☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年11月10日

ヒーリング=己を自ら治し癒すこと=自己探求

この内容は、9/22 Love Spiritual Peace(ラブスピース) college in 横浜でのクラス5で行ったものです。


ヒーリングとは何?

日本では『癒し』と言われる方が多いと思う。
しかし海外に目を向けると、ホリスティックヒーリングなどの代替治療として扱われていることが多いのではないか。

辞書で意味を調べてみると、
ヒーリング・・・いやすこと。いやし。治療。治癒。
healing・・・(傷・病気を)治す。治療の。治癒(ちゆ)。治療(法)。

日本では癒し、海外では治すということが主な目的のように感じる。
しかし、治癒という意味が両方ともあることを考えると、治し癒すことがヒーリングではないだろうか。


08-1.jpg


人間が幸せと感じる状態のときは、心身ともに充実している。
この状態に戻すことがヒーリングと言えると思う。

もっと踏み込んだ話しになると、
我々のスピリットが、3次元に人間として我々を創造した理由から話さなければならない。

スピリットが我々を創造した理由は、ズピリット自らの自己成長のためである。
人間というものを創造し、地球という惑星の中でありとあらゆる学びの機会を体験し、味わい、そして真実を学んでいく。
学ぶべきものを選択し、そしてそれに必要な家族や環境を選択し、自分の目的を青写真として持って生まれてくる。

学ぶべきものとは、簡単に言えばクセである。
人それぞれ色々なクセを持っているが、これはスピリットも同じ。

クセ・・・無意識に出てしまうような、偏った好みや傾向。習慣化している、あまり好ましくない言行。

クセとは、あまり好ましいものではない。
自分にクセがあるために、自分が生きにくい環境にしてしまっている場合もある。
人の責任を背負い込んだりして、不快になってしまったり、疲れ果ててしまう場合もある。

スピリットのクセが濃縮されたのが我々人間なのである。

我々が自分のクセを治すことが自己成長に繋がり、自分を幸せに導く。
すなわち癒しである。

我々が自分のクセを治すことは、自分のスピリットのクセを治していることにもなる。
だからこそスピリットは人間を創造し、自己成長のために学びを得ようとしているのである。

自分をクセを治すのに人任せにする。
人のクセを治そうと一生懸命になる。

そんな馬鹿げたヒーリングは必要ない。

クセを治し、心を癒し、そして幸せになれるのは、自らが自分のクセを治すしかない。
だからこそ、己を自ら探し求め(自己探求)、己をクセを知り、自らをクセを治し癒される。

これが自ら幸せの階段を上っていくことではないだろうか。
posted by dozen at 19:19| 07 Dragon Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。