☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2007年02月05日

聖なるイニシエーション

感情や感覚という女性性の世界では、
秘儀参入者(イニシエート)の内側で感情や感覚のバランスがとれていないと、
その不均衡から進化がストップしてしまいます。
感情面のバランスがきちんとできていないうちは、みな悟りの道をある一定のところまでしか進めません。
すべてがそこで止まってしまいます。
なぜなら、愛や思いやりや、健全な感情体がないまま、
頭がすべてはうまくいっていると自分にまやかしをかけてしまうからです。
すると本当はそうでないのに、悟りに達したという感覚をもたらすのです。

〜 フラワー・オブ・ライフ 古代神聖幾何学の秘密 第2巻 〜 より抜粋。


人間というものは、肉体という器を持ちながらエネルギーとして存在しています。
そのエネルギーには、純粋な部分と、世俗的な部分があり、一般的に理解できる自己というものは、その世俗的、言い換えると顕在意識なのです。

純粋なエネルギーの流れは日常の中で起こっているものの、顕在意識に取り込まれる要素に阻害されてしまいます。
その顕在意識に取り込まれる要素として挙げられるのが、感情感覚欲望欲求といった様々なものがあります。

顕在意識に取り込まれる要素を解き放っていくことは、自己を幸せに導くこととなり、自己が幸せになることが周りの人々にも波及していきます。

意識的に顕在に取り込まれる要素を解き放つことは、自己を知ることにより可能となり、それらを解き放つことでエネルギーの流れも活性化し、正常に戻っていくのです。
逆に言えば、エネルギーの流れを正常に戻していくことは、顕在に取り込まれる要素を解放する準備にもなるのです。

イニシエーションとは、dozen/Renが高次の純粋な媒体となり、高次の存在がイニシエーションを受ける方のエネルギーの流れを妨げている要素を、その人が受け入れられる範囲で取り除き、活性化し、正常な状態に戻れるようにする霊的な神聖な儀式なのです。


主にイニシエーションを司る存在は、『モーク』ですが、時には『聖なる子供』や『シフ(蓮のスピリット)』、『クマラ』、『ヴィーナス』などが行うこともあります。


『シフ(蓮のスピリット)』、『クマラ』、『ヴィーナス』のイニシエーションは、

○本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
  (覚醒を促すディクシャ&創造を促すダルシャン)


モーク』のイニシエーションは、

○本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
  (覚醒を促すディクシャ&創造を促すダルシャン)
○モークの儀式
○死からの再生のイニシエーション


聖なる子供』は、「イニシエーションで遊ぶ。」と言いながらもしっかりとイニシエーションを行います。

特に『聖なる子供』のイニシエーションは、『根源のエネルギー』が流れるイニシエーションなので、非常に貴重なものです。


当日になるまで、どのイニシエーションが行われるのかわからない場合もあります。
しかし、どれも非常に強力なイニシエーションです。


どのイニシエーションにも必要なものは『お花』。

イニシエーションは、お花を買うところから始まっていると思って下さい。
ご自分のためにどんなお花を選びますか?
イニシエーションのためにどんなお花を選びますか?

イニシエーションを受ける際に、ほどいてご自分が座る周りに置いて頂くことになりますので、花束やブーケなどは避けて下さい。


そしてイニシエーションを受ける日は、
床にあぐらをかいて座って頂いたり、寝てもらったりすることになりますので、スカートなどの服装は避けて下さい。
匂いのきつい香水などはご遠慮下さい。
頭に触れることもありますので、ピンやゴムなどでヘアースタイルを固定するのもご遠慮下さい。


それと、必ず注意事項http://lsp-japan.org/HP/initiation-attention.html)を良く読んでいただき、内容を了承頂くことが必要です。


関連記事
⇒本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
( 覚醒を促すディクシャ & 創造を促すダルシャン )
  http://dozen.seesaa.net/article/21258857.html
⇒覚醒を促すディクシャ
  http://dozen.seesaa.net/article/17946451.html
⇒創造を促すダルシャン
  http://dozen.seesaa.net/article/21048686.html

⇒ディクシャへの疑問
  http://dozen.seesaa.net/article/20612849.html
posted by dozen at 22:30| ※Information | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。