☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年10月06日

スピリチュアルセックスの日

昨日は心新たに、鞍馬に出向いた日だった。
関連日記⇒http://dozen.seesaa.net/article/24727364.html
心の内の整理を兼ねてある意味、新たなこれからへのコミットだったのかもしれないと思う。

1002:2006
A day of spiritual sex.
photo : dozen/Ren
Free sozai↓
407b.ren.jpg


そして鞍馬に行って互いに思ったのはスピリチュアルセックスだった。
そう、神聖な愛のコミュニケーション。
源への扉を開き、愛への帰還を促し導く。
 

あれはどの高次だったろう・・・、それともファーストスピリットのコーネリアンだったろうか、スピリチュアルセックスを神聖なツールとして互いの愛のためにもっと活用しなさいと助言したのは。

わざわざ助言されるだけあって、去年のわたしたちに比べれば随分セックスをしなくなっていた。
肉的欲求が激減したのもその理由だったし、龍にすればホテル代がかかるのがイタイというのも正直なところ理由だったろう。
会社もバイトも辞めて毎日我が家に来るようになったあとでは、我が家でのセックスが増えた。

家でのセックスはよほど時間の余裕がないかぎり、わたし自身が落ち着かない。
始める前後には瞑想をし、セックスは必ず変容が伴うからだ。
といってもセックス後にもまだわたしの変容が続く場合、龍は瞑想に入らないが。

息子がいつ学校から帰ってくるか、いつ誰が訪れるかわからない我が家では、よほど早い時間に互いにセックスをしようという気分にならないかぎり、時間的に落ち着かない。

スピリチュアルセックスは一般のセックスと違い、かなりリラックス、解放という場が必要とされ、またさらにそれだけの落ち着ける時間が必要となる。
肉的な欲求を満たすという土壌上にスピセックスはなく、セックス自身の行為も非常にスローに行う。
行為の中に、いや行為自身が瞑想と言える。

そんなある日、最近のソースセンターへの招待アクセスで、オースからもスピセックスを促された。
関連日記⇒http://dozen.seesaa.net/article/23853895.html

またここ数日、新たなに深まった真実に至る最中、自分たちの中で探求がおろそかになっている部分などを掘り下げることをしていたときに、気づいたのもスピセックスだった。
去年までの探求との比較で低下したのがスピセックスであり、あと去年はずっと朝早くから行動し、野外への探求も非常に多かったのに比べ、今年は日常のスタートも遅く、それに伴い野外への探求が激減した。

朝早く、午前4、5時から動くことはざらにあったと思う。
それに伴い自然に出かけることが多く、自然での瞑想やエネルギーワークも非常に多かった。
そしてスピセックスも。

つまりこれらが激減していたのだ。
その代わりに、今あるラブスピカレッジのワーク内容への取り組みや作成、dozenへ接してくれる人たちへの応対が圧倒的に増えた。

ここでハタと気づいたのが、去年までは自分たちの内奥への探求取り組みが非常に豊かだったのに比べ、その代わりに外への対応、つまり外へと向かってしまっていたのだ。
対応することが悪いというのではない(誤解なく)、それに偏り自分たちの去年までのような探求をおろそかにしていたのだ。

そうとも知らずあるときシフ(名もなきスフマー)にこう強く言われた。
「自分を救いなさい!!」と。
愕然とした。
が、まだ甘かった。まだそれでも真にわかっていなかった。

今ならわかる。
シフがどれほどの深い意味と愛をもって一喝したのかが。
シフはそのとき続けてこう言った。

「あなたたちは前回ここ地球に降りたとき、この点で失敗しているのです!!あなたたちが成熟すればするほど、あなたたちの周りには救ってくださいという真実のものたちで溢れ、あなたたちは救おうとしたのです。救うことに全力を尽くしたのです。
全力を尽くしそれに身を捧げ、死が訪れたとき意識をもって肉体を離れました。
わたしが言わんとする真の意味が、今のあなたたちにわかりますか!
救おうとしてはならない!自分で自分を救うことが真実だと教えなさい!自分で自分を救うのです!他者が、また神が、自分の救い主だという真実は過ぎているのです。
同じ過ちをもうしてはなりません。気づきなさい!
真の、本当の真実を生き、それを見せ教えるのです。あなたたち自身がそのエッセンスとなるのです!」

このシフの言葉を裏付けるかのようにこの少し前に、わたしのある過去生を有する霊的わたし(スピリットたちも共有している霊的意識体)は、わたしたちにこうつぶやいていたことがあったのだ。
「同じ過ちは絶対繰り返さない!ここに復活したことをわたしは絶対、無駄にしない!!」と。
かなり強い口調だった。

このときわたしたちは彼が何を、何について言っているのかまったくわからなかった。
ただわかったことは感じたことは、彼が非常に深い何かしらにおいてのコミットをわたしたちに聞かせた・・・、ということだった。


405b.ren.jpg



わたしたちはさまざまな意味や観点、視点から自分たちを見直した。
そして新たな気持ちで今日はスピセックスをすることを決めていた。

スピセックスには5時間ぐらい時間を持つ。
それぐらい時間が欲しいからだ。

もちろん5時間まるまるセックスしているわけじゃない。
ゆっくり食事をしながら、お風呂を楽しみながらまずは映画を眺めたりもする。
そういうゆったりとした時間をもちながらリラックスし、そこから瞑想に流れていく。
だいたい映画はまともに観終えることはまったくないので、観終えない時間ぐらいから瞑想に入ったりしていることになる。


406b.ren.jpg



久しぶりにまともにスピセックスに取り組んだ今日は、まさにタントラセックスだった。
そして有した時間は、ぴったり6時間だった。
ちょうどそれが朝早くからのサービスタイム、ぴったり終了の時間だった。
まるで計算されたかのようで驚いた。

久しぶりに感じたことがある。
それは龍がわたしだということを。
わたしたちは源がひとつだ。
ゆえに多次元の互いのスピリットは、どの段階からか同じになる。
そしてわたしたちは、サナンダの子(これは創造という意味)ではない。


408b.ren.jpg

今日の日記のこれらフォトは、
ホテルへの持込モーニングを買っているところ。
午前7時半?8時?
わたしたちが朝一番のお客さん。
ここって何て言うカフェだったかな。
ここのモーニングのベーグルセットがわたしは大好き。
ベークドチーズ&ブルーベリージャムをたっぷり挟んでいただく、
その味がたまらなく好き。



スピリチュアルセックス関連日記
Search Life/Dragon 第32日目
クンダリーニパワー
スピリチュアルセックス・・・より高い意識への橋
地球のシフトへさらなる飛躍
4次元への移行
内なる根源へと至る〜龍は蓮〜
内なる根源へと至る〜スピリチュアルセックスの真意〜
スピリチュアルパートナー
スピリチュアルセックス
スピリチュアルセックスの前に
わたしは、わたしの真実を生きる〜体験から真実へ〜
新たな発見
瞑想
癒された交流
低次地球外生命体の関与
続ワンネス
憤りの解放
スピリチュアルセックスは変容・統合・創造のエッセンス
ガンダルフからの初めてのアクセス
スピリチュアルセックス…真の自己へと戻る道
ハートのピストン
続くアセンション・ステップアップ
旧 全知全能




本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い















posted by dozen at 00:13| 17 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。