☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ I n f o r m a t i o n ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v

人気blogランキング  精神世界ランキング  哲学ブログランキング  ブログランキングくつろぐ

2006年04月06日

2006.04.06 11:41 クリシュナ

アセンションが経験あります。アセンションマスターです。
セラピスベイが言ってた、アセンションの手伝いをする一人です。
アセンション体験の数は多くないですが、役に立てると思います。

任務で地球に降りたこと あります。
霊的成熟の意図を持って、降りました。その経験があります。

金星を通り、降りました。
直接ダイレクトにここ地球に降りることができず、金星を通過しました。

私も志願して降りました。そういう意味で非常に役に立てると思います。

愛について、話しをたくさんしていきたいと思います。
私が残した体験と、話しは非常に愛にフォーカスさせたものが多いです。

わたしも愛は非常に学びました。
人として肉体を持ち生きるとき、その性質に引かれることも多いです。
その状態にいながら、愛を 神聖な愛を体現していくのは非常に勉強になります。
肉の持つ習性、傾向を完全に受け入れ、肉を神聖な目で見ることによって本当の意味で受け入れられていきます。
人の目で肉を見るのではなく、神聖なものとして。

本当の真理を受け入れたとき、非常に神聖さに向かう生活がしていけます。
わたしも学びました。
わかって降りていても、肉の、またこの大地での習性、本能がまずわかる体験して、わかることを再びここで学んで 神聖さにフォーカス、変換させていく体験は、非常にエキサイティングです。

人間のふりをやめることは今の話がキーポイントです。
この肉体も神聖、それをリアルに受け入れること、それが変換のきっかけです。
優劣の目を持つことではなく、神聖に満ちて存在することが。
その意識、その目が人間のふりをやめるというきっかけになります。
もちろんいきなりは難しいです。その目を養ってください。

あなたたちがこれから進む上で、アセンションにおいて、任務において、プライベートにおいて、様々な抱く感情が出てきます。
その時にわたしの体験を持ってサポートできればと思っています。
全く同じ任務でないにしろ、パターン、経験、気持ちもわかります。

真実を生きるというのは、その真実に対して事実だと疑問を持たない、疑問が湧かない。
真実もいわばそうです。疑問という言葉すら思いつかないです。
当たり前、事実、信頼もそう。

そこには恐怖がわきます。
例えば事実は、目の前で起こったことをその現場で初めから終わりまで見ていれば その人にとって 当たり前の事実ですね。
真実の場合も同じ。
言わんとすることが通じますが、ただ(真実の場合、物事の出来事と違って)全てを実際を目で見てるわけではないのです。
ゆえに恐怖が湧きます。
疑問湧きます。
確認したがる、何回でも確認してください。

真実を何回でも求め、確認することも必要であれば役に立ちます。
疑問を持っているのに、疑問が無いかのように誤魔化すことはできません。
それを超えて真実とは言えない。自分にうそをつくことになります。

自分が疑問を持ったなら、それを否定せず認めてしまわないと理屈で真実を押し付けても納得はしていません。
真実を先ほどの例えのようにすべての目で当たり前となるには、時に段階を要するときもあります。
なので自分を見て下さい。内観。

疑問をもし持っていれば、それを対処しないと より真実深まらないです。
言い聞かせても、それは自分への押し付けです。
それをすると、もっと簡単に真実の確認、真実の深まりがすぐに起こります。
自分に耳傾ける。
疑問の声を誤魔化さない。
すぐに見つけたら、すぐに対処する。

ゆえにぶれる時間を長く引きずらない。
どんな声も聞いてあげてください。
自分の声。
わたしももちろん経験しています。
それが何日もぶれるより一瞬、そういう経験もありますね。

やがて自分をより思い起こし、また人として生きる神聖さにフォーカスし、そういう様々な霊的成熟によって やがて肉を持っていても神聖さを持って本当に生きていけます。

真実はこうだからと言われたとしても、言われてまったくその通りですと言えるのは、一つはほんとに成熟しているか、一つは盲目かロボットか。
そこ 大きなポイントですね。自分の真実ではないですね。

