媒体(パイプ)になる−−エンティティ(霊的存在)の解放
続 媒体(パイプ)になる−−グラウンディングとバリア
続 媒体(パイプ)になる−−エンティティ(霊的存在)の解放が通用しない!





本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い












posted by dozen at 11:02| 06 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。