☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2005年07月20日

鞍馬&貴船(探求散策):1

2005.7.20

昨日、龍から9時すぎにはおやすみメールが入り、もう寝るの!?・・と驚いた。
最近は仕事がハードになってきてるらしく、帰ってから日記をつけたりエネルギーを流したり、ブログをいじるから普段寝るのが2時とか。
さすがに疲れてるのかなぁ、と。

にしても、今までいろんな状況もあったことを考えれば、こんなこと初めてだ。

わたしはたまってた家事をこなし掃除をし、晩御飯も終えてまたご飯を炊く。
おにぎりをたくさん作りたいから。
それが明日の息子の朝ご飯となり、早朝出発のためのわたしたちの朝ご飯でもあり、そして朝早く鞍馬に訪れる洸ちゃんやVeronikaさんがお腹を空かせてたらすぐ食べられるように。

龍と自然散策に出かけるときは、いつもかなり早朝のため、必ずおにぎりと飲み物を持ってお出かけする。
自然を眺めながら触れながら、おにぎりをほおばるのも楽しみの一つになっている。

明日のことを思ってワクワクしながら大量のおにぎりを握り終えると、もう23時前。
洸ちゃんの霊的精神的肉体的な状態、そしてチャクラを観ておきたいんだけどなぁ。
なのに、やたら眠ったほうがいいとメッセージが入る。
いやいや明日これらの情報は話しておきたいから・・と思うのに眠ったほうがいいと。

絶対必要なことなのに・・、もう明日の流れに委ねよう!!

必要だと思ってるのはわたしの理屈だ。
委ねよう。

いくら朝が早いからって、今までこんなに早く寝たことはない。
今まで何回だって睡眠不足で動いてきたことがあるのに。
龍もめずらしく早く寝ちゃったし、わたしも早く寝ろって言われるし、明日はいつもと違う何かがあるのかなぁ・・・。

こんなことは初めてだ、まだたいして眠くないのに。





眠っているわけでもない。
起きているわけでもない。

夢を観てはいるんだけど、外の様子がまったくわからないわけでもない。
わたしは日常、よくこの状態に陥る。
この数ヶ月は、眠りについてもこういう状態が多く、眠ってるのだか起きてるのだかよくわからない。

瞑想にも似ている。
これは瞑想の一種かもしれないな。

この状態で、今日は3つのエネルギーについて学んだ。
コンピューターのような画面を使って、それぞれのエネルギーの説明を読みながら、誰かがそれを実際的に会話しながら教えてくれていた。

文字だけの説明だけでは内容が難しく、そのある存在がわたしに丁寧に教えてくれた。
それで内容が解り、つくづくへぇ〜そういうことなんだぁ〜と思った。

ふいに携帯のメールが入り、わたしはその状態で誰だろ?もう12時に回ったぐらいじゃないの?と思い、携帯を覗いた。

夢を観ていたなら、スッとこんなスムーズには対応できないだろう。
瞑想も深く変性意識に入ってたなら、こんなスムーズにはいかない。
こういう状態を何て言うんだろう?

そして思った通り、12時を少し回ったところだった。
そのメールは具現化のメッセージで、今のエネルギーの話はdozenに対してだったことがわかった。
そう思った瞬間、あれだけそういうことかぁ・・と思ってた内容を一気に忘れた!!
なんてこった!持ち帰れなかった!

これは夢でも瞑想でも起こることだよなぁ。
この状態もそれは一緒なんだよねぇ・・。
潜在意識には入っただろうけど、はっきり今すぐ持ち帰って知りたい!と思うことだってあるのになぁ。
残念!!
3つのエネルギーかぁ・・・。
何のことだったんだろう。





朝の4時、携帯が鳴る。
「蓮、起きたか!?」
「う・・ん・・。起きだぁ・・。」





朝の空気はいつ味わっても気持ちいい!
前より明けるのが遅くなった。

早朝の叡山電鉄も気持ちいい。
1両車両で、とってもローカルだ。
鞍馬行きはその時間、1時間に2本しかなかった。

Veronikaさんからメールが入る。
「おはようございます♪今、出町柳行きに乗りましたぁ。7時に着けることを祈りま〜す^^;」
一体Veronikaさんはどこから来るんだろう?

鞍馬に近づくと、ほんとに田舎の山を走っている。
急に空気が冷えた。
窓のすぐ下の方に山の中で見るような川が流れていてハイキング気分だ。
もちろん乗っているのは、わたしたちだけ。
なんて気持ちいいひと時をあじわっているんだろう、幸せだなぁ・・。

蓮 「ねぇねぇ、最近疲れてるから昨日、早く寝たのぉ?」
龍 「違う、寝かされた!」
龍もかぁ・・・。

なぜ2人が寝かされたか、この日をすごしてそれがわかった!
ここは単なる散策どころじゃない!
かんなりハード!めちゃくちゃ体力がいるのだぁ!!
おまけにこの鞍馬では今までと違い、自分たちだけにフォーカスしながら探求を過ごせばいいというものではない。
寝かされたのも、すごく納得がいった。