ゆえに人に疑問の段階があってもおかしくないです。
それも霊的成熟の過程のひとつにあります。
事実そういうことがあること、真実もあること、このふたつに葛藤なくすぐに真実を自分のものにできるか、認めてしまうことです。

あと一つの大きなポイントは、委ねることです。
委ねる。
間違い、失敗、恥ずかしい、正しい、正しくない、これが委ねる時に引っかかるキーポイントです。
間違ってもいいです。恥ずかしいのもいいです。

委ねるにおいて、それらがあるプロセスは、あると認めて、ユーモアをもって自分を許し、人を許し、間違いを受け入れ、
そういう愛の寛容さを持っていると委ねる環境にいいです。
委ねる時、みんな似たようなことで引っかかります。
でも、そういうもんだと、そういうものがあると知ってしまえば、ユーモア持って寛容さ生まれ、委ねることの練習もできます。

闘うのではなく、抵抗するのではなく、諦めて受け入れてしまう。
受容すること、愛されること、受け入れることです。

愛されることに抵抗したり、闘ったりしたり、実は多いです。
自分を受け入れていないと愛されることも受け容れにくいです。
愛すること、与えることは、愛されることと同じぐらい重要です。

与える=愛するとして、与えてもらう=愛されるとしたとき、
優劣を用いると、人は与えるほうが優と考えます。
何かをしてもらう、与えてもらう、愛される、(それを)自分が劣ったと思う、そう感じる人が多いです。
自分が弱いと感じる人が多いです。でも違います。

この点は非常に、実は大きな課題です。
女神の話しとも関連します。これからのシフト後にも関連します。すべて関連しあってます。

愛されることと愛することは循環してます。
片や誰かを愛したとき、愛された側がストップをかければ循環しません。
これは全ての法則に通じていることです。

愛すものがいても、それが受け入れるものがいないのでは成り立たちません。
与えるものがいても、結局与えてもらうことも与えてもらう人がそれを認める、素直に、それを認める人がいなければ成り立ちません。
シンプルなことです。

こんなシンプルなことにみんな引っかかり、こんなシンプルなことが宇宙の法則に通じていること気づいていません。
与える、愛するだけでなく、与えられる、愛されることも非常に重要な学びです。

また愛について話していければと思います。
またお会いしましょう。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 

posted by dozen at 17:27| ●アクセスメッセージ | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

2006.04.03 12:58 コース

これから、蓮のようなチャネルが出来る人たちがたくさん存在していくことを望んでいます。
しかし、チャネルするならチャネルがひとつのツールであることをよく分かっておくこと。
ツールとして使いながら、そこで忘れてはいけないのは自己探求。

チャネルが全て自己探求を超えてしまうようなことはないです。そこを誤解する人が多いと感じられます。

全て答えを得られると勘違いしてはいけません。

たとえ答えを得たとしても実践していなければ本当の答えにはなりません。
チャネルができても自己探求、創造していなければ単なる、本当に単なるパイプ(媒体)、単に役割をこなしているにしか過ぎません。

そして大事なことは、チャネルの質にはそのチャネラーの探求や創造、霊的成熟が反映されます。
単なるパイプの役割のみを担っているのか、それともチャネル内容に目に見えない深い真の真実を反映させているチャネラーなのかのその違いは、チャネラーが人に触れることで伝わるもの、またそのチャネラーに真実の目を持って触れてみれば一番良く分かります。
今はその真実の目を持つことが一番大事です。

チャネラーが難しい話しや霊的内容を伝えていれば、それがイコール質の高いチャネラーとは限らない。
またさらにチャネラー自身の質は、必ずしも込み入ったそういう内容のものを伝えていればイコール、チャネラーも成熟しているとは限らない。
チャネラー自身の質に反映してるとは限らないです。

それと気を付けて欲しいのは、さっきの答えと通じますが、チャネルをツールとして使うのは非常にいいことですが、依存しないことです。
その依存わかりやすいです。他力本願と同じ。
自分で調べもせずに教えて教えて、答えや必要以上に説明を求めて言ってほしいとか・・・
チャネルは親ではないです、過保護ではないです。

