☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2005年10月27日

Fairy

green057.....tennokeppen.jpg
Photo : tennokeppen



久しぶりにディーバに遭遇した!!驚
思い起こせば2回目の体験。

1回目は、ちょうど天使と遭遇した頃に遭遇した。⇒天使との遭遇

赤っぽい服を着、グリーンの三角帽子をかぶって、グリーンの靴。
手のひらよりずっと小さいサイズの小人さん2人。

わたしのガーデニング(その頃はさかんにガーデニングしてた。笑)の真っ白い砂利の上を、その2人の小人?妖精?つまりディーバが、グリーンの葉っぱを運んでいた!

わたしは自分の目が信じらんなくて、何回も何回も確認して見た。
彼らはわたしが見ていることを何ら気にすることなく、その作業を続けてたんだ。

ホントに信じられなかったし、わたしは当時、天使よりさらにディーバになんて興味を持ったことがなかった。
というより、存在そのものを否定していたに近いと思う。
だって、それは絵本の世界の創り話しに過ぎないと思っていたし、この世に在るものは実はすべて存在しているなんていう霊的真実に、この頃のわたしはまだ全然、到達していなかった^^;




そして今日の朝の2回目の遭遇!

わたしは夢を観ていた。

その夢はいつもより非常にリアルで、夢の中でこのわたしは、この夢の情報を持って帰ろうと夢を観ながら同時にリーディングをしていた。
わたしはよく、夢も味わいながらこの現実の顕在意識のわたしも両方あることが多々あるんだ。^^

すると、いきなりトンネルをジェットコースターで抜けたかのように現実に引き戻され目覚めさせられた。

いきなり何!!
リーディングがパーだよぅ・・・。
いきなりこんな目覚め方なんて、すっかり覚えてないよぅ。

いったいなに・・が・・お・き・・とわぁーーーー!

は!
わたしの頭の右にディーバがいる!!
わたしにくっついて、しきりに子犬のようにクンクン匂いを嗅ぎながらわたしを観察している!!

それは単に彼の鼻息だったかもしれないし、ディーバがそういう生きものなのかもしれないし、わたしにはわからないけど、わたしはそう感じた。

彼はクンクン匂いを嗅ぎながら、わたしの頭の右からゆっくり、ほんとにゆっくり左へと周り始めた。

今でもなぜかわからないけど、わたしは彼を確認したあとすぐに
「何をしているの?こんにちは♪」
と、あいさつをしていた。
自分でも不思議。。。

今回のディーバは前回と違って、ちょうど手のひらサイズぐらいの大きさ。
髪の色は、薄いピンクがかった金に、茶色がまざっていた。
帽子はかぶっておらず、アゴぐらいの髪の長さで、ところどころ縮れていた。
髪の質が人間とは違い、非常に繊細な質に感じられた。

顔に非常に特徴があった!
鼻が長くてでかい。
ちょうどおなすのような感じだ。

それに、目!

目がとても小さく、白目はなく全部が黒目で、まるで人形のぬいぐるみの目のビーズをチョン!・・とつけられたみたいだ。
何か昆虫か動物で、こんな目を見たことがあるような気がする。
目はまん丸で人間みたいに中に入っているんじゃなく、ポコンと出ていて、しかもちゃんと潤んでいた。

肌はつるんとした感じには見えず、肌色に近いんだけど茶ピンク褐色の薄い色で、きめが荒く感じられた。

彼はグリーンの服を着ていた。
わたしが見たディーバは、誰もノースリーブのだボンとしたワンピースを着ている。

そうだ!手に特徴があった。

指が長い。
それともつめが長いんだろうか?
いや、なんか違うな。
とにかく長く先細りで、片手に5本か6本あるように見えた。

彼の声には特徴があった。
何語かなんてさっぱりわからない。

彼らディーバの言葉には違いないだろうけど、独特で、すべての発声にバイブレーションがかかっている。
言葉?声?のエネルギーに輝くシルバーのオーラ?エネルギー?が発せられていた。

クンクン匂いを嗅いでしばらくまとわりついたあと、彼は消えた。

消えたと同時に、わたしの肉眼で映像が見え始めた!

まるで秒速の早いコマ送りみたいな映像で、なぜか白をバックにグリーン一色の映像。
登場小人は2人。
彼らはいつも2人で登場するところをみると、パートナーシップで働いているんだろうか?

何か地を耕しているようにも見えるし、ケンカしたりじゃれあったりする場面にも見えるし、わたしに何かの手ほどきというか、やり方を教えているようにも見える場面もあった。

とにかく映像が早くて、ドンドン場面が変わっていってしまう。

わたしはその映像が、目の焦点の延長線上に見えるから、そのときたまたま見ていた壁に映像が見えるように見えた。

この場所だから肉眼で見えるのかな?
疑問がわき、次々と視点を変えて見てみた。

違う壁、天井、すぐそこにある布など、あらゆる場所に視点を変えても見える。
視点を変え、しばらくそこを見つめるだけで、すぐに画像が浮かび上がってくる。
もちろん目は、普通にまばたきもしている。

そうしながらふと、気づいた。
わたしは前にもこうやって、まったく同じようにこの色の画像をみたことがある。
同じこういうのを見た。



わたしが初めて過去世を見たときも肉眼だった。
すべてカラーで、映画のように見えるし、フォーカスも違う場面の画像も求めることができた。

どこに視点を置いても、くっきりはっきり映像が見えていた。

そのときと、同じだ。
ただ、カラーじゃなく、あまりに画像のスピードが速い。



とにかく・・・不思議体験だった。



本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーションの拡大支援のお願い


本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション拡大支援クリックのご協力

お願いします^−^

ランキングで支援♪
人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ


アフィリエイトです♪














posted by dozen at 18:35| 08 Lotus Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。