途中メッセージが入る。

〔これから向かう鞍馬での精神的霊的覚醒に対し、あなたたちは完全に心を許しさらけ出しています。
dozenに会いに来る人たちに、あなた方が本当に誰で、本当に何であるかを隠さないこと。
あなたたちに、人生体験、絶好のチャンス、新しい学びが待ち受けています。〕





鞍馬駅には6:30に着いた。
はぁ・・ここもいい!
この田舎くさい駅がいい!
ふと見ると、駅の特選に選ばれている。
へぇ、そうなんだぁ。

そこで休憩しているとメッセージが入る。

〔鞍馬にて、Renの真実・純粋なる経験の質が活かされ、それによりRyuは歓びを味わい、dozenとしての立派な成長や成就が示され、高い達成感を味わいます。〕





寺に近づいたある場所からエネルギーが変わった。
一瞬、あの瀧原の宮で感じたエネルギーが内に起こったのを感じた。
神聖さに対する恐れか、エゴの恐れか。
思わず立ち止まってしまった。

そしてまた進むと、このあいだ来た夜のように、同じような一帯からまたさらにエネルギーが変わり、一瞬湧き起こった内のエネルギーは消えてなくなった。
参照記事:■洸kou・・・■■2005.7.12.tue■■ (後半)
内なる根源との出遭いから、わたしの内にははっきりと新しいバイブレーションが備わり、それにようやく慣れてきたが、振り返ってみて今の段階だがわかったことがある。

どうやらエゴ(恐れ)と真実の愛のエネルギー(周波数)を過敏に察知するようだ。
それが人であっても場であっても。
すべてはエネルギーでできているから、何でもだ。

察知したとたん、内なるバイブレーションがわたしに知らせる。
今のわたしはそのバイブレーションと共に感覚を味わってしまう。

その感覚を楽にしていくには、どんな恐怖も手放していくしかない。
真実の愛に、より多く生きられるようになるしかない。
そう生きるには、【今】を生きるしかない。

このバイブレーションは、真実の愛に生きる強制矯正エネルギーと名づけたいぐらいだ。笑!!
これがどれだけ最初、恨めしかったか。爆!
どれだけ解放されたいとわたしの顕在意識がのぞんだことか。^^;

この恐怖もこの真実の愛も、言葉で伝えられるものなら伝えたい。
でもこれはさらに次に根源に遭ったあと、どうなるかはわからない。
遭うごとに楽になり、至福へ向かうことだけはわかっている。

なにもかもすべては根源だ。
ということは根源は善なるものも悪なるものもすべてなにもかもを包含もし、すべては根源の一部であり具現化であるということ。
だからすべてはワンネスであり、誰もが根源なのだ。
わたしは根源の縮小モデルじゃないかと思う。
根源もわたしと同じように比べものにならないぐらいのそのような莫大なエネルギーを自らの内で感じ、そしてまた根源もさらなる真実の愛に進化していってる。
わたしはそう感じずにはいられない。





龍が上まで階段を駆け上がって見てみると、中に入れそうだった。
PCから検索したときには、営業時間とあって、朝の9時からとあった。
「なんだ、入れるんじゃん。」
そう言って中に入って行くと、すぐ目の前に女性の仏象があり、左手に持った蓮(ハス)の葉の間から水が流れていた。

まずそこで手を清め、龍が最近買ったクリスタルを浄化をした。

そこでは、ある一つのレベルの、内なる状態の女性性と霊的なエネルギーのサイクルが終わり、再びある質のエネルギーのサイクルが始まったとメッセージが入った。

それによりもう終わった不必要なエネルギーを排泄するよう、わたしは促された。

そして龍を通して、ここで待つ必要もなく、鞍馬を登り始めるよう促された。





しばらく登った所でVeronikaさんから電話が入り、もうすぐここへ着くとのこと。
するとVeronikaさんへの応対をゆっくり前進させ、変化させるように促される。

ちょっとした刺激にも、心の2枚扉の内側の扉を閉める可能性があると伝えられた。
今の彼女は、保護、安全が必要だと。

そして彼女もある一つのレベルの、内なる状態の女性性と霊的なエネルギーのサイクルが終わり、再びある質のエネルギーのサイクルが始まったことが伝えられ、彼女には精神的霊的滋養物である瞑想に繋がるエネルギーの受け取り方、扱い方を教えるよう促された。
これからの彼女にはそれが必要だと。





彼女の姿が見えた。
綺麗な人だぁ^^
そのまま一緒に登り始めた。

朝4:30に出発してわざわざ会いに来てくださった。
なんて、ありがたいんだろう。
そうしみじみ感じながら、まずは次なる神社?お寺?に向かった。
ここは神社なのかお寺なのかよくわからないなぁ。
ハーフな感じだ。

今回訪れた2人には、共通のテーマがあった。

まず最初に探求する恐れを感じながらも最初の階段を進み、少し進んだところで探求することを決めさらに階段を進む。
探求とは自分を知る、ということである。
探求者として内に向かうため門をくぐり、今までの質の自分を捨て、新たな質の自分に向かうべくことが2人のテーマだ。
そして、彼らは自分たちの直感に突き動かされわたしたちに出会い、今日に至っていると伝えられていた。



本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い


本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力お願いします^−^

ランキングで支援♪
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ


posted by dozen at 23:18| 03 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。