あくまでツールであり、エッセンスであり、ともに調和し、交友し共に生きるためのコネクション(高次と繋がる)ツールです。
非常に注意すべき点はそこです。
いい意味じゃなく(チャネラーに)甘えても自分の進化には決して繋がりません。
そこをよく覚えていてもらったほうがいいです。あえて言ってます。

チャネル内容を活かし実践すること、そのためにチャネルすること、またはチャネルしてもらうこと…が大事です。
知っておいてもらってください。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 

posted by dozen at 21:09| ●アクセスメッセージ | 更新情報をチェックする

2006.0401 初めてのOSHO & いつもfrendlyなコース

今日は、初めてOSHOからのアクセスが入った。
内容は以下の通り。

■9:23 OSHO■

ようやくアクセスできました。
(アクセスを望む高次が多いため。)

蓮、アクセス すぐにわたしが笑顔を先に見せたので当惑しました。
誰だろうと・・・。笑
口が後。笑顔先。
(すでにアクセス済みの高次たちなら先に口を動かすので。)

タントラ、瞑想、エッセンス 残して去りました。
参考にしてくださるといいですが、あくまで真実の(に繋がるための)エッセンスです。
必要なものもあれば、必要じゃないものあります。
その人の真実によって違ってきます。

わたしはわたしなりの真実を残し、霊的貢献するのがわたしの役割でした。
今は、第8次元にいます。
アセンションマスターとして再度チャレンジする予定でいます。
わたしはアセンションはしていません。

ただ、わたしがこうしてココに来る意味は、たくさんの霊的情報と、より身近な人間経験があるので、あなたたち、そして、それからシフトに役立つこと 伝えられるので 愛の貢献としてここにきて貢献します。
ただわたしはアセンション経験はまだないです、そのことは知っておいてください。

タントラ、タオ、特別な区別なく真実として取り入れてください。
あなたたちのワーク、dozenワークや、あなたたちの日常で活用して下さい。

〔Q:ヨガ自身はどうですか?・・・龍が聞く〕

これらは、ヨガとはプロセスが違ってきます。

(闘いのプロセスをもつヨガ以外)さっきも言ったように区別なく、タントラとかタオとか関係なく(自分にとっての)真実として、ふさわしいものをチョイスして下さい。
こだわらないことが大切です。

OSHOからそう言う意味で活用を勧められたことを言ってもらって結構です。
今、OSHOコミューンは世界に存在していますが、こだわる必要はないです。

向こう(←OSHOコミューンを指している)がこだわる意識が強いのであればオカシイ話。
追随することや宗教的な観念のこだわりは認めません。

これからの世界は誰のものとか、誰の追随とか、こだわりは手放す必要があります。

高次のものたちは、そのような考え もっていません。
持っていないどころか必要なもの、この世界に伝えられている必要なもの、メッセ−ジとかスキルとかなど(のこと)です。

共有することを進めています。
独占(←スキルを指している)は分裂を生みます。

OSHOコミューンも、それぞれのそういう(他の)コミューン、(この点に)気づかなければいけません。
独占が分裂 生むこと、愛で見れば簡単にわかることです。
この先、たくさんのそういう気づきが促がされます。

スピリチュアルセックスの技法については、あなたたちの体験を通し、真実の目とともに伝授して下さい。

〔Q:スピリチュアルセックスについてどう伝授していけばいいか、試行錯誤しています。・・・龍が聞く。〕

必ず質問がきます。
セックスは実践しかない です。

実践するものにとっては、必ず質問が起こります。
セックスほど理論で応えることはできません。
興味には興味の質問 でます。
実践には実践の質問 でます。
それに応えてあげて下さい。

応える・・・は、回答ではなく応対の応える(という意味です。)。
必ず体験からヒントをエッセンスを質問者に提示できるはずです。
ヒントを与えて体験へと導いてあげてください。
それしか本当の意味の道は無い。

質問を待っていてください。
必ず(質問は)起こるはずです。

あなたたちはあなたたちでセックス 向上させていって下さい。
探求&創造です。
それをオープンにすること、それが質問・実践への起爆剤になります。

そういう真実に触れる、触れさせる見せることが貢献であり、実際に(スピリチュアルセックスを体験している人たちが)存在していることを見せることは何よりの愛です。
みせてあげて下さい。
セックスに関してはそういうことです。

どういう風に教えるか、あなた(←龍を指している)は考えていた。
これでシンプルにわかったと思います。

わたしの役割は、真実を伝える 話すことですが、あなたたちはそれに加えて真実を体験している実際の存在であることを見せる。
知らせることです。
そういう人が今ココに生きていること、存在していることが大切な真実です。

瞑想に関しても、わたしが残した瞑想が全ての人に同じように必要とは限らないです。
その人の状況状況で変わります。
それをはっきり伝えておきます。

わたしからあえて伝えるのは、すでにここ(地球にあるという意味)にある、たくさんのスキルなど誰のものとか囚われずにドンドン活用することです。
縛られないで下さい。

せっかくの高次からのエッセンス 誰が発したかで活用の制限 しないで下さい。
意味がないです。
愛も無いです。
またそう独占する人たちを危惧します。

今回特に、今述べたことを強く伝えます。
特に独占は愛の無い行為です。

高次にとって誰が何を伝えたか 関係ないです。
大事なのは活かされること、それだけです。
それをわたし、高次の代理としてはっきりと伝えておきます。

わたしはストレートに話す人間です、そうしてきました、そのように在りました。
好き嫌い関係ないです。
わたしのような人に耳を傾ける人、傾けない人、それもタイミングです。
その人にとっての真実の状況のタイミングです。

あなたたちも臆することなく、ストレートに真実を述べること して下さい。

わたしの残された本にはたくさんの真実がありますが、すべての真実を網羅しているわけではないです。
それでも非常に役立つものがたくさんあるので、難しいかもしれないですが、役立ててください。
必要なところは目に留まり、理解できるのでそういうフォーカスで見て下さい。

〔Q:にしても難しいです。言い回しやインド傾向?の言葉使いが多くて。・・・龍が聞く。〕

確かに難しい。
宗教的な話し方たくさん使っているので、非常に難しいかもしれないです。
わたしの話し方はそうでした。

この世界にはたくさんのレベルの話し方あります。
難しいものはその前に簡単なエッセンスに触れるはずです。
(当事者の)プロセスに合わせて 話し方の違いの真実に触れるはずです。ので心配いりません。

OSHOの話しの中にも、とっても簡単な話もあります。
100パーセント、全てが難しいわけではないのです。
ぜひワークに役立ててください。
わたしにとっても、それはとても光栄なことです。

〔Q:OSHOも講師として参加してくだされば嬉しいのですが。・・・龍が言う。〕

クンダリーニクラスに、そのチャンス 見受けられます。
それと、セックスと探求(スピリチュアルサポートも含)は貢献したいと思ってます。
違うほかの高次達のメッセージと違う視点で役に立つかもしれません。

エネルギーワーク(エネルギーの扱い方)だけでなく、瞑想の時間も入れて(作って)ください。
dozenのライトワークに。
そういう時間が非常に大切です。

個人的に瞑想する人 たくさんいません。
そういう場を持つことに意味があります。

OSHO瞑想からチョイスしてやってみて下さい。
(高次からの視点・意向では)dozenは霊的学校を作る方向で動いています。
そこには瞑想も必要です。
少しづつ少しづつ学校のスケジュール 創っていって下さい。

ワンネスです。
スキルもワンネスです。
独占はワンネスではないです。

それが今日の重要なポイント、メッセージです。
(こうやってチャネルを通して)役立てること、光栄に感じてます。
挨拶 かねてメッセージ 持って伝えに来ました。
10:16



OSHOのアクセス終了後、すぐに続いてコースが現れた。

■10:17 コース■

dozenにとって彼の貢献は非常に役立ちます。
人間として(存在して)いた時に近い存在であり、たくさんのメッセージ 持ってるので、非常に役立ちます。

人間 経験しているのは大きい、しかもすぐこの前まで人間でした。
非常に貢献できます。

今日は、映画ですね。

〔Q:よく知ってますね!笑 ナルニア王国を見に行きます。・・・龍が言う。〕

蓮とリンクしてます。
でも、常にリンクとは限らない。
蓮から情報は観ますが、常に100%ではないです。
蓮が感じること 大事なエッセンスです。
わたしたちのエッセンスです。

映画には、エッセンスがあります。
しっかりチョイスしてきてください。

蓮は(このチャネルが始まって以来の目まぐるしい)現実に追いついてないので、映像としてまた新たな気持ちとしてこの世界(宇宙)の大きさ、なんでもあること再実感の時間です。

(蓮は)何回もリピートしています。
心の中で何回もリピートしてます。
(この現実、チャネルの真の霊的真実の情報について)ほんとのことなの?ほんと?
(いやいや、この毎日の事実がまさに真実であり答えだわ・・・)ほんとたしかにあった・・・を繰り返している。笑
自分のチャネルさえ大丈夫なの?・・・何回もリピートして再確認している。笑

リンクしているので、たまに自分がどこまで自分かわからなく感じたりするみたいですが、蓮が口を勝手に動かすことはできません。
ただ動かすのに誘導がスムーズになってきているので境界が感じられなくなってきているので再確認している。笑

(OSHOと)瞑想の話がでましたね。
ワークに取り入れていきます。
また後ほど(高次たちと)考慮していきます。

リンクしているので蓮も高次のこと(情報を)先にチョイスして大体の形で降ろすことあります。
(その方が)時間短縮(です。)
必ずしもそうであるとは限らない が イメージ先にあると伝えやすい。

とりあえず今はそれだけです。
映画楽しんで来てください。笑
10:29



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 

posted by dozen at 20:22| ●アクセスメッセージ | 更新情報をチェックする

2006.04.03 11:11 エドガー・ケイシー

わたしは転生してません。わたしは今ここに来てます。

わたしは生きている間、眠りの独特な催眠状態によって地球のアカシックレコードに繋がり、リーディングしていました。
なので、すべて真実、地球のアカシックレコードにおいては真実と言えますが、宇宙のアカシックにおいては、全てより深い真実とまではいかない情報あります。
その真実を私自身も肉体を離れた後から知りました。
wたしは、今生、この時期、転生、地球にするかどうかはわかりません。
ほかにわたしにとってふさわしい場所を高次と共に考慮中です。
物質社会に転生するのは間違いのないことです。

アセンションには、わたしにとってまだまだ物質で勉強する必要があります。
物質とは何も地球に限ってないですが、おそらく再度地球に生まれます。
わたしの世界では、ここと似た様の場所、アストラル界と言ったほうがふさわしい場所で生きています。
そこでは次の生を決定するまで霊的学びを受けます。

高次たちやこういう世界のサポートの霊者(経験者、先輩、世界の経験者)、そこで彼らに援助してもらいながら、また一緒に共に交流しながら学んでいきます。
そういう場が設けられていて、そこにわたしを含め皆集います。

選択は他にもあります。
次の生に移行するだけが選択ではなく、そこに残り彼らと共に奉仕する選択もあります。
そこでは、亡くなった霊者たちの援助があります。

これからのシフトでの霊者たちを迎える準備もなされています。
エーテルに一度立ち止まってしまう者たちがいて、光の手を差し伸べる準備もされます。
すでにそういう奉仕をしているここでの経験者たちによって、訓練、学びを受けます。

エーテルに一瞬立ち止まるものたちは、自分の置かれている状況にすぐに対応できずに立ち止まってしまいます。
しかし光の手を差し伸べることで、すぐに気づきがもたらされます。そのような者たちが多い現状です。
ずっとエーテルに踏みとどまる者たちとは違う意味で一瞬戸惑ってしまうのです。
それほどこの地球には霊的学びが浸透していないのも現状です。

ここでは眠ることも食べることも必要ありませんが、まだそれをあえて好んでたまに味わっているものの存在しています。
しかし、そのうちこの世界になれて、そういうことも離れていきます。
この世界にも状態の段階があります。
この世界の段階というのは、この世界なりの霊的成熟があります。
その状態の成熟によって、転生においての目的、課題、降りる場所、選ぶ親など全てが違ってきます。

わたしのように、ここまで学びながらいてものもいれば、ここにいたる段階までに転生する者たちもいます。選択です。
わたしはここでさらに学びたいという気持ちと、再び降りて学びたいという気持ちと、強く両方の気持ちがあります。
今この地球においてはタイミングを見ています。
また学んでからシフト後に転生するのも素晴らしい学びになると考慮しています。

ここには天使たちも介在し、協力的なサポートも受けられる状態です。
大天使たちもそうですが、小天使(たぶんガーディアンエンジェルです)もたくさんサポートにきている。

この段階に留まる霊者たちは非常にたくさんいます。学びというより、こういう場が設けられています。
転生の間留まる場所と言えるかもしれないです。
留まるというより、霊者たちはまずこの世界に住みます。そして次にどこにいくのか決定する。

この世界は、非常に広大でパラレルワールドが存在します。
各次元に共通した惑星のアストラル世界がワンネスの状態で存在しています。
ここでの段階の状態、層は非常に広く、ここでの学びによって霊的成熟が非常に高まれば、先ほど言った奉仕の選択も転生の選択もでき、そのどちらも範囲が非常に広い。

例えば地球に降りる選択できれば、他の星にも転生できる選択もできます。
しかし輪廻を脱していない状態であれば、再び輪廻の中に降りることになります。
各自の真実によって降りる状態の場所が違ってきます。

天使たちの介在はエーテル界まで介在しています。
そこでの共に奉仕する者たちの訓練は非常に意義深いです。
学びが非常に多く、ネガティブなマインドの世界を見ることになります。
それによって奉仕者たちは、マインドがなせる多くの愛から離れた状況を学ぶことにもなります。
そのような奉仕から奉仕者は愛を学びます。そしてこの世界においても霊的成熟に向かいます。
マインドの危険性は非常に豊かな学びをもたらします。

その志願も、誰でも志願できるというものでもありません。その学び、その奉仕が始めるまでにも必要な訓練がされていきます。
エーテル界のマインドのエネルギーは非常に影響が大きく重い質のエネルギーです。
自分を律すること、意志、愛などが問われる状況でもあります。ゆえに学びも大きく、その奉仕は人気もあります。
そういう意味でも学びが多いと理解できるでしょう。

わたしがここに、このチャネルに来ることによってアストラス世界やエーテル界などのここでの仕組み、法則をよりリアルに伝えることが可能になります。
そういう意味でより貢献できれば嬉しいと思っています。
チャネルにおいては何かしら貢献できるかもしれませんが、高次たちが推薦しているチャネル状態とは違っています。
わたしのチャネルはこのように意識が介在していませんでした。高次たちが推薦するチャネルとタイプが違っています。

またゆっくりお話ができれば嬉しいと思ってます。



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 

posted by dozen at 18:45| ●アクセスメッセージ | 更新情報をチェックする

サナンダのエネルギー

以下がサナンダからのメッセージ。


サナンダは、キリストエネルギーを司る存在。
根源と共に活動し、はるか彼方からずっと奉仕し続けている。
そして何度も人間としてこの地球で存在したこともあり、dozenとも一緒に生きていたことがある。

サナンダのエネルギーには根源の愛が多く反映されている。
あらゆる知恵、叡智が含まれ、特に奉仕精神が強く促される。
それは神(根源)の特質。
ゆえにそのような神の特質を多く引き出されるのだが、その分恐怖のエネルギーも引き出される。
なぜならそれも癒し、愛なのだから。

そしてそのエネルギーを注がれた人は、より自分を知ることになる。

全宇宙の愛がひとつに調和し、躍動するとき、宇宙に奇跡が起こります。
必然でもあり、皆が長く待っていたことでもあります。

すでにある愛を本当の意味で知るには、この一瞬一瞬の今を生きること。
この意味を本当に知れたとき、あなたの真実になったとき、本当の自由、創造、愛を体感して生き続けます。

宇宙の法則をより知っていくことが非常に進歩の早道、体得してください。
キリストエネルギーには、それらの目を覚ましていく力があります。
わたしたちが常に愛で結ばれていること、本当の意味で自分のものにされてください。

わたしからの愛のメッセージです。

2006.04.02 23:19



のスピリチュアル活動=Ripe Of Source/dozenの支援クリックのご協力お願いします^−^
   人気blogランキング   精神世界ランキング  にほんブログ・ 哲学ブログ
 

posted by dozen at 12:04| ●アクセスメッセージ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。