☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年08月09日

インチャの癒しは愛ある社会に貢献する

ここしばらくdozenに色々なメールを頂く。

その多くがやはり
本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション ( 覚醒を促すディクシャ & 創造を促すダルシャン )
の依頼です。
でもそれとは別に、相談のメール、質問のメールを頂くことも多い。
最近になって目に付く相談メールが、
「スピカフェに行ってもいいのだろうか?」
というもの。

その頂くメールに必ず書いてあることがひとつある。
それは『知識』の問題。

スピカフェもミニワークもdozenワークも、知識の有無を一切問うたことがないのに気にされている。
例えば、
「知識がない私が行っても、他のみなさんの話しについていけないかもしれないし、他のみなさんが楽しめないかもしれないから。」
というような感じで。

でも知識の有無を判断するのは誰なんでしょうね?
知識がないから楽しめないかもと思うのは誰なんでしょうね?
知識がないから他の方に迷惑がかかると判断しているのは誰なんでしょうね?

この答えは、本人だけなんです。

この答えを出すのは、非常にもったいない。
自分から楽しめる場を放棄してしまうから。
これ実は、その人が持っている心の癖なんですよね。

『インナーチャイルド 本当のあなたを取り戻す方法 ジョン・ブラッドショー著/新里里春監修 NHK出版』の
第1部 傷ついたインナーチャイルドの問題 の中に書かれている、
第1章 傷ついたインナーチャイルドが人生を汚染する仕組み の中から抜粋すると、
『思考歪曲』にあたる。
その中に


人は将来について抽象的な仮説を立てる時に恐怖化します。
「自分が定年後に年金の金が不足したらどうしよう。」
これは恐怖的思考です。
それを考えることが不安を引き起こします。
思考は事実ではなく、純粋な仮説なので、思考者は文字どおり自分を怖がらせるのです。
傷ついたインナーチャイルドは、しばしばこのような形で思考に影響をおよぼします。


と書かれている。

スピカフェやワークに参加した事実がないのに、参加することでみなさんに迷惑を掛けるのでは?という抽象的な仮説になってしまっている。
だから迷っている ⇒ 迷惑を掛けるのが嫌だ ⇒ 迷惑を掛けると非難されるのでは? ⇒ それに対する恐れ。
という思考のパターンがあるのではないだろうか。

たまたまdozenに頂く相談や質問のメールの内容に、このようなものが重なったので例を挙げてみたが、mixiやブログを拝見させてもらっていると、他にもインナーチャイルドの問題を抱えている人がかなりの数でおられる。
そして思うのが、インナーチャイルドの問題であると捉えようと捉えまいとその原因に辿り着いてないがゆえに、取り組むことができていないという事実。

インナーチャイルドが自分だけの問題と捉えている人も多いのかもしれないが、実は社会全体に波及するような問題なのである。

インナーチャイルドが傷つく初期は家庭環境。
家庭環境の中で傷ついたインナーチャイルドを抱えた人が、成長し今度は友達との世界に出て行く。
傷ついたままのインナーチャイルドであるがゆえに真のコミュニケーションが取れない。
だからまたインナーチャイルドが傷つく。
でもその人の成長は止まることはなく、そのまま大人になり、社会に出、家庭を築く。
そして傷ついたインナーチャイルドのままあであるがゆえに、同僚や後輩、果ては築いた家庭に生まれた子どもに影響を与える。

これの繰り返しなのだ。

傷ついたインナーチャイルドを癒すということは、愛ある社会創りにも貢献するということ。

だからこそ、個人レベルでのインナーチャイルドを癒すということが重要になる。
家庭や社会が愛に溢れれば、必然的に個人にも愛が溢れる。
個人に愛が溢れれば、家庭や社会に愛が溢れるという好循環をもたらすことをみんなに知ってもらいたいと思う。


関連記事
Loveにフォーカスした自己探求へのいざない
傷ついたインナーチャイルドが人生を汚染する仕組み
傷ついたインナーチャイルドが人生を汚染する仕組み −2−
自己探求は宝物探し
心のエッセンス豊富な目次
インナーチャイルド:1〜多次元に渡る〜
インナーチャイルド:2〜傲慢さ〜
インナーチャイルド:3〜謙虚さ〜
インナーアダルト〜統合へのエッセンス〜





本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

posted by dozen at 09:28| 07 